高濃度グルタチオン点滴

高濃度グルタチオン点滴高濃度グルタチオン点滴

「最強の美白点滴」と称される、高濃度グルタチオン点滴。

グルタチオンは人間の体の中のほとんどの細胞に存在している抗酸化物質です。
グルタチオンには優れた美白作用があるため、この働きを如何に維持していくかが美肌の重要なポイント。点滴で大量に取り入れることで 体の内側から美白効果が期待できます。
更に、強力な抗酸化作用で 老化や様々な病気の予防・改善、疲労回復にも大きく寄与します。

エイジングケア美白、両面を兼ね備えているのが高濃度グルタチオン点滴です。

このような方にお勧めします

  • 美白・美肌を目指したい方
  • 活性酸素除去で老化を防止したい方
  • 慢性疲労を回復したい方
  • 有害物質を除去(デトックス)したい方
  • 重金属を除去(マイルドキレーション)したい方
  • アルコールやウイルスによって衰えた肝機能の回復をしたい方
  • パーキンソン病の方
  • その他、エイジングケアしたい方など

グルタチオンとは

グルタチオン分子配列図

グルタチオンとは、グルタミン酸、システイン、グリシンという3つのアミノ酸が結合したトリペプチドです。

グルタチオンは、肝臓などの人間の体の中のほとんどの細胞に存在します。
細胞内で活性酸素や過酸化物質から細胞を保護する抗酸化物質として、また、異物を細胞外に排出する解毒作用のある物質としてなど、グルタチオンは生体内で重要な働きをもっています。

グルタチオンには、肌を輝かせる様々な効果があります。

強力な美白効果

グルタチオンには、シミの原因となるメラニンの合成を阻害する作用があることが知られています。
美白・美肌のための様々な海外製のサプリメントにも多く採用されています。(日本では医師の処方が必要な成分となっています)

美白点滴として大量のグルタチオンを摂取することで強力な美白効果が期待できます。また、美肌治療の各種レーザー治療などとの相乗効果も大いに期待できます。

チロシナーゼ活性を阻害

シミ発生のメカニズム

皮膚内にはメラニンを作る細胞「メラノサイト」がいます。
メラノサイトは、チロシナーゼという酵素を使用してメラニンを生成します。グルタチオンは、このチロシナーゼを抑制し、メラニン合成を阻害してくれます。

グルタチオンは元々肌の細胞内にもあり、上記の働きによってシミ・色素沈着が抑制されています。
しかし、加齢や紫外線の影響などによって減少してしまいます。そのため、シミ・色素沈着が残り続けてしまうと考えられます。
グルタチオン点滴で直接体内に取り込んでグルタチオンを補うことで、シミの定着を防ぐ元々人体に備わった力を回復することができます。

グルタチオンの強力な抗酸化・解毒作用

様々な病気や老化を引き起こす原因として有名となった活性酸素/フリーラジカル
フリーラジカルは、体を錆びさせダメージを与えることで様々な悪影響を与えていきます。
この活性酸素を無毒化することができるのが、抗酸化物質です。

現代はフリーラジカルに囲まれている

フリーラジカルは老化や様々な病気を加速させる原因と考えられています。
フリーラジカルは、タバコや排気ガス、放射性物質、農薬、空気汚染、食品添加物、医薬品、重金属、更に紫外線など、様々なものから発生してしまいます。
現代生活では切り離すことのできないあらゆるものが、フリーラジカルの発生源となっているのです。

グルタチオンは強力な抗酸化物質

グルタチオンは高い抗酸化力を持つことでも知られています。
体は加齢とともに徐々にサビていきます。錆びさせる大きな要素が活性酸素です。
活性酸素を除去することは、エイジングケア・肌質改善・日々の体調維持に大いに寄与してくれます。

更に、グルタチオンは効果を発揮し使用された他の抗酸化物質(ビタミンCやE等)の効果を回復させたり、強力な酸化物質である「ヒドロキシラジカル」の発生を抑制してくれる効果があります。
発生してしまったヒドロキシラジカルには水素点滴が有効ですので、併用して抑制すると更に効果的になります。

デトックス・解毒効果(体内解毒)

グルタチオンは身体のほとんどの細胞で生産されますが、特に肝臓で多く作られています。
肝臓では、グルタチオン抱合という作用によって、体内に侵入した毒素や有害な薬物、重金属を抱え込み解毒する重要な役割を果たしています。

しかし、現代社会は有害物質(薬・化学物質・重金属・毒物)に暴露する機会が多くなってしまいました。
そのため肝臓での解毒の許容量を簡単に超えてしまい、様々な有害物質のダメージの蓄積によって、グルタチオンは容易に枯渇してしまいます。
体内の解毒機能をしっかり作用させるには、グルタチオンを十分量確保することが重要になります。

グルタチオンは容易に枯渇する

グルタチオンは様々な細胞で作られますが、最も多く作られるのが肝臓です。
活性酸素や様々な毒素が体内に入ってきた際に、グルタチオンはこれを積極的に除去・解毒してくれるのです。
ところがグルタチオンは急速に消費されていくことで、枯渇しやすいことでも知られています。

枯渇すると様々な障害が起きる

グルタチオンが消費され枯渇すると、様々な感染症に弱くなることが分かっています。また肝臓で多く作られているので、C型肝炎など持続的な炎症・ウイルス感染症が起きている場合も枯渇してしまいます。
グルタチオンを補充することは、美白のみならず、健康維持やエイジングケアには非常に重要なのです。

パーキンソン病へのグルタチオン療法

脳内の一番の抗酸化物質として働いているのがグルタチオンです。
脳内では黒質からドーパミンが生成されますが、同時に活性酸素も生成されます。この活性酸素をグルタチオンは除去してくれています。

パーキンソン病ではこの内因性グルタチオンが枯渇した状態となり、脳内の活性酸素を除去することができなくなり、活性酸素が黒質に障害を与えてしまいます。
いわば、水(グルタチオン)が無くなったために、熱している鍋(脳)が焼き付いてしまっている状態です。

グルタチオン点滴でグルタチオンが補充されると、活性酸素が除去されドーパミンの生成が回復されます。
グルタチオン療法は、パーキンソン病の治療にも使用されるようになってきています。

グルタチオンは点滴でしか十分に吸収できない

グルタチオンはアミノ酸の一種です。
アミノ酸は胃腸で容易に分解されてしまいます。そのため、サプリメントで十分量を摂取するには、残念ながら限界があります。
グルタチオンを体内に効率よく最大限に摂取するためには、点滴が最善の方法と言えます。

美白だけでなく、エイジングケア・健康維持にグルタチオン点滴は良い選択肢

グルタチオン点滴は、紫外線からの影響を抑え、メラニン合成を阻害し、美白効果を発揮します。
それだけでなく、強力な抗酸化/解毒作用によって、体の健康を守ってくれます。

体内のグルタチオンは、老化や紫外線、様々な病気・感染症に対応するために、積極的に消費されていきます。そのため、枯渇しやすいことが大きな問題です。
点滴で大量のグルタチオンを補充することは、美白・美肌の獲得のみならず、老化のスピードを抑制し、健康的な体の維持改善につながるのです。

水素との併用で相乗効果が期待できます

水素点滴

体を錆びさせる悪玉活性酸素の代表格が「ヒドロキシラジカル」。DNA・細胞内器官・細胞膜・組織蛋白などを強力に酸化劣化させてしまいます。
このヒドロキシラジカルを選択的に除去してくれる抗酸化物質が「水素」です。水素を点滴内に過飽和充填することで、血管内の活性酸素を取り除き、グルタチオンが体全体に行き渡る際の効率を高めるなど、相乗効果を発揮してくれます。

料金表

    料金
高濃度グルタチオン点滴 800mg 8,000
1000mg 12000
2000mg 16,000
3000mg 20,000
+水素   +5,000

副作用 リスク

高濃度グルタチオン点滴の副作用としては 極稀に一過性の頭痛や吐き気が出ることがあります。投与中止により収まります。