FAQ HARG療法

*クリックすると回答が出ます。

HARG療法は、痛くはありませんか?

HARG療法では、頭皮の痛みをできるだけ排除するために、頭部数か所にブロック麻酔を行います。
この操作によって、痛みをかなりのところまで取ることができます。
しかしながら、多少のチクチク感はあります。

10年ほど薄毛で悩んでいます。今からでも?

> 相談内容
> 10年程薄毛で悩んでおります。
> 今34なのですが、治療可能でしょうか?

HARG療法は、毛髪再生に必要な成長因子を頭皮に直接注入することで、毛髪の再生を促す治療法です。
◯◯様の年齢から始められる方も多くいらっしゃいます。

私の個人的な経験からで恐縮なのですが、通常 自毛植毛をお勧めするほどの方でも、辛抱強く続けることで、
改善された方もいらっしゃいます。

すべての方に必ず効果があるという治療法ではありませんが、
今まで行ってきた育毛治療の中では、最も効果的な治療法の一つと言えます。

HARG療法は,どの方法で注入していますか

> HARG療法の薬剤注入には、注射、ダーマローラー、フラクショナルレーザーを使用するクリニックもありますが、どの方法で行なっていますか?

 

HARG療法では、効果を考え、全例注射による治療を行なっています。

HARG療法で、成長因子を含むHARGカクテルを 頭皮に導入する方法として、以下の方法があります。

  • 注射
  • ダーマローラー
  • フラクショナルレーザー

HARG療法を行うに当たり、この治療法を始めた初期には、ダーマローラーや、フラクショナルレーザーを使用した、
受動的導入方法も行なっていました。

ダーマローラーや、フラクショナルレーザーを使用した導入方法は、これらの治療器を使用して、
肌に微細な傷をつけていきます。そこから、受動的に(自然に)薬剤が吸収されていくことを目的としています。
微細な傷口に 薬剤を塗布して吸収させる方法です。

しかしながら、直接注射を行う方法と比較すると、その効果に大きな差が出てしまいました。
ダーマローラーや、フラクショナルレーザーを使用することで、比較的楽に受けられるので、良いかもしれませんが、
効果が減弱してしまう点は、如何ともし難いことです。

これは、受動的に吸収されるという事で、直接注射と比較すると、薬剤のロスが多くなると考えられます。
高価な薬剤を使用しますので、出来るだけロスは避けたい所です。

そこで、当院では、HARG療法,に関しては、現在のところ 全例注射を行なっています。

HARG療法は必ず毛髪再生しますか?

Q : HARG療法は必ず毛髪再生しますか?
zu01A : 禿毛の症状は原因や経年からみても様々です。女性のTypeⅢ をみて下さい。完全に毛髪が失われ頭皮が固くなっている場合は、HARGカクテルを注入しても細胞が再生しない事が多く、TypeⅡなど産毛でありましても存在している部位が対象となります。
HARG療法の2年間の検証では、対象となる部位に対して、No Changeはありません。産毛から細毛、そして丈夫な毛に成長します。
当院はHARG療法認定施設です、お気軽に症状をご相談下さい。そして、あなたに合った治療方法にて施術致します。HARG療法は男女共に治療が可能です。

HARG療法詳細ページ

HARG療法は何回で効果が現れますか?

Q: HARG療法は何回で効果が現れますか?


A :
毛髪は成人で一日に0.35mm~0.4mm伸びます。
1ヶ月30日だとすると1.05cm~1.2cm伸びる事になります。また、毛髪には毛周期があり、毛が無い状態は脱毛の時期にあります。
HARG療法を施術しますと毛乳頭付近から、毛包組織の中を毛髪が再生してきます。しかし、HARGカクテルの成長因子によって長い休止期・脱毛時期から早期成長期に移行する期間が個人差になります。
また、頭皮表面の毛穴から毛乳頭までは約3~5mmありますので、毛髪が毛穴に到達するまでに約2週間、そこから毛周期に沿って産毛~軟毛へと成長してきます。

1ヶ月に1cm~1.2cm伸びていますから、HARG療法で、あっ生えたかも!と思えるのは3回目から4回目あたりが多いようです。(月1回の施術にて3ヶ月目から4ヶ月目)これは目安です。2回目で効果を感じる方、6回施術後に遅れて効果が実感される方もいらっしゃいます。

HARG療法詳細ページ

HARG療法につかうグロスファクター(成長因子)は安全ですか?

Q : HARG療法に使用する グロスファクター(成長因子)は安全ですか?

A : 脂肪幹細胞を培養し、タンパク質(プロテイン)を取り出します。それを特殊なフィルターに通し、ウィルスを濾過します。更にガンマ線を照射して滅菌しています。通常の加熱生物製剤と同様の安全性を持って生成されています。

国外(アメリカ・ヨーロッパ・アジア各国)では数千例が臨床で使用され、国内におきましても2年前から動物実験と臨床テスト300例を行い、安全性を確認し検証しています。その安全性と臨床効果は世界的にも権威のあるDERMATOLOGOC SURGERYに論文投稿され、文献となっております。また、当院も所属している日本医療毛髪再生研究会では、HARGカクテル研究所製造ファクトリーを視察し、文献内容に即した安全性を確認しております。

尚、HARGカクテルはアレルギー起因物質も含まない事が確認されています。

HARG療法詳細ページ

HARG療法中にパーマやカラーリングは出来ますか?

Q : HARG療法中に パーマやカラーリングは出来ますか?

A : HARG療法としての回答は、以下のようになります。

  • 頭皮に直接注入しますので、パーマやカラーリングは治療開始の2週間以上前に済ませて下さい。
  • 初クールは 1ケ月間隔で6回の施術です。この間パーマやカラーリングは出来ません
  • カットは施術から3日以上空けて下さい。
  • 1クール終了後 2週間以上経過しましたらパーマ・カラーリングはOKです。

という事になりますが、現実問題として、パーマ,カラーを治療期間中やめることができないことが ほとんどだと思います。
そこで、次善の策として、

  • 頭皮にやさしいパーマ,カラー剤を提供してくれる(と思える)美容院・理髪店で受けること。
  • パーマ,カラーのペースを 従来よりも遅めにすること。 (2~3ヶ月に1度等)
  • 頭皮の状態を確認して、赤み(腫れ)が出ているようなら、控えること
  • 施術から2週間は空けること。
妥協点としては、上記のようになります。決して影響がないことを保証するような意味合いではありません。

いずれにせよ、HARG療法は、頭皮環境を改善させ、毛母細胞を活性化させていくことで、育毛・発毛を促す治療法ですから、
それと逆の作用に成ることは確かです。しかし、生活を営んでいく上で、欠かせないものとなっている場合には、相容れない状況が生まれます。この点を十分理解していただくことが必要となります。

HARG療法詳細ページ

HARG療法の施術時間はどのくらいですか?

Q : HARG療法の施術時間はどのくらいですか?

A : HARGカクテルの注入方法、施術範囲にもよりますが、注入自体は10~20分くらいです。
施術前の消毒や麻酔、施術後は施術部位が落ち着くまで待っていただきますので トータルでは40分から1時間くらいです。

HARG療法詳細ページ

HARG療法の後、髪はセット出来ますか?洗髪は?

Q : HARG療法の後、髪はセット出来ますか?洗髪は?

A :

施術後はセットいただいて結構ですが、整髪剤(ムース、グロス、スプレー)は少なめにお使い下さい。
また、ブラシ・コームで施術部位を引っかかないように注意下さい。

施術された日は、軽くシャンプーをなさって下さい。指や爪で施術部位を強く刺激しないように注意して洗髪して下さい。

頭皮全体に注射を行なっていますので、施術当日は、違和感を感じると思います。
数日で回復してきますので、様子を見てください。

HARG療法を受けて毛髪再生したらずっと生えたままですか?

Q : HARG療法を受けて毛髪再生したらずっと生えたままですか?

A : 毛髪が失われた原因にもよりますが、治療中は1ケ月毎に注入したカクテルを 最短で1~3ヶ月毎にフォローアップ注入します。安定しているようでしたら自己判断でも結構ですが、AGA(男性型脱毛症)ですと6ヶ月間フォローをしませんと 又脱毛するケースがありました。

HARG療法詳細ページ

HARG療法の施術料金は高いですか?

Q : HARG療法の施術料金は高いですか?

A : HARG療法は、医師の診断により、直接頭皮にHARGカクテルを注入します。これまでの臨床データが示す通り、HARG療法を開始しますと、今まで以上に薄毛になる、全く変わらない。と言う事はありません。料金は日本医療毛髪再生研究会で定めておりますが、1回の施術では15万円が正規料金になっており1ケ月毎に6回施術が1クールとなっています。その後 症状によって 1~3ヶ月に1度フォローアップを行なっていきます。

これまでの知見では、民間療法の高額なトリートメントからHARG療法に切り替える患者さんも多く見受けられます。HARG療法は2年間の検証と文献的にも裏付けのあるエビデンス療法でありますので、どうぞ安心して受診なさって下さい。

HARG療法詳細ページ

HARG療法で白髪は黒くなりますか?

Q : HARG療法で白髪は黒くなりますか?


A :
白髪は髪を黒くしているメラニン細胞が退化して白くなっています。HARG療法に用いられるHARGカクテルはグロスファクター(成長因子)を多く含んでおりますので、高齢の方がHARG療法を受けて白髪が黒くなった例があります。

しかし、エビデンス療法としてはこの検証は行われていません。黒くなる可能性はある。と言うことはできます。

尚 黒髪がHARG療法により白くなる事はあり得ません。ご安心下さい。

HARG療法詳細ページ

PDRN療法とHARG治療の違いを教えて下さい。

> PDRNを検討していますが、
> HARG治療とどういう違いがあり
> メリットデメリット効果の違い等知りたいのですが。

PDRN・HARG療法共に 頭皮へ直接薬剤を注入することで 治療効果を得ることが目的の治療法です。
そのため デメリットとしては 治療後頭皮の違和感がありますが、これは一時的なものですので、落ち着いてきます。

PDRNとHARG療法の違いの一つは 使用する主となる薬剤が異なることです。

PDRNは ポリデオキシリボヌクレオチド というDNAの原材料とも言える成分を使用します。皮膚内の様々な成長因子を活性化させることで 毛髪再生効果を狙います。
一方HARG療法は ヒト脂肪肝細胞由来成長因子を使用します。皮膚内に大量の成長因子を注入し毛髪再生効果を促します。

もう一つの違いは 国内での実績です。
HARG療法は 全国150施設以上で行われており 毛髪再生治療として 国内では最も実績が多い治療法です。
PDRN療法は 国内で本格的に治療を行なっている施設は少なく 今後少しずつ実績が積み上がっていくところです。

当院での治療効果は 現在のところ PDRN療法の効果が高く見られるケースが多くなってきているところです。

現在までの実績からHARG療法を選択するかどうか。
ここが問題になります。
 

HARG療法

PDRN療法