FAQ:タトゥー刺青・アートメイクの除去

*クリックすると回答が出ます。

タトゥーはレーザーで消せないので手術したほうが良いと言われたのですが

> 失礼します。
> タトゥーを消したいと思います。何件か美容外科を回りましたが、タトゥーはレーザーで消せないので手術で切除するしかないと言われます。そちらはレーザーで消すようですが、レーザーで消せないのに、なんで消せると書いているのですか?消せるのですか?

タトゥー・刺青の除去治療には、幾つかの方法があります。

  1. レーザー
  2. 切除
  3. 削皮
  4. (他に電気メスなどで火傷の痕にしてしまうという方法もあります。)

タトゥー除去には、これだけの方法があります。
一番皮ふのダメージが少なく、見た目が辛くなりづらい方法がQスイッチレーザーによる治療ということです。
確かに、「レーザーの治療で全てを消し去る事が可能か?」と聞かれてしまえば、 濃厚に入っている部位や、特殊な染料が入れられていたり、タトゥーの上にタトゥーを上書きしている場合など、一部困難な場合もあります。しかし、治療を進めていくことで、かなりのところまで消していくことは可能となっています。

「タトゥーはレーザーで消せない」と言われてしまって、失望されていらっしゃることだと思います。
タトゥーをレーザーで消すという言葉には、2つの意味が存在します。

  1. タトゥーが全くなかったかのように完全に消す。
  2. タトゥーの輪郭,形状がわからなくなり、プールや温泉などに規制なく入れる。日常生活を普通に過ごせる。
    元々タトゥーであったことも通常であればわからない。

タトゥー除去は、aではなく、元々タトゥーがあったことがわからなくなり、普通の社会生活を営むことを目標とすること(b)がほとんどだと思います。
タトゥーが全く無かったかのように完全に消すということは、非常に困難ですが、bのように、日常生活を不自由なくできるまでは、基本的にレーザー治療で行うことは十分可能です。さらに、Qスイッチレーザーでの治療だけでなく、肌質を整えていくことを目的に、フラクショナルレーザーなどを併用していくことで、aに近づけていくことも、技術的には可能です。

さて、「タトゥーはレーザーで消せない」と言われてしまったようですが、これは、クリニックの方針や設備によって言われることが多いようです。
意味合いとしては、

  • 其のクリニックの方針としてレーザーより、切除・削皮を行いたい。
  • 其のクリニックではレーザー治療はおこなっていない、経験がない
  • もしくは、其のクリニックのレーザーではタトゥーの治療ができない。(脱毛レーザーではできません)
  • もしくは、設備がない。

ということではないかと思います。レーザー治療が出るまでは手術しか方法はなかったわけですので、そのように言われる先生方もいらっしゃるかもしれませんが、現在では、タトゥー除去のスタンダードとなっています。

しかし、レーザー治療があったとしても、其のニーズによって、第一選択がレーザーとなるわけではありません。

  • できるだけ短期間で何とかしなければいけない。
  • 傷が残っても構わないから、安く済ませたい。
  • 1~2回ほどで済ませたい。
このような場合には、レーザー治療は、第一選択にはなりません。

小さいタトゥーであれば、切除の対象にもなると思いますが、傷跡は残ります。広範囲に及ぶ場合には、削皮,植皮を選択することもあるでしょう。その場合には、決してきれいではない跡が残ります。植皮の際には、採皮の痕も場合によって残ります。できるだけ短期間で行わなければいけないような場合には、その方針も間違いではありません。レーザーでの治療法が出てくるまでは、切除,削皮がタトゥー除去の主体でした。短期間の治療で、傷が残っても構わないと希望される場合には、これらの方法しかありません。受ける方それぞれのニーズに合わせて治療法を選択することが重要です。

タトゥー除去の治療間隔は、どのくらいで行うのですか?

> 早く取りたい。2週間間隔で治療しても大丈夫ですか。

タトゥー刺青除去の治療間隔は、通常2ヶ月開けていただいております。
これは、皮膚の回復に十分な時間を与えたいという点と、 レーザーによって破壊された色素が排出されるまでに時間がかかるためです。

皮膚が回復するまでには、1ヶ月はおいたほうが良く、
貪食細胞が、レーザー照射時にできた色素の断片を排出するまでには、数カ月を要します。
このため、初回照射時は、あまり色の変化が少なく、一部では濃く変化したように感じる場合があります。
1ヶ月間隔でどんどん治療を進めていくほうが良い,皮膚が薄い間に照射したほうが、色素の反応が良い という意見もありますが、肌への負担が大きくなります。また、排出に要する期間を考え、2ヶ月は開けたほうが良いと考えています。

タトゥーは1回で消えますか?

> 背中に 5×10㎝の刺青が入っています。レーザー希望です。1回で消えますか?> あと いくら必要ですか?


タトゥーの色の種類,濃度,深さ,大きさによって治療回数は異なってきます。
ご自身が入れたアマチュアタトゥーの場合には、治療回数が少なくて済む場合が多く、
場合によって、初回の治療のみで消える場合もあります。
しかし、通常の刺青の場合には、通常数回の治療が必要となり、皮膚深くまで入っている場合には、治療回数は増えていきます。

刺青除去レーザー治療に伴う1回当たりの治療費の計算方法は、当院では、以下のように計算します。
(
縦cm+横cm)÷2×10000円 です。
詳細は 刺青除去にかかる施術の費用の計算方法のページを参照ください。

(5+10)÷2 ×10000=75,000円 (税抜き)

(カウンセリング時に実際に計測させていただいたうえで,改めて治療費を算定します。)

何回で刺青(タトゥー)は消えますか?

> 背中に35×35cmの刺青が入っています。来年結婚式があるのですが取れますか?

> ○○からの紹介です。左の腕にタトゥーを入れています腕一面です。5回ほどで取れると聞きました。5回以上かかった時に補償はありますか?(遅延損害金とか)

> お腹に以前付き合っていた彼女の顔を入れています。今の子に気づかれる前に撮りたいです。。5かいぐらいでとれますか?

> そららクリニックで刺青を取った人からの紹介です。3回でわからないぐらい取れたと聞いています。大きさは 縦20センチ 横40センチです。黒緑赤青紫です。5年前に入れて公開しています。予算は20万

> 娘が入れた刺青をとって欲しいと思い問い合わせをさせていただきました。既に数件のクリニックに問い合わせ,面接をさせていただきました。1回の治療費は15万ほどと言われるところがほとんどです。1箇所は総額30万と言われています。当院はいくらでちりょうしてくれますか。15まんで6回までがよさんですが、6回以上かかるのであれば、受けさせたくありません。6回以内で大丈夫であればうけますが、それいじょうかかるのであれば、その時に保証はありますか?予算内でわからなくならなければ意味がありません。

 

当院の刺青除去には、Qスイッチルビーレーザー,Qスイッチヤグレーザーと 2種類を使用することができますので、通常単一種類のレーザーを使用した施設よりは、格段に治療効果を得ることが可能であろうと考えています。その点について、結果的にリーズナブルに治療をすることが可能ということができます。

しかしながら、刺青(タトゥー)は、その彫師さんの施術方法,入れた染料,その深さによって、多分に治療回数は異なってきます。あくまで皮膚表面だけに入っているタトゥーであれば、本当に呆気なく取れてしまうこともあれば、非常に綿密に芸術的価値も(一部において)高いような形で 入れてあるようであれば、皮膚深くまで色素が入っている場合が多く 治療回数は多くなってしまいます。

どの程度の深さで、どのくらいの密度で 染料が入れられているのか、これによって 治療回数は増減してしまいます。
1回あたりの治療効果は、治療設備の関係によって 他院よりもより充実した結果を出すことができるようにしていますが、これによって 治療開始前に 治療回数を決定できるほどの解析を行うことは 残念ながら不可能です。

当院の 刺青・タトゥー除去治療は、手術など醜悪な傷跡を残さないで、できるだけ綺麗な痕とし、公衆浴場やプールなどに入れる状態を目標としています。
目標とされる状態によって、選択の幅が増えると思います。選択の一つとして検討していただければと思います。

また、治療前の段階で回数を保証することはできません。もしこのようなことをすることができるのであれば、もはや医師ではないでしょう。

回数を決め、その上遅延損害金を設定するようなことは、もはや「治療」ではなく ギャンブルという状況と言えますから、当院では そのような無責任なことは行っていません。

また、診察前に見ていないタトゥーについて 治療回数をお伝えすることはありません。また治療にかかる金額は、基本的に「縦+横÷2」です。概算でお伝えすることはできますが、実際の金額はカウンセリングの際に採寸させていただいた上で算出しています。sの点について どうぞご了承ください。

レーザー照射後刺青の色が変わることがあります。

「刺青」,「タトゥー」,「アートメイク」と様々な呼び方がありますが、どれも刺青であることには変わりありません。

一度入れた刺青は容易に薄くなることはありません。しかしながら取り除くと慣れば 多大な労力が必要となります。

その際の一つの方法として レーザーを使用したタトゥー除去治療があります。

レーザーが皮膚内にある色素と反応し 色素が粉砕されることで排出・吸収が促進されていきます。

稀に 色素とレーザーが反応し 別の色に変化する場合があります。入れられた色素には金属が含まれていることが多く 酸化還元反応が起きて黒く変化することがあります。

この変化を照射前に予測することは不可能です。

しかしながら 色が変化した後にも治療を続けていくことで 薄くしていくことが出来ます。

レーザーで除去する可能性が高いアートメイク等では できればレーザー照射後の反応がわかっている色素を入れてもらうと良いと思います。