腸内洗浄 腸内クリーニング

古川院のみの取り扱いです。

腸内クリーニング(大腸洗浄療法)は、薬品や化学物質を一切使わず、ろ過フィルターを通して殺菌した温水を使用して腸内全体を洗浄する療法です。美容効果や即効性のある便秘解消法として注目され、心地よい癒しの環境の中でリラックスした治療を受けられます。

(古川本院のみ)

腸内洗浄 腸内クリーニングとは

腸内クリーニング(腸内洗浄)は、大腸洗浄・腸内洗浄といわれ、お腹の中を濾過・殺菌された安全な温水で洗浄する療法です。

便秘は昔から美容と健康の敵とされてきましたが、実に多くの女性がいまだに便秘に悩まされ、食事や運動、薬などで便秘を解消しようと努力しています。
便が宿る大腸の長さはおよそ1.5メートル。そこには善玉菌・悪玉菌などの細菌がバランスを保ちながら共存しています。善玉菌としては乳酸菌などが多く知られているところです。
しかし、ストレスや生活習慣などにより善玉菌が減少し、悪玉菌が増加すると、腸内環境のバランスが崩れ、宿便が溜まり、腸内ガスが発生するなど、腸内の腐敗が進行します。その結果として、お腹が張ったり、肌荒れ、口臭・体臭がきつくなったりするのです。
ですから、まず体内(腸内から)の改善が必要となるのです。腸内の汚れを洗浄することで、腸壁細胞と腸内細菌のバランスを本来の姿に整え、腸壁からの水分の吸収を活発にします。

腸内環境のバランスを維持し、便秘の解消や長年に渡って蓄積した宿便や老廃物を排泄することで、美容・美肌、にきび・吹き出物の改善、さらにはアトピーの改善やダイエットにも効果のある、お奨めできるのがコロンハイドロセラピー腸内洗浄療法)です。

腸内クリーニングとは温水を使用して腸内を洗浄するシステムです。科学物質や薬剤を一切使わないので体にやさしく、苦痛を伴わずに安全に治療を受けられます。特に便秘がちな人ではなくても、長い間には腸壁に老廃物(宿便)がこびりついてきます。この宿便を排泄することによって、新陳代謝を促し、腸内細菌のバランスを取り戻し、体全体を浄化できます。また、細胞を若返らせる可能性を秘めているということで、美容面 でも注目されています。

宿便が体に及ぼす悪影響

腸壁にこびりついた老廃物(宿便)がたまると、身体の基礎代謝が低下し、悪化すれば、腸の本来持つ力だけでは全ての便が排出できなくなります。数ヶ月から数年間に渡って蓄積された排泄物をそのままにしておくと腸から身体への栄養素の供給が奪われ、未消化の食物が発酵・腐敗して毒素が血液に吸収され、身体中に運ばれてしまいます。

腸内洗浄は様々な症状に効果的です。

  • ニキビや吹き出物の改善
  • 腸管内の消化吸収が改善されることによる体調改善
  • 便秘が改善されることで、不眠屋、慢性疲労感の改善、体臭の改善
  • 大腸がんの予防(当院では大腸内視鏡検査を行っていますので安心です。)詳細は診察の際にご相談ください。

●便秘(慢性・急性) ●下痢 ●消化不良 ●ガス ●ヘルニア ●痔 ●疲労感 ●めまい ●頭痛 ●腰痛 ●不眠 ●アレルギー ●肺病 ●喘息 ● 低血糖 ●にきび ●皮膚病 ●体臭 ●アルコール・薬物・ニコチン中毒 ●有毒化学薬品の解毒 ●乳腺症 ●風邪 ●咽喉痛 ●生理痛 ●インフルエンザ ●肝臓・腎臓・リンパ系の解毒と活性化 等々

腸内クリーニング(腸内洗浄)の手順

  1. お腹の状態などについて問診表に記入後、先生とカウンセリングをします。
  2. 施術室でガウンに着替えます。
  3. ベッドの上で横向きになりアプリケーターを直腸に挿入して仰向けになり洗浄機からコロンホースを通 じて水が腸内に流し込まれます。(水はろ過されており、人肌程度に温められています。また圧力も適度 に調整されています。コロンホースは使い捨てのもので、施術毎に取り替えられます。)
  4. 水が十分に腸内に流し込まれたら、今度はその水を排出します。このときに腸内の老廃物が一緒に排出 されます。約40分間この流入と流出を繰り返します。このとき、おなかをリラックスさせるために軽い マッサージが行われます。 ※排出物は直接下水管に流れるので不快な匂いはありません。
  5. 施術室毎に付いている専用のトイレでゆっくり残りの水様便を排出してもらいます。
  6. ソファでゆったりおくつろぎいただけます。

腸内洗浄Q&A

ちょっと恥ずかしいのですが、大丈夫ですか?

もちろん大丈夫です。カウンセリングを行いながら、体調やお腹の状態を見て行いますし、腸内クリーニングのお部屋は音楽が流れていて、リラックスした状態で施術を受けることができます。ガウンもご用意していますので、衛生的で安心です。

痛くはないのでしょうか?

痛くはありません。アプリケーターというものを直腸に挿入いたしますが、ほとんど違和感はありません。仰向けにタオルをかけた状態で軽くマッサージを行いながら温水を注入していきますので、ご心配はいりません。

腸内クリーニング(腸内洗浄)の前に気をつけることはありますか?

体調のすぐれない時やお腹の調子が悪いときは避けるようにしてください。カウンセリングの中でお話してまいりますので、不安な時はご相談下さい。

食事の制限はありますか?

特に制限はありません。ただし、クリーニング当日は食事を控えめにし、2時間前からは何も摂取しないようにして下さい。クリーニング直後は、刺激のある食べ物は避け、乳酸菌(ビフィズス菌など)の善玉菌を多く含む食品を摂取する方が良いでしょう。

腸内クリーニング(腸内洗浄)中の食事の取り方はどのようにしたらよいのでしょうか?

腸内クリーニング期間中(初回~3回)の食事については、特に制限はございません。ただし、豆類・芋類・キムチなどの刺激物などの摂取は、腸内のガス量を増やし、宿便等の排出を妨げる場合がありますので、控えたほうがよろしいでしょう。

効果的な治療回数はどのくらいでしょうか?

大腸のひだには、長い間蓄積され細かく石化した糞便や大量のガスが溜まっています。これらのものは、一度のクリーニングでは取りきれません。そのため、3回程度の腸内クリーニングをお勧めいたします(便秘のひどい方は最低4回程度)。重度の便秘の方は、初回から4回程度のクリーニングを1日以上空けて行い、腸の働きを正常に戻した後、5回目以降は4ヶ月~6ヶ月置きに定期的に腸内クリーニングすることをお勧めいたします。

おならが多いのですが、大丈夫ですか?

オナラが多くても問題ありません。むしろどんどんオナラを出してください。腸内ガス(オナラ)が十分に排出できないと、ガスは腸壁から血管に吸収され全身を回り、体臭・口臭の原因ともなります。腸内クリーニング中は、腸内ガスは空気栓の役割を果たし、肛門から温水注入の妨げになってしまいます。そのためにも、施術前は十分にオナラを排出することが大切です。

腸内洗浄(腸内クリーニング)を受けられない場合はありますか?)

施術当日に生理の方はご遠慮下さい(生理4日目~は可能です)。ほかそけい部ヘルニア、重度の肝臓病、肝炎ウィルスなどの感染症キャリアの方、1年以内に腹部の手術を受けられた方、6ヶ月以内に内視鏡手術を受けられた方、妊娠3ヶ月以降、施術当日の体温が37.5度以上の方、血圧160以上の方、70歳以上 の方、重度の内・外痔、脱肛、フィスティル、腸内癒着の方などがあげられます。詳しくはお気兼ねなくご相談下さい。