FAQ ヒアルロン酸注入

*クリックすると回答が出ます。

ヒアルロン酸注入の効果はどのくらい続くのですか?

ヒアルロン酸注入の部位や方法、種類により様々ですが、おおよそ6ヶ月から2年程度で吸収されます。
当院で使用しているヒアルロン酸の中でも エセリスは通常のものより長期間吸収が抑制されますので、より長期間効果が持続されます。

最近のヒアルロン酸は 長期間持続型が多いです。しかし・・・

最近のヒアルロン酸は その多くが長期間持続型のものとなり 高機能となってきています。注入材は、ヒアルロン酸分解酵素(ヒアルロニダーゼ)に対抗するような加工(架橋構造)がされています。これによって比較的長く持つようにできているのです。持続期間は 様々な要因によって一定ではありません。

  • 治療した部位 代謝が良い場所と悪い場所では 吸収スピードは異なります。例えば目元は比較的早いところです。
  • 治療した年齢 若い方ほど代謝が良いので 年齢を重ねた方と比べれば早いです。
  • 注入した深さ 皮膚の中と皮下組織~筋層にかけて注入された時でも異なります。

何れにせよ ヒアルロン酸は 少しずつ分解され吸収されていきます。そのため、注入早期の状態を長期にわたって維持できるわけではありません。少しずつ吸収されていきますから、少しずつ以前の状態に近づいていきます。このため、人によってヒアルロン酸が足りなくなったと実感される時期が異なります。

持続期間と効果の実感期間に差があります。

ヒアルロン酸が減少するグラフ
縦軸がヒアルロン酸の量で 横軸が実際に吸収されるまでの期間です。ヒアルロン酸の種類や注入された部位,深さ,年齢等によっても吸収期間は違いますが、割と上記のように直線状に吸収されていきます。

少しでも減少したら気になる人には、割と短期間しか保たないと思われるでしょうし、かなり量が減るまで実感されていらっしゃる方の期間は長期の持続となるのです。全く元に戻るまで(全て吸収されるまで)の期間としての持続期間と考えると良いと思います。

ある程度残っているうちに できれば比較的こまめにメンテナンスとして 少しずつ補充されて 良い状態を維持するようにすると 1回あたりに注入する量も少なくて済みます。

 

詳細はこちらを参照ください。 ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入で凸凹になったりしませんか?

ヒアルロン酸の選択、注入する層の選択を誤ればでこぼこになる可能性がありますが、
注入する層ごとにヒアルロン酸ノ種類を変えることで、凸凹にならないように入れていきます。

目の下のしわなどに注入する際には、過矯正気味に注入して、シワを埋めることがあります。
ヒアルロン酸を注入した直後は、 敷石状に注入されていますので、ポコポコしていますが、
早急になめらかになっていきます。(serial puncture technique エセリスソフトを使用)

ヒアルロン酸は、すべて吸収されてしまうのですか?

人間の顔は年齢とともに変化しています。その年齢ごとに顔つきは変わっていくものです。
ですから、完全に吸収されてしまうことはデメリットともいえますが、ヒアルロン酸最大のメリットともいえます。

当院では、ヒアルロン酸以外の注入材(充填剤=filler)は、現在のところ使用する予定はありません。

ヒアルロン酸以外の注入材や、非吸収性の注入材に関しては、

  • 一部の注入材は皮下に入れなければいけないが、皮内に注入したことで壊死を起こした症例がある。
  • 過去に副作用が報告されている材料を使用しているものがある。
  • リカバリーが困難 (ヒアルロン酸のように溶かすことができない)

ヒアルロン酸を使用する理由としては、以下の点が挙げられます。

  • ヒアルロン酸は、 美容目的だけでなく様々な用途で、使用されている実績のある医療材料であること。
  • 万が一でも、リカバリーが可能であること。(ヒアルロニダーゼを使用。)

更に、現在のところ、安全性と、持続性から評価の高い エセリス(スイス Anteis社)のみを使用しています。
通算7年ほど使用していますが、現在までのところ、副作用は報告されていません。

安全性が高いと言われるレディエッセや、非吸収性であるため問題視され,最近はあまり使われなくなってきましたが,アクアミドのように,モデリングしやすい注入材もあります。実際使用する機会もありましたので、正直良いものだと思っていますが、美容目的だとすれば、万が一の不安があることは、行わないほうが良いと考えていますので、いずれ使用するようになるかもしれませんが、現在のところは、上記のように考えています。

 

ヒアルロン酸注入では、痛みはありますか?

ヒアルロン酸注入前に 表面麻酔を使用し 疼痛緩和に心がけております。
その後十分冷却をした上で、できるだけ内出血の可能性を少なくし注入しております.

ヒアルロン酸注入では、傷は残りますか?

ヒアルロン酸注入に使用する針は 30~32Gの非常に細い針を使用しております。
そのため傷として残る可能性はきわめてまれです。

ヒアルロン酸注入は腫れますか?

ヒアルロン酸注入では 針を刺すことにより組織内で浮腫が起こります。そのため若干の腫れが見られることがあります。
稀に数日腫れが見られることもありますが、ほとんどの場合、お化粧で隠すことが可能です。

ヒアルロン酸注入の効果はすぐにわかりますか?

ヒアルロン酸注入ではその場で効果を実感して頂けます。

通常の注入の際には、まず、顔の片側を仕上げ、その際に変化を確認して頂きます。
その上で、対側を仕上げていき、最後に、左右の微調整をかけて終了します。

注入途中にも、見ていただくことも出来ますので、安心して受けていただけると思います。

ヒアルロン酸注入は、どのシワでも効果的ですか?

理論的には効果を出すことは可能ですが、額、目尻などボトックス(BOTOX)と併用したり、大きなタルミを まずエンディメッドPRO等の治療器で引き上げた上で ヒアルロン酸注入をおこなった方が、注入する量も結果的に少なく効果的な場合もあります。

カウンセリングの際にご相談いただければ幸いです。

ヒアルロン酸注入をすると、シワができなくなると聞いたのですが・・・

> ◯◯クリニックでヒアルロン酸注入をするとシワができなくなると聞いたのですが
> 3ヶ月ぐらいで出てきました。そちらのクリニックではどうですか?。

 

ヒアルロン酸注入は、できてしまったシワの部位に注入して、目立ちづらくすることができる治療法です。
溝を埋めるように入れることで、シワが目立たなるため、人気の高い治療法です。
定期的にメンテナンスをすることで、良い状態を維持していくことができます。

さて、ヒアルロン酸注入をすることで、シワができなくなるということは、残念ながらありません
しわができる原因は、経年的に蓄積されたダメージが、治癒力を超えてしまうために起こってきます。
ヒアルロン酸注入は、「できてしまったシワを埋める」ことはできますが、
「シワの原因を改善させる 」効果はありません。
よく動く部位は、徐々にまた溝がついてきますので、
ちょっとずつメンテナンスをしていくことが重要です。

強いていうならば、グロスファクター皮膚再生療法や、PRP皮膚再生療法は、
加齢とともに、低下する成長因子を補うことで、自然治癒力を高め、肌状態を改善させる治療法です。
治療を続けていくことで、シワが減ってきますが、シワができなくなるというわけではありません。

たるみの治療には、どんな方法がありますか?

> 目元頬のたるみが最近気になるようになって来ました。
> PRPを受けたことがありますが、効果がよくわかりませんでした。
> 貴院では、どの方法が最適だと思われますか?

目元から頬にかけてのたるみが気になっていらっしゃるのですね。
このような場合、顔全体のたるみ改善とともに、ボリュームが減少している部位を改善させる治療を併用する必要があります。

顔全体のたるみ治療には、エンディメッドPROをお薦めします。
この治療器は、高周波(ラジオ波)を使用した新しいタイプのたるみ治療器です。
エンディメッドPROには、定期的に照射を行うことで、たるみを改善させていく「スタンダード」
1回の治療で、できるだけ高い効果を狙った「FT12,18」があります。

肌の引き締めを行い、全体のリフトアップを促していきます。

その上で、目の下の「ゴルゴ線」「インディアンライン」と呼ばれる部位をヒアルロン酸注入を行うことで、
段差を改善させ、頬の高さを上げていくことができます。
ヒアルロン酸注入では、ほうれい線など、部位ごとに治療を行うことが多いものですが、
顔全体のバランスを整えながら、フェイスラインを揃えてあげる事で、たるみの改善を進めていくことができます。

全体のたるみを エンディメッドPROを用いて改善させ、
必要なところをヒアルロン酸注入で補うようにすることが、
目元から頬にかけてのたるみ改善につながります。

因みに、PRP皮膚再生療法は、血小板内に含まれる成長因子(グロスファクター)を利用して、
肌質改善,皮膚の再生力の改善に効果的な治療法です。
ボリュームを補うために使用することは、この治療法では困難ですが、皮膚の再生力を高める治療法ですので、
他の治療法との相乗効果を十分に発揮してくれる方法です。
定期的に行うことで、肌を若返らせていくことが期待できます。
しかしながら、PRP皮膚再生療法は、効果が不安定であったり、血液を注入することに伴う、
内出血様の跡が残りますので、定期的に行える方はかなり限られてしまいます。

そこで、当院では、グロスファクター皮膚再生療法を行なっています。
この治療法は、PRPと同様に、大量に生成した成長因子 (グロスファクター)を肌に導入(注入)することで、皮膚の再生力を高め、
若返りを図る治療法です。この方法であれば、PRP皮膚再生療法で懸念される様々な副作用を回避しつつ
定期的に成長因子を肌に補給し、皮膚の再生を促進させます。、

更に、エンディメッドやヒアルロン酸注入、様々な光治療(フォトフェイシャル)によるしみ治療と、
同日に行うことが出来ますから、 さらなる相乗効果が期待できます。

ヒアルロン酸が同じであれば、効果も同じですか?

> ヒアルロンでほうれい線を消したいと思います。前に別のところで同じ種類のヒアルロン酸を入れましたが、あまり変わりませんでした。別の種類のヒアルロン酸を指定することはできますか?

ヒアルロン酸注入は、注射をする行為のみであることから、単純であり、簡便な方法として捉えられがちです。
しかし、ヒアルロン酸注入ほど、施術者の技術の差が出やすい施術も、珍しいと思います。
ヒアルロン酸注入は、ヒアルロン酸という「充填剤(filler)」を注入して、ほうれい線やゴルゴ線を埋めたり、頬,こめかみのボリュームを調整して全体をリフトアップさせたりするために使用します。ヒアルロン酸を使って形を作っていきます。
ヒアルロン酸を使って造形すると考えていただければ、施術を行う医師によって、出来上がりは異なってくることが理解していただけると思います。
そのため、顔の状態を念入りに観察して、最適な部位への注入を行うとすれば、注入時間が5分以内で終わるというようなことはありません。

同じヒアルロン酸でも、施術者によってその結果は異なります。

違う種類のヒアルロン酸を使用しても、その結果はおなじになるかというと、そういうわけではありません。
様々な種類のヒアルロン酸,その他の注入剤(レディエッセ,アクアミド等)がありますが、それぞれ、性質がすこしずつ異なります。ヒアルロン酸の粒子の大きさによって、硬さが調整されているもの、均一な単一ヒアルロン酸としてできており、その濃度によって硬さが調整されているもの等様々です。一般的に世代が進んだもののほうが、綺麗な仕上がりになるように(ボコボコになりづらい)作られています。

しかし、以前使用したことのあるヒアルロン酸の中には、「新型ヒアルロン酸」と華々しく登場し全国のクリニックに導入されたものの、製剤が均一でなく注入が困難なため、あまり使用されなくなってきたものもあります。

ヒアルロン酸などの注入剤を選択する際には、顔に注入し一定期間残存するものですから、何かしらの副作用が出ては困ります。そのため、新しい種類のヒアルロン酸が登場したからといって、直ぐに飛びつくわけには行きません。ある程度の「歴史」が必要なのです。一番長く使用されている「レスチレン」というヒアルロン酸は、1996年に登場し、現在まで永く使用されています。長期間使用されている注入剤は、その副作用の割合も当然わかっていますから、安全性がより高いことの証明となっています。

当院で使用しているヒアルロン酸 「エセリス」は、2005年に登場した 第4世代ヒアルロン酸です。安全性が非常に高く、仕上がりが非常に綺麗であることが評価されているものです。エセリスが日本に紹介された初期より使用しており、今まで使用したものの中で一番仕上がりが良いという点と、目元のシワなど、かなり微細な作業が必要な部位にも注入可能であることが、これだけの期間使用してきた理由です。

また、当院ではヒアルロン酸以外の注入剤は、現在のところ使用する予定はありません。この理由として安全性が挙げられます。
ヒアルロン酸は、急に必要がなくなった場合等取り除く必要が出た場合に、ヒアルロニダーゼという薬剤を使用して、安全に溶かしてしまう事ができます。ヒアルロニダーゼは、体内にある酵素の一つです。
この点は、他の注入剤と大きく違う点です。長期に残存する注入剤を使用した際に、 もし万が一希望に合わず取り除きたいとしても、吸収されるまでに数年かかるという状態が起こらないとも限りません。
万が一に対応できるかどうかという点で、ヒアルロン酸以外の注入剤の使用を控えています。