医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛 安全・安心・確実 クリニックで脱毛

医療機関なら安心確実の医療レーザー脱毛。脱毛は医療機関でしか受けることができません。正しく安全に脱毛を行いましょう。エステとの違いを実感してください。

医療レーザー脱毛とは

医療レーザー脱毛機の写真です。

医療レーザー脱毛とは、毛組織に含まれるメラニンをターゲットとし、周囲皮膚組織を傷つけずに毛組織のみを破壊して脱毛効果を得ようとするものです。
当院のレーザー脱毛治療装置は、医師免許なしでは手に入れることはできません。安全で確実な医療行為としての脱毛方法です。

1995年ハーバード大学のMelanie Grossmanらが、レーザーを脱毛目的で初めて応用した事例を報告したことで、この理論は確固たるものとなりました。
以後、急速にレーザー脱毛治療が普及し、現在に至っています。

レーザー脱毛は医療行為です。 様々な雑誌で、医療機関以外(特にエステなど)において『電気針による脱毛』『光脱毛』『レーザー脱毛』などの宣伝広告が見受けられますが、厚生労働省においても"脱毛"は肌や体に直接影響を与える完全な医療行為との見解が得られています。 医学的な皮膚知識や機械操作の十分な経験のない職員が、衛生管理の行き届いていない環境の中で、アフターケアも十分に行わず脱毛を行うのであれば"やけど"や"皮膚障害"のようなトラブルが多数発生する可能性があります。
皮膚に障害が残ってからでは遅すぎます。レーザー脱毛は、信頼できる医療機関で行いましょう

脱毛のメカニズム

レーザー光が持つ、特定の色にのみ反応するという性質を選択的光熱治療(Selective Photothemolysis)と言います。レーザー脱毛は、この特性を利用して体毛のメラニン色素にのみ吸収反応させ、皮膚にダメージを与えることなく脱毛を行います。治療の希望部位に照射するレーザー光エネルギーが体毛のメラニン色素に吸収され、発毛中枢である毛根・毛包部分を熱作用で壊して脱毛します。

毛周期とは

医療レーザー脱毛 成長期 毛が伸びる期間。毛母細胞が活発に細胞分裂を続けます。
医療レーザー脱毛 退行期 毛の成長が止まる期間。毛母細胞が停止します。
医療レーザー脱毛 休止期 自然に毛が抜け落ちる期間。毛が脱落して、毛孔のみが残ります。

使用している医療レーザー脱毛機器

古川院では GentleLASE という脱毛治療装置を使用しています。メラニン色素の吸収率が良いアレキサンドライトレーザー光を利用したものです。レー ザー照射直前に、冷却ガスを瞬時に吹き付け皮膚のダメージを最小限に抑えるために、皮膚表面の冷却装置「DCD」が内蔵されています。

仙台院では、2種類のダイオードレーザーを発射できる最新医療レーザー脱毛機器、「メディオスターmiXT」を導入。皮膚へのダメージを最小限度に抑えつつ、脱毛効果を高める最新レーザー機器です。

治療時間はどれくらい?

レーザーのスポット径は12mmと大きいため、広範囲に渡って短時間で脱毛できます。1回の治療時間は、ワキは5分、ヒゲは5~10分、両腕は30分程度です。同時に、痛みの緩和や皮膚表面を保護するDCD装置で冷却しながら照射しますので、痛みに敏感な方も安心です。医療レーザー脱毛は痛みの少ない脱毛方法ですので、耐えられないような痛みはありません。

上手にきれいな脱毛をするには?

レーザー脱毛は、一回のレーザー照射では脱毛が完了しません。体毛には毛周期と呼ばれるサイクルがあるためです。体質等により個人差はありますが、インターバルの目安はほとんどの部位が2ヶ月、男性のヒゲや女性の口まわりは4~5週間とお考えください。
※経過には体質等により個人差がございますので、一応の目安とお考え下さい。

肌も美しくすると評判!!

脱毛治療が進むと剛毛が次第に細く華奢な毛になるので、まず毛深いイメージが払拭されます。その上、脱毛した部位の毛穴が引き締まり、肌のキメが細かくなるため『皮膚炎や毛嚢炎などが無い美しい素肌になった』『色が白くなった』『顔の小じわやそばかすが目立たなくなった』『ニキビが改善した』という喜びの声も多数いただいています。また、特殊な例ですがアトピー性皮膚炎による皮膚の症状が良くなったというケースもあります。

アフターケア

特に面倒なアフターケアはございません。しかし、注意して頂くことがございます。

  • 日焼け止めによる紫外線予防を十分に行ってください。
  • 施術当日はレーザー照射部をアカスリなどで強くこすらないようにしてください。
  • シャワー、洗髪、洗顔は当日から可能ですが、入浴は翌日からにしてください。
  • 毛を抜くような行為は毛周期がくるってしまいますのでおやめください。

万が一赤みや痒みがでた場合には、軟膏を処方致します。

Topics

医療レーザー脱毛は、「永久脱毛」とも呼ばれています。しかしながら、この定義は下記のようになっています。

永久脱毛の定義として、米国電気脱毛協会の定義が使われていました。
「最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であればよい」とされていました。
これに対して、1998年ハーバード大学のグループが新たな永久脱毛の定義を考えて、永久減毛(permanent hair reduction)を提唱します。
これは、レーザー脱毛後に、身体の各部位における毛周期を超える期間において、終毛の数が著名に減少している状態が持続すること、と定義されていて、米国FDA(Food&Drug Administratiom)では、レーザー脱毛装置の認可はこの概念に基づいて行なわれているそうです。
医学的には減毛といい、永久減毛がレーザー脱毛の目標であって、すべての毛をなくすことではありません。

しかしながら、現在行われている医療レーザー脱毛自身はその効果から、本当の意味での「永久脱毛」言っても差支えないほどになっています。

ただしこれは、まだ本当の意味での「永久脱毛」ということはできません。レーザー脱毛自身が始まったのは1990年代でまだ、「永久」というには時間としては短いのです。効果としての実感として「永久脱毛」ということはできると思いますが、まだ80年先を見たことがある人はいません。今後時代がすすむにつれ文字通り証明されていくことでしょう。

医療レーザー脱毛 症例写真

医療レーザー脱毛 脇の下医療レーザー脱毛 症例写真 脇の下
背中 医療レーザー脱毛 症例写真医療レーザー脱毛 症例写真 背中
ひげ 顎の脱毛 医療レーザー脱毛 症例写真医療レーザー脱毛 症例写真 顎 顔の脱毛
Vラインの脱毛写真医療レーザー脱毛 症例写真 Vライン

医療レーザー脱毛 料金表

女性

部位 1回 3回トータル 3回終了後1回
両わき 9,000 24,300 4,950
ビキニライン 9,000 24,300 4,950
Iライン 9,000 24,300 4,950
Oライン 10,000 27,000 5,500
VIO(V3) 25,000 67,500 13,750
両ひじ上(上腕) 20,000 54,000 11,000
両ひじ下(前腕) 20,000 54,000 11,000
両太もも 45,000 121,500 24,750
両ひざ下 35,000 94,500 19,250
両ひじ下+両ひざ下セット 55,000 148,500 30,250
膝のみ 12,000 32,400 6,600
40,000 108,000 22,000
背中 40,000 108,000 22,000
鼻の下(ひげ) 9,000 24,300 4,950
顔全体(ドクター照射) 20,000    

その他の部位はお問い合わせください。

男性ひげ脱毛

男性ひげ脱毛は、安心のドクター照射で行います。

男性ヒゲ脱毛

部位 1回 6回トータル 6回終了後1回
髭の脱毛セット (鼻下・頬・口周り・顎・顎下) 40,000 147,000 12,000
部位 1回 3回セット 3回セット終了後1回
鼻下 13,500 36,450 7,500
両頬 22,500 60,750 12,400
13,500 36,450 7,500
顎下(首) 15,000 40,500 8,300
眉間 15,000 40,500 8,300