FAQ : たるみ治療

*クリックすると回答が出ます。

たるみの治療には、どんな方法がありますか?

> 目元頬のたるみが最近気になるようになって来ました。
> PRPを受けたことがありますが、効果がよくわかりませんでした。
> 貴院では、どの方法が最適だと思われますか?

目元から頬にかけてのたるみが気になっていらっしゃるのですね。
このような場合、顔全体のたるみ改善とともに、ボリュームが減少している部位を改善させる治療を併用する必要があります。

顔全体のたるみ治療には、エンディメッドPROをお薦めします。
この治療器は、高周波(ラジオ波)を使用した新しいタイプのたるみ治療器です。
エンディメッドPROには、定期的に照射を行うことで、たるみを改善させていく「スタンダード」
1回の治療で、できるだけ高い効果を狙った「FT12,18」があります。

肌の引き締めを行い、全体のリフトアップを促していきます。

その上で、目の下の「ゴルゴ線」「インディアンライン」と呼ばれる部位をヒアルロン酸注入を行うことで、
段差を改善させ、頬の高さを上げていくことができます。
ヒアルロン酸注入では、ほうれい線など、部位ごとに治療を行うことが多いものですが、
顔全体のバランスを整えながら、フェイスラインを揃えてあげる事で、たるみの改善を進めていくことができます。

全体のたるみを エンディメッドPROを用いて改善させ、
必要なところをヒアルロン酸注入で補うようにすることが、
目元から頬にかけてのたるみ改善につながります。

因みに、PRP皮膚再生療法は、血小板内に含まれる成長因子(グロスファクター)を利用して、
肌質改善,皮膚の再生力の改善に効果的な治療法です。
ボリュームを補うために使用することは、この治療法では困難ですが、皮膚の再生力を高める治療法ですので、
他の治療法との相乗効果を十分に発揮してくれる方法です。
定期的に行うことで、肌を若返らせていくことが期待できます。
しかしながら、PRP皮膚再生療法は、効果が不安定であったり、血液を注入することに伴う、
内出血様の跡が残りますので、定期的に行える方はかなり限られてしまいます。

そこで、当院では、グロスファクター皮膚再生療法を行なっています。
この治療法は、PRPと同様に、大量に生成した成長因子 (グロスファクター)を肌に導入(注入)することで、皮膚の再生力を高め、
若返りを図る治療法です。この方法であれば、PRP皮膚再生療法で懸念される様々な副作用を回避しつつ
定期的に成長因子を肌に補給し、皮膚の再生を促進させます。、

更に、エンディメッドやヒアルロン酸注入、様々な光治療(フォトフェイシャル)によるしみ治療と、
同日に行うことが出来ますから、 さらなる相乗効果が期待できます。

エンディメッドPROは,直ぐにお化粧ができますか?

施術直後から、お化粧をしてお帰りいただけます。
エンディメッドPROは、たるみに対して基本的にダウンタイムが無く 痛みがなく 心地よい治療ですので、安心して受けていただけると思います。

エンディメッドが受けられない場合を教えて下さい。

エンディメッドは、高周波(ラジオ波)を利用した機器ですので、以下の場合には治療不可もしくは注意が必要です。

  • ペースメーカーを使用している方は、特に出来ません。
  • 治療部位が感染,炎症を起こしている等の皮膚疾患、
  • 治療部位に傷がある(傷跡はOK)
  • ケロイド体質がある方
上記に当たる方は、エンディメッドでの治療はできません。
治療部位に金属プレートやシリコンを埋めている方は、担当医にご相談ください。
歯科インプラントは、基本的に治療部位より深くなりますから、大丈夫なことがほとんどです。