アンチエイジング検査

エイジングケア・若返り・肌再生エイジングケア・若返り・肌再生

体内バランスチェック

本ページは準備中です。今しばらくお待ちください。

エイジングケア/点滴療法の指標に ご自身の体の状況を知るツールとして 様々な検査を行っております。

日本は2007年に 21%を高齢者が占める「超高齢社会」に突入。2050年には 3人に一人が高齢者となると予測されています。超高齢化社会では 「如何に健康で若々しく過ごせるか」 が鍵となってきます。

体調管理・エイジングケアに 各種点滴療法,サプリメントは重要な役割を担います。適切な選択 その効果の評価のためには まずはご自身の体の状況を知ることが大切です。

病的老化を抑え、体が本来持つ能力を最大限に保つ」エイジングケアを行ないましょう。

また、長年肌トラブルでお悩みの方や 薄毛でお悩みの方なども 検査を受けることで より適切な治療法が見つかるかもしれません。

アンチエイジング検査で自分の体を知る

アンチエイジング検査は数分で測定が可能です。お待たせしません。
体の現状を把握し「健康」から「病気」へ移行する過程を 段階的に捉えて予防を行なうための検査です。

糖化 = 老化

過剰に糖質を取りすぎると体のタンパクと結合してできる最終糖化産物「AGEs」。体中に蓄積し、様々な老化現象、生活習慣病にかかわる健康リスクに直接影響を与える「元凶」と言われています。AGEsを計測することで、老化の進み具合 生活習慣病へのリスクの指標となります。

ミネラルの過不足 = 生理機能の低下

ミネラルは体の重要な構成成分であり、これが酵素の働きや代謝など 様々な生理機能を司どっています。体全体を構成する僅か4%程の微量栄養素ですが、これらがバランスよく存在していなければ健康を維持することも 生命活動を維持することも出来なくなってしまいます。

重金属・有害金属の蓄積

水銀 アルミニウム ヒ素 鉛 カドミウムなどの有害金属は 体内に蓄積されると 体にとって必要不可欠なミネラルや酵素の働きを阻害したり 活性酸素によるさび付き反応を促進させるなど様々な障害を引き起こします。

酸化ストレス vs 抗酸化力

活性酸素が体を錆びさせ 細胞を攻撃していきます。活性酸素を放置していくと 体はサビサビになり様々な病気の原因や老化の進行を促進させる要因となります。この活性酸素の攻撃を「酸化ストレス」と呼び その強さを表します。対して 体の酸化ストレスに対抗する力が「抗酸化力」。酸化ストレスが高く抗酸化力が弱い場合には 抗酸化力を高める必要があります。

体内糖化度検査 オリゴスキャン

検査は迅速10分で終わります。

アンチエイジング検査は 手掌・指先をセンサーに読み込ませることで、10分以内に終了します。

データの分析を行ない、現在の健康状態 対処の方法について ご説明をさせていただきます。

検査結果から適切な点滴療法・サプリを提案

アンチエイジング検査では 「糖化度」「酸化ストレス」「ミネラルバランス」「重金属の蓄積」の状態を調べます。

酸化の原因となる活性酸素、糖化によって発生するAGEsは、基本的に同時に発生しています。酸化した蛋白質や脂質は、糖化の影響を受けてAGEsに変化しやすいという特徴があります。

ミネラルバランスの乱れは 体の生命維持を司る 酵素の働きを阻害します。 有害金属の蓄積は 活性酸素の発生 必要なミネラル・酵素の働きを妨げ 必要なミネラルの吸収を阻害します。

これらの情報を基に 必要な点滴療法 サプリメントを提案します。

点滴療法について詳しく

検査料

アンチエイジング検査 15,000
診察料 3,000

遅延型フードアレルギー検査

「なんだかいつも調子が悪い」その原因がわからない場合 食物などを摂取した際に 数時間後から数週間後に遅れて現れるアレルギー症状かもしれません。

一般的なアレルギー症状として認識されず、慢性的な疲労感、頭痛、めまい、眠気、不眠、イライラ、うつ、肩こり、便秘、下痢、肌荒れ、にきび、アトピー性皮膚炎などとなって現れます。

体の状態を知り適切な「アンチエイジング」を

「アンチエイジング」と聞くと 不老不死を連想してしまう方も多いと思います。科学の進歩によってSF的発展もあるかもしれませんが、本来の「アンチエイジング」は「抗老化」=老化に抗うことを指します。

「生理的老化」は必然だが「病的老化」は抗える

体は何十年も使用され消耗していきます。これを「生理的老化」と呼びます。必ず加齢が進む以上 生理的老化は 現時点の医学では避けることはできません。

対して 動脈硬化 高血圧や糖尿病,骨粗鬆症等だけではなく 体の「酸化」「糖化」「重金属の蓄積」による影響など 生理的老化を加速させることで進む老化を「病的老化」と呼びます。

生理的老化は避けることは叶いませんが、病的老化は 対処可能です。

「病的老化」を抑え、体が本来持つ能力を最大限に保つこと。

病的老化の原因となる因子を減少させ 体の状態を最大限良い状態に保つこと それが「予防医学」であり「アンチエイジング」の目的です。

各種検査によって 今の体の状態を知ることで、必要なエイジングケア対策を行ないましょ