ルビーフラクショナル

ルビーフラクショナル 一歩進んだしみ・あざの治療をダウンタイムなく実現ルビーフラクショナル 一歩進んだしみ・あざの治療をダウンタイムなく実現

シミ・あざの治療が Qスイッチレーザーの効果 光治療の手軽さ・安全性で可能になりました。

ルビーフラクショナルは、光治療器の手軽さとQスイッチレーザーの効果で 従来のシミ治療を根底から覆す可能性を持つ最新機器です。通常のシミだけでなく 肝斑や後天性真皮メラノサイトーシス等の痣の治療も同時におこなうことができます。

新しいQスイッチレーザー「ルビーフラクショナル」は、照射後からメイクが出来るだけでなく 被覆材を必要とせず、色素沈着などのリスクも大幅に軽減させることに成功しています。
Qスイッチレーザーのしみ治療のキレの良さと、光治療の簡便さを兼ね備えた治療を提供することができ、且つ ADM治療のハードルを大幅に引き下げることに成功しています。

しみ治療にQスイッチレーザーを、ダウンタイム気にせずに

ルビーフラクショナルQスイッチレーザーは、しみ取りに 非常に高い治療効果を得ることが出来ます。
しかし、照射後に 暫くの間 ガーゼ等で被覆をする必要があり、また、一定期間シミが濃くなるなど 超えなければいけないハードルもあります。
高い治療効果の反面 ダウンタイムを考えると、第一選択とされなくなってきました。

両頬に斑点状に出ることが多い アザの一種 「後天性真皮メラノサイトーシス」(ADM)は 光治療器では太刀打ちが行かず Qスイッチレーザーでの治療が必要となります。
しかし治療回数がかかり、そのたびごとに 2週間ほどの被覆を必要としたり、一過性色素沈着も出るため、簡便に治療を行うことは困難でした。

これらの問題を解決したのが フラクショナルQスイッチルビーレーザー[ルビーフラクショナル]です。

通常のQスイッチレーザーの問題点を改善しました

ルビーフラクショナルは、従来型のQスイッチレーザーでの問題を大幅に引き下げることに成功しました。

光治療器は、シミの改善に大変効果的な治療法です。ほとんどのシミに効果的ということができますが、どうしても取れないシミには、Qスイッチレーザーを使用しなくてはいけません。
Qスイッチレーザーは、キレ良くシミを取り除くことができる反面 炎症後色素沈着や、被覆材で照射部位を保護する事が必要となることが問題とされます。

ルビーフラクショナルは、炎症後色素沈着の確率を最小限度にまで抑えつつ、被覆材を基本必要としないため、光治療に準じた気軽さで Qスイッチレーザーの治療を受けることができるようになりました。

光治療以上に ダウンタイムの影響が最小限度に済むことは ルビーフラクショナルの大きな特徴です。

ルビーフラクショナル 照射の図02

  1. シミが有ります。
  2. 微細な口径のレーザーがドット状に照射されます。
  3. ドット状に照射された部位の周囲から急速に回復
  4. ダウンタイムが最小限で回復します。

被覆材は必要ありません

ドクター照射通常のQスイッチレーザーでの照射では、シミに照射した後、10日ほどは、被覆材を貼る必要があります。照射後に一定の確率で起きる 炎症後色素沈着の可能性もあるため、ほんの数カ所のシミだけを対象とするとき以外は、第一選択にはならなくなりました。

ルビーフラクショナルでは、照射後直ぐにメイクをすることができ、且つ 照射後の赤みも1日ほどで引いてしまいますので、日常生活に困ることがありません。
光治療と コンベンショナルなQスイッチレーザーとの 中間的存在と言えます。

光治療に起きる 「かさぶた」も殆どありません

しみ治療 照射後早期光治療を受けられたことが有る方は お分かりになると思いますが、光治療・フォトフェイシャルを照射すると、シミの部分が反応すると 「カサブタ状」になります。「ごま塩状」という表現もされたりします。このような変化は 通常メイクで隠すことが出来ますが、多い場合にはチョット大変です。ルビーフラクショナルでは カサブタ状になる変化は殆ど気づかれません。あっけなく赤みが引いてしまいます。

カサブタ状にあまりならないため、効果が出ているのか 初めは心配してしまうほど 人知れず薄くなっていきます。光治療で起きる かさぶたも気になる方には ルビーフラクショナルは 良い適応だと思います。

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)治療の第一選択

後天性真皮メラノサイトーシスは、両頬に斑状で比較的暗い色のアザです。ルビーフラクショナルが 最も真価を発揮するのは 後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)でしょう。
アザの一種です。両側性に斑点状に出る 少し暗めの感じのシミのように見えます。

通常のシミよりも 色素が皮膚の深い部位(真皮層)にあるため、他のシミよりも暗めに見えます。発生する部位が 肝斑の好発部位でもあるために、肝斑と混同されていたり、通常のシミと同様に治療を受けていたりと、診断が付くまでに時間がかかってしまう方も多いようです。

ADMの治療期間を短縮

通常ADMの治療を行う際には、施設によって異なると思いますが、照射に伴う炎症後色素沈着等の副作用からの回復を待ちつつ 3ヶ月ほどの間隔を開けて照射を行っていきます。照射のたびに 被覆材で2週間ほど保護する必要もあり、治療を行えば完治も狙えるものであるのにもかかわらず、継続が困難な場合も多かったようです。

色素沈着や赤みのリスクを減少させ 副作用を最小限に

ルビーフラクショナルでの治療の際には、ダウンタイムも1日程 翌日には赤みもほとんど気にならなくなる程で、照射直後からメイクが出来るために 日常生活にあまり影響を与えずに 治療を進めていくことができます。さらに、数ヶ月に及ぶ回復期間を待つ必要が無いため、最短1ヶ月毎の治療行うことができ、総治療期間の短縮まで行えるようになっています。

肝斑も一緒に治療可能です

ルビーフラクショナルは、更に肝斑治療へ広がりました。出力を抑え 且つ フラクショナル照射を行うことで 肝斑の改善を促すことが出来ます。

ルビートーニングという手法を用いて肝斑を治療することが出来ます。ルビートーニングは 低出力で照射を行い メラニン排出を促進させる新しい照射方法です。フラクショナル化されたルビーレーザーは 皮膚へのダメージを最小限に留めつつ メラニン排出を促進させる効果があります。類似の方法としてレーザートーニングがありますが、通常レーザートーニングは1~2週間に1度のペースになりますが、ルビートーニングは 3~4週に1度のペースで行うことが出来ます。

(シビアな肝斑の場合には 肝斑改善集中プランで改善させてから ルビーフラクショナルへ移行します。)

光治療以上の効果で 生活への影響を最小限度にしたい方に最適

ルビーフラクショナルを受けられると 照射後しばらくして 赤みが落ち着いて 照射前と殆ど変わらなくなることに気づかれることだと思います。カサブタ状にもなりませんので 照射後にあまり悩まされることもないことでしょう。見た目の反応は少ないため 効果に乏しく感じてしまうかもしれませんが、Qスイッチレーザーに準じた治療効果を発揮し 治療が進む毎に[人知れず]薄くなっていきます。

更に光治療器では不可能とされる 真皮層の色素の治療も ルビーフラクショナルでは治療すること出来ます。通常のシミだけでなく 炎症の後に 真皮層にメラニンが落ちているような状態の場合には 光治療では効果を上げることは困難ですが、Qスイッチレーザーを元にした この機器は 真皮層の改善を促すことが出来ます。

光治療並みの手軽さと 通常のQスイッチレーザーに準ずる効果を併せ持つ ルビーフラクショナルは、光治療器以上の効果を ミニマムダウンタイムで希望される方には 最適な選択肢となると思います。

ヒアルロン酸導入で肌再生を促進

ヒアルロン酸導入ダウンタイム無しで光治療以上のシミ改善効果を発揮するルビーフラクショナル。その効果をさらに高めることができるのが、ヒアルロン酸導入です。

皮膚に足りなくなった保湿成分「ヒアルロン酸」をクライオエレクトロポレーションで効果的に導入することで、肌の張り、透明感をさらに回復させることが可能です。さらには、毛穴の引き締め、リフトアップ効果など、肌の鎮静と相乗効果が得られます。

ヒアルロン酸導入とは

施術料

ルビーフラクショナル 回数 施術料金
全顔
+ヒアルロン酸導入(美白)
1回 69,300

全顔

+ヒアルロン酸導入(美白)
+内服薬 トラネキサム酸

3回 200,200
6回 400,400
20,000円分のドクターズコスメ込
両頬 + 鼻 / ADM等
+ヒアルロン酸導入(美白)
1回 47,300

両頬 + 鼻
ADM等

+ヒアルロン酸導入(美白)
+内服薬 トラネキサム酸

3回 137,500
6回 275,000
10,000円分のドクターズコスメ込

リスク・副作用・合併症について

ルビーフラクショナルは 通常のシミ取りレーザーを微細なドット状に分割することで、日常生活への影響を最小限にとどめることを可能とした治療法です。
照射後に赤みが出ますが、翌日に殆ど引き またメイクをすることが可能です。
この治療法にかかるリスクは 通常のシミ取りレーザーと同様 照射後の赤み 熱傷、炎症後色素沈着です。治療開始初期に毛穴が反応して赤みが出ることがあります。
通常のシミ取りレーザーでは、炎症後色素沈着が起きる確率は 30~50%と言われています。
ルビーフラクショナルは 分割することで炎症後色素沈着の確立を極端に低下させ 更に回復を早めることで、日常生活への影響を最小限度に留めることが可能となりました。
この治療法で用いられる医薬品・医療機器は国内においては薬機法上の承認を受けていません。
*承認を受けていない医薬品・医療機器について「個人輸入において注意すべき医薬品等について」のページをご確認ください。
国内には同様の機器は存在しないため 医師のライセンス下で個人輸入し使用しています。
潜在的副作用 色素沈着 色素増強 刺激 発赤 浮腫 水疱形成 内出血(user manualより)
海外における承認取得情報

  • FDA 2014年7月17日
  • CE 2017年7月22日

製造元 Asclepion Laser Technologies