イージスヤグ しわ取りレーザー

イージスヤグ 皮膚深層をピンポイントで治療し、しわ・たるみを改善

目元,目尻のシワ,ほうれい線 マリオネットラインなど気になるシワをピンポイントに治療することができる 国産最新レーザー「イージスヤグ」です。
多方向からレーザーを集光させて目標部位を加熱することができる FMLB (Focused Multiple Laser Beams)を用いることで、皮膚表面に影響を与えずに コラーゲン造成を促進させ シワ・タルミの改善を行うことができます。

イージスヤグは、「レーザーフィラー」とも形容されています。
「ヒアルロン酸注入などの注入(=フィラー)系の治療までは」と躊躇されていた方には、最適な選択肢となると思います。

また、タルミの改善や、ニキビ・にきび跡への応用など 幅広い活用が検討されており 今後の発展が期待されています。

シワをピンポイントで治療する 「レーザーフィラー」

イージスヤグは 従来にはないレベルの熱影響を 皮膚表面への影響を最小限度にしながら 与えることができる 今までにないレーザー機器です。
皮膚深層で 熱凝固反応を起こすことで、コラーゲン産生が促進され、シワをピンポイントで治療することができます。
ヒアルロン酸ではなく レーザー照射をするだけでシワの治療ができることから、『レーザーフィラー』と呼ばれています。

通常のレーザーは、治療部以上から直接照射を行うため、皮膚表面へのダメージが必発でした。十分な冷却対策や、フラクショナル化(ドット状に分けて照射)することで、皮膚表層へのダメージを軽減させるしかありませんでしたが、このイージスヤグは、FMLBという技術を用いて 皮膚表面へのダメージを極力抑えつつ 従来機器を超える熱影響を発生させることに成功しています。

症例1 施術前
症例1 施術後

FMLB (Focused Multiple Laser Beams)とは?

イージスヤグが採用した 新しい照射方法がFMLBです。
微細なレーザーを多方向から照射し、集光されて点で、通常の機器以上の熱影響効果を発生させます。
一つ一つのレーザーは、非常に微細で、弱い出力なため、照射される皮膚表面へのダメージは殆どありません。
皮膚表面へのダメージを最小限度にしながら、非常に高いエネルギーを目的深度に発生させることに成功した機器です。

他の照射方法との違い

照射方法の違いや、高周波や超音波など様々なソースがあり、一概に比較することはできません。それぞれに長所短所があります。
皮膚表面へのダメージを殆ど与えずに 熱影響によるコラーゲン造成を起こせるという点が 今まで登場した他の治療法と大きく違う点です。

イージスヤグAegis YAG

イージスヤグの照射方法FMLB 微細なレーザーを多方向から照射して目的の深さに熱量を発生させます。微細なレーザーを 多方向から照射し 集光させることで、皮膚表面にダメージを与えずに 従来以上の熱影響効果を発生させることができます。
皮膚表面への影響を最小限度にしたことで、ダウンタイム無く(当日赤みが出ることはあります。)治療をすることができます。

通常のレーザーConventional LASERs

通常のレーザー照射。上から照射されるため、皮膚表面も一緒に熱影響を受けます。通常の一般的なレーザー照射。皮膚直上から”面”での照射が行われます。その際皮膚表面に一番エネルギーがかかることになるため、皮膚表面も熱影響を受けます。そこで、その影響を軽減するために冷却を十分行うなどの対策が取られます。

フラクショナルレーザーFractional LASER

フラクショナルレーザーは、皮膚表面への影響を減少させるために 微細なレーザーに分割し ダメージを減少させダウンタイムを軽減しています。皮膚の入れ替えアンチエイジング目的から、にきび跡・傷跡の改善など 今や幅広く使用されるようになったのが、フラクショナルレーザーです。微細なレーザーに分割して照射することで、ダウンタイムを軽減していますが、数日間のダウンタイムが発生します。

高周波を使用した機器Radio Frequency

RF高周波を使用した治療器は、皮膚を加熱することに適しています。しかし熱凝固を起こせるほどの熱量を発生させることは実は困難であり、熱量を集中させることは難しかったりします。高周波(ラジオ波)を使用した機器は、イージスヤグと同様に 皮膚深層を加熱することに使われます。たるみ治療ではほとんど高周波機器が主体です。しかし一般的に熱量を集中させることは困難であり、イージスヤグ並みの熱収束を得ることはできません。

超音波を使用した機器Ultra sonic

ウルセラに代表される超音波を収束させ凝固点を作ることができるHIFU技術は、イージスヤグの技術とかなり似ています。HIFUはより深部で凝固点を作りリフトアプ効果を得ることができますが、周囲への熱影響は限定的になります。超音波を収束させ凝固点を作ることができるHIFU技術は、イージスヤグのFMLBと似ています。HIFUは より深部で凝固点を作りることができます。しかし周囲への熱影響は レーザーを使用するイージスヤグが勝ります。

それぞれの照射方法、エネルギーソースは、個々に長所短所があります。イージスヤグはダウンタイムを回避しつつ、ヒアルロン酸等の注入以外の方法で、ピンポイントで シワの改善を希望される方には、大変よい適応です。

たるみ治療の適応が広がります。

イージスヤグは、目元や目尻などの局所的なシワの改善を レーザー照射を行うだけで ダウンタイム無く スポット的に治療ができることが、最大の利点です。
当院で行っている シミの改善などを行う複合プログラム「混合シミ改善治療」や、グロスファクター皮膚再生療法,水光注射などと同時に行うことができることも その魅力となるでしょう。

更に たるみ治療への応用も検討されてきており、従来以上のたるみ改善効果が期待されています。

現在の段階は、局所のシワ治療がターゲットですが、今後適応が広がっていく予定です。

イージスヤグでたるみ治療

ダウンタイムの短い「にきび跡治療」

ダウンタイムの少ないにきび跡治療 A-MTS+イージスヤグにきび跡の治療は、フラクショナルレーザー,RF機器を用いて行うことが一般的です。にきび跡の部分を少しずつ入れ替えを行い、瘢痕組織を置換しつつ、コラーゲン造成を促進させていきます。

しかし、にきび跡の治療は、赤みなどのダウンタイムが伸びる傾向があります。仕事等へ影響を考えると より強力な治療法を選択したくてもできない方が 数多くいらっしゃいます。ダウンタイムを許容できない方には、A-MTS以上の治療を提供することができませんでした。

新型ダーマローラー「A-MTS Auto Microneedle therapy system」は A-MTSは、肌に微細なハリを挿していくことで、真皮層に刺激を与え、且つ瘢痕組織を極小単位で破壊していくことで、にきび跡の改善を促してくれます。
治療効果も エンディメッドFSR,プロフラクショナルXC等アブレイティブなフラクショナル機器以外の方法と比較するのであれば、十分なものを持っています。更に赤みが殆ど1日程度に抑えこむことが可能なため、日常生活への影響を 最小限度に抑えつつ、ニキビ痕の治療を行うとすれば、大変よい選択肢だと思います。(もちろん より強く治療を希望される場合には ダウンタイムは多少伸びます。)

それでも 熱を加えずに,物理的刺激のみで コラーゲン造成を促すため、ダウンタイムを伴う機器と比較すると 少々物足りなさを感じてしまいます。

ダウンタイムを軽減しつつ、にきび跡の瘢痕を改善させるためには、皮膚の入れ替え,瘢痕の解除,コラーゲン造成 などの工程を分けて行うことが必要です。

イージスヤグの特徴として 「皮膚表面へのダメージを最小限に留めつつ、今までにない熱影響を与え、コラーゲン造成を局所的に強力に作用させる」という特徴があります。

熱影響の無いA-MTSの併用で、ダウンタイムを押さえ込みながら、イージスヤグを併用することで、従来以上の効果を期待することができます。

「A-MTS + イージスヤグ」は、ダウンタイムをおおよそ1日程度に押さえ込みながら、その中でより高い効果を求める方には、良い選択肢となってくれると思います。

更に、熱影響をコントロールできるフラクショナルレーザー 「プロフラクショナルXC」とイージスヤグを併用することも検討しています。皮膚への熱影響をコントロールできる Er-YAGレーザーの特徴を生かすことで、ダウンタイムの延長を防ぎつつ,更に一段高い治療法の提供ができるようになっていくと思います。

施術料 料金表

治療部位   回数 料金
目の下 / 目尻 1ヶ所(1対) 1回 30,000
3回 86,000
2ヶ所 1回 50,000
3回 143,000
アイファインリフト + イージスヤグ
目元と目尻を同時に引き締める
1回 70,000
A-MTS + イージスヤグスポット照射
(両頬)
1回 60,000
3回(1クール目) 160,000
2クール目以降
2回セット
100,000

*施術料金につきましては、予告なく変更される場合があります。誠に申し訳ございませんが、お電話にてご確認ください。
*保険適応外の治療です。