スムースアイリフト

スムースアイ ミニマムダウンタイム・眼球保護板なしで上下瞼を引き締め・しわを減少スムースアイ ミニマムダウンタイム・眼球保護板なしで上下瞼を引き締め・しわを減少

ミニマムダウンタイムで、非侵襲的に上下眼瞼を引き締め・しわの減少を促す新たな治療法が登場しました。
「スムースアイ(Smooth Eye)」です。

コンタクトシェル(眼球保護板)を挿入する必要なく、Smoothレーザーで上下眼瞼を引き締めることが可能です。

このような方にお勧めです

  • 目の下のタルミが気になる
  • 目元のちりめんジワを何とかしたい
  • 上瞼のタルミ・しわが気になる
  • 手術はしたくない
  • 眼球保護板には抵抗がある
  • ダウンタイムはあまり無い方が良い

Smoothレーザーで、瞼のたるみを引き締める

スムースアイは、特徴的なSmoothレーザーが連続して照射され、皮膚を加熱しコラーゲン造成を促進させます。

皮膚表面に明確なダメージを与えることなく、肌の再構築を促し・たるみを引き締め・しわの改善を促していきます。

眼球保護板を必要としません

眼球近くにレーザーを照射する場合、眼球保護のために「眼球保護板(コンタクトシェル)」をまぶたの下に入れて行います。
点眼麻酔薬で麻酔をかけた後に入れますので、大抵の方は問題なく治療いただけます。
しかしながら、稀に違和感や痛みを感じる方もいらっしゃいます。

Smoothレーザーは、瞼を透過しない特徴があるため、基本的に眼球保護板が必要ありません。

ダウンタイムが殆どありません

スムースアイリフトは、マドンナリフト等の既存の瞼のたるみを引き締めるレーザーと比較し、 ダウンタイムがほとんど発生しないという特徴があります。

赤みが長引いたり、ドット状の瘡蓋ができるわけでもありません。少々の皮剥けがみられることがある程度です。

日常生活にほとんど影響を与えずに、定期的な治療で瞼のたるみを引き締めることができることは、大きな優位点と言えるでしょう。

スムースアイの効果をさらに高める

当院の目元のたるみ治療の最高峰の一つが「4Dアイリフト」です。
4Dアイリフトは4つの異なるレーザーを1回の治療で照射し、強力なリフトアップを促します。

スムースアイは、4Dアイリフトの4つのレーザーのうちのひとつとなります。
スムースアイ単体照射でも勿論たるみ・しわの減少を促しますが、4つの異なるレーザーで得られる相乗効果は段違いです。

ダウンタイムがほぼ無く・眼球保護板も要らないスムースアイは、目元のたるみ治療の導入として大変良い選択肢です。
レーザー治療に慣れ、より高い効果をお求めになる場合は、2D/3Dアイリフト、そして最高峰の4Dアイリフトを是非ご検討ください。

Fotona4D レーザー表

スムースアイ

SupErficial

2Dアイリフト

3Dアイリフト

2D/3Dアイリフト

スムースアイは、粘膜側からの照射を行なう「スマイルアイリフト」との相性も非常に良いです。

皮膚の表面裏面からの「両面照射」は、全層にわたってコラーゲン造成を促進させ、たるみ・しわの改善に更なる効果を発揮してくれます。

「両面照射」の入り口としての2Dアイリフト
より効果を高めた3Dアイリフト
そして、更なる効果を望まれる方にお勧めの4Dアイリフトがあります。

目の下のタルミ・上瞼のたるみ治療ページ

更なる効果を望まれる方へ 4Dアイリフト

スムースアイリフトは、肌の表面側から簡便にしっかりと引き締めることができる瞼のたるみ治療です。

更に高い効果を望まれる方には4Dアイリフトをお勧めします。

4種類のレーザーを用いて、両面からタルミを引き締め・皮膚の再構築を促し、新しくしていきます。

フォトナ4D / 4Dアイリフト

料金表

回数 料金
スムースアイ 1回 80,000

リスク・副作用について

治療後の多少の赤み、治療後数日間お化粧ノリが悪く感じる場合があります。

この治療法で用いられる医薬品・医療機器は国内においては薬機法上の承認を受けていません。
*承認を受けていない医薬品・医療機器について「個人輸入において注意すべき医薬品等について」のページをご確認ください。
国内には同様の機器は存在しないため 医師のライセンス下で個人輸入し使用しています。

潜在的副作用
発赤 熱傷 水疱形成 色素沈着・脱失 治療中の痛み・不快さ等(APPLICATION MANUALより)
海外における承認取得情報
FDA 2015年4月09日(K143723)
製造元
Fotona