育毛メソセラピー

2009年12月11日

タグ:

投稿者:

育毛メソセラピー

育毛メソセラピーでは、プロペシアで足りない脱毛の軽減、ミノキシジルなど育毛に必要な薬剤を効果的に注入



薄毛や脱毛症で、使用されているプロペシアという薬があります。

プロペシア AGA男性型脱毛症治療薬

プロペシアを内服されたAGA(男性型脱毛症)の方の実に98%にAGAの進行がなかったことが、3年間に及ぶプロペシアの国内長期投与調査で認められ、多くの方に飲まれている薄毛脱毛症治療薬です。

男性ホルモンがジヒドロテストステロンに返還される際の還元酵素5-αリダクターゼを阻害し、毛髪が十分成長する前に休止期に移行することを抑えます。脱毛の進行を抑えます。

プロペシアの内服だけで脱毛が抑えられる方も多いのですが、以前より減少したがまだ多いという場合が意外と多く見受けられます。以前よりは脱毛のスピードが減少したぐらいでは、あまり実感度も少なく感じるのではないでしょうか?

そこで、育毛メソセラピーです。

頭皮に直接、フィナステリド(プロペシアの一般名)を注入します。

局所投与になるので、体全体に影響を与えることなく安全に必要量を効かせたいところに注入。

同時に、頭皮の血流を改善させるミノキシジル,ミネラル,ビタミン,アミノ酸カクテルを注入することで、治療効果を高めます。

薄毛は気になるが、HARG(ハーグ)療法に踏み切れない方や、薄毛が気になり始めた方、予防的に受けていきたい方などには良い治療法と思います。

詳細はこちらを参照ください。 育毛メソセラピー