ヒト臍帯幹細胞サイトカイン療法

ヒト臍帯幹細胞サイトカイン療法ヒト臍帯幹細胞サイトカイン療法

サイトカインとは幹細胞が分泌する成長因子などのタンパクの総称です。細胞間の命令を伝達する役割があり、細胞の増殖・分化 修復が促されます。

幹細胞は10代から減少し、40代に入ると生下時と比較してわずか5%まで減少していきます。急激な減少によって、細胞間の伝達が滞り、新陳代謝が衰えてしまいます。

加齢が進むと、傷が治りにくくなったり シミやしわ、たるみといった現象が現れるのはこのためです。

老化に伴って減少したサイトカインを補うことで、更に一段階上のエイジングケアを促すことが期待できます。

当院では、最も厳しい基準が設けられている第一種再生医療等技術をはじめ、第二種、第三種にも対応する国内CPC(Cell Processing Center;培養センター)からの、ヒト臍帯幹細胞培養上清を使用しています。

若返りを促す 臍帯幹細胞サイトカイン

臍帯(へその緒)幹細胞

化粧品などで幹細胞という単語を聞くことも多くなってきました。
幹細胞とは、分裂して自分と同じ細胞を作る能力(自己複製能)と、別の種類の細胞に変化する能力(分化能)を持つ細胞です。身体のあらゆる組織や臓器の一部になり、再生・修復を行ってくれます。

臍帯とは、御存知の通り「へその緒」のことです。
へその緒の中には大変多くの幹細胞が含まれます。母親から幹細胞をもらうことで、胎児は細胞をどんどん作って体を成長させ大きく育っていくのです。
生下時には60億も幹細胞は作られ、さらに成長していきますが、40代には3億程にまで減少してしまいます。
体の組織/細胞を再生させる能力が低下することが老化の大きな要素になるのです。

ヒト由来の細胞をそのまま他人に移植することは、拒否反応が起こりますのでもちろんできません。そこで、培養液の上澄み(上清)に注目することになります。

幹細胞培養上清のサイトカイン

幹細胞は環境に応じて細胞の増殖や分化を促すタンパク質を産出します。そのタンパク質のことをサイトカインと呼びます。
サイトカインは細胞間の信号物質として働き、体内の損傷を受けた組織や細胞の機能回復に重要な役割を果たしています。細胞間で連絡を取り合い、サイトカインを受け取った細胞は働き出すのです。

老化現象は、様々な原因によって体の組織・細胞が損傷を受け、それが蓄積していくことで十分に回復しきれない状況になっていることによって起こります。損傷した体の組織・細胞を再生させ、失った機能を回復させることは、大変有効なエイジングケアと言えます。
サイトカインによって眠っていた細胞を目覚めさせることで、強力なエイジングケア効果を発揮してくれることが期待できます。

脂肪肝細胞より数十倍〜数百倍のサイトカインを含有

現在でも脂肪肝細胞由来のサイトカインの一種である成長因子を使用した治療が主流です。当院でもグロスファクター療法として皆様にご愛顧頂いておりました。
臍帯幹細胞由来のサイトカイン療法は確立されたばかりの治療法ですが、基本的には脂肪肝細胞由来のグロスファクター治療などと治療方針は同じです。しかし、臍帯幹細胞サイトカインの方が脂肪肝細胞由来の治療法よりも単位ひとつ上のサイトカイン量になりますので、より高い効果を発揮してくれることが期待できます。

臍帯幹細胞サイトカインの成分

下記の表に示している通り、サイトカイン成分の量は従来の脂肪幹細胞由来より臍帯幹細胞由来の培養上清液の方が大変多くなります。また、含まれているサイトカイン成分の種類もアンチエイジングに最適なものばかりです。

培養上清液に含まれるサイトカイン成分

IGF-1 [インスリン様成長因子1]
  • 新しい皮膚創生によるしわの予防と解消
  • コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の増加
  • 皮膚感触を良くし顔や体の無駄な脂肪を燃焼させる
  • 毛根を刺激し、髪の毛を強くする
IGF-2 [インスリン様成長因子2]
  • 細胞の修復
  • 細胞のリニューアル
  • 筋肉の改善
  • 骨密度の増加
IGFBP [インスリン様成長因子結合蛋白質]
  • 細胞の成長を促進
  • 新しい皮膚細胞創生
MCP-1 [単球走化活性因子]
  • マクロファージの増殖刺激と細胞活性化
  • 老化細胞・異物・過剰生成メラニン色素などの除去
IL-8 [インターロイキンファミリー]
  • 表皮細胞の増殖、抗炎症作用に起因する創傷治癒の向上
M-CSF [マクロファージコロニー刺激因子]
  • 細胞の増殖、分化および活性化に必要なサイトカイン

国内製造サイトカインを使用しています

今回当院では、最も厳しい基準が設けられている第一種再生医療等技術をはじめ、第二種、第三種にも対応する国内CPC(Cell Processing Center;培養センター)で培養された ヒト臍帯幹細胞培養上清を使用しています。

海外から輸入されているものの多くと異なり、動物由来培地(培養液)を使用していませんので、安全性も更に高まります。

ヒト臍帯幹細胞を無血清培地にて培養し、その上清中の不純物を取り除きタンパク質を精製・濃縮した培養上清を使用しています。

当院で可能なサイトカイン療法の種類

サイトカインは細胞の再生・増殖を促す効果がありますので、様々な部位の治療に活躍します。
美容皮膚科である当院で行えるサイトカインを使用した治療法は以下の2種になります。

肌に直接注入

加齢によって衰えた肌細胞をサイトカインによって再度活性化させることで、修復力が改善し、肌の再生が促進していきます。

顔や首、手の甲など、エイジングを特に受けやすい部位に集中的に取り込ませることで、その効果をより実感していただけることでしょう。

点滴で全身へ

当院で使用する臍帯幹細胞培養上清は、従来の数十倍〜数百倍のサイトカインを含みます。さらに、現在市中で使用されている上清と異なり、更に精製・濃縮されたサイトカインを採用しています。
濃縮されたサイトカインを点滴で体内に行き渡らせることで、減少したサイトカインを補い、全身の細胞・組織の再生を活性化させる効果が期待できます。

幹細胞サイトカイン療法によって、肌だけではなく、体全体でエイジングケアを行える時代が より身近になってきました。

料金表

臍帯幹細胞サイトカイン療法は始まったばかりの治療法のため、価格が予告なく変更になる場合があります。ご了承ください。

肌に直接注入

カクテル量 治療範囲の目安 料金
2バイアル 全顔 80,000
3バイアル 全顔+首 110,000
4バイアル 全顔+首+手の甲 140,000

点滴で全身に

カクテル量 料金
1バイアル 40,000
2バイアル 60,000
3バイアル 80,000
※高濃度ビタミンC 12.5g追加 +5,000
※水素追加 +5,000

考えられる副作用・リスク

サイトカイン療法に伴う副作用としては、治療後の発赤 注射痕 内出血の可能性があります。
また、アナフィラキシー症状を呈する可能性はあります。動物由来の培地を使用した製剤で特に頻度が高まりますが、 当院で使用している臍帯幹細胞培養上清では、動物由来の培地を使用しておりませんので、そのような症状を呈する可能性が更に低くなっています。
この治療法で用いられる医薬品・医療機器は国内においては薬機法上の承認を受けていません。
*承認を受けていない医薬品・医療機器について「個人輸入において注意すべき医薬品等について」のページをご確認ください。
国内で製造され安全性を各種検査で確認した原料を、院内で調剤し院内製剤としています。

2018/09/22 更新