ボトックス注射

BOTOX VISTA
ボトックスビスタ注射

BOTOX(ボトックス)は 表情を作った際にできるしわに有効です

表情を作る際にできるしわ、いつも気になるしわを浅くしたい際には、局所の筋肉や末梢神経を抑えることのできるBOTOX(ボトックス)が有効です。
当院では、ボトックスビスタを使用しています。本剤は2013年3月現在、米国、イギリス、ドイツ、フランスをはじめ世界80カ国以上で眉間の表情じわを始めとするしわの治療へ適応を取得しており、世界で1,100万人以上が美容医療分野でボトックス注射による治療を受けています。

BOTOX VISTA ボトックスビスタについて

ボトックスビスタ

ボトックスは1970年代から眼科、神経内科において、顔面チックや斜視、多汗症など、筋肉の活動亢進から起こる多くの疾患に用いられており、その安全性はすでに確立されています。
美容治療に応用され始めたのは1980年代後半から、2002年には眉間のしわ治療薬として米FDA認可を受けました。現在は約80ヶ国で使用されています。
シワの治療薬としては、すでに多くの国で承認され、 日本でも眼瞼痙攣の治療薬として、1997年4月から厚生労働省の認可を受けています。

ボトックスビスタは、日本法人アラガンジャパンが 極めて精密な温度管理の元安全性を確立し輸入された 厚生労働省により薬事承認された唯一のA型ボツリヌス毒素製剤です。

ボトックスビスタによる シワ治療について

  • ボトックスビスタによるシワ治療は、手術ではなく 治療部位に注入するだけですから、ほんの数分で終わります。
  • ボトックスの注入後 ほぼ直ぐに日常生活に戻ることができます。
  • 注入後3日前後で効果は現れてきます。1~2週間ほどで効果が安定してきます。

[su_video url=”/video/BotoxVISTA_PV.mp4″]

ボトックス注入が効果的なシワ

ボトックスが有効なシワは、筋肉を動かした時にできる 表情じわです。特に 眉間の皺や額のシワには、効果的です。主な治療部位を上げてみました。

  • 額の横シワ
  • 眉間のシワ
  • 鼻の付け根のシワ
  • カラスの足跡(目尻のシワ)
  • おとがい線(あご先のシワ) 等

様々な部位に治療をすることができます。

症例写真

before1
after1
before2
after2
before3
after3

ボトックス注射で気をつけなければいけないこと

ボトックスは、表情筋の動きを制限することで、簡便にシワを寄りづらくすることができる治療法です。非常に簡単に治療ができるのですが、少々気をつけなければいけない点があります。例えば額の横ジワ。額の横皺が入るような人の場合には、目を見開く際に 額の筋肉が手助けしている場合があります。眉毛を抑えて 目を開いた時に 眉毛も一緒に上がってしまうような方の場合には、ボトックス注射は十分気をつけるべきでしょう。額の筋肉の動きが制限されると、十分に開眼することができない場合があり、目つきが悪くなったように見えてしまうこともあるからです。

また、目尻のシワも 人によっては気をつける必要があります。目尻にシワが因るような方は、表情豊かな方が多く にこやかにされていらっしゃるように思います。目尻をボトックスで動きを制限すると シワが寄らなくなることで、シワが入らなくなりますが、「目だけ笑っていない」というように見られることもあります。

ご希望する効果によって、ボトックスの適応かどうか変わってきますので、担当医が、十分に検証し診察の上適応かどうか判断します。ボトックスは全てのシワに効果的ということではなく 非常に良い適応となる部位もあれば 不得手な部位もあります。ボトックス以外の治療法 (ヒアルロン酸注入イージスヤグ)もシワ治療の選択肢として良い方法です。

ボトックスで汗を抑えて すっきりとした毎日を

いつも気になる脇の下の汗。多汗症の方には手術だけではなくBOTOXによって汗の分泌を促す交感神経を抑えて、汗の量を減らすことができます。また、多汗症では手のひらの汗にもBOTOXは効果があります。
メスを使用するわけではないので、気軽に受けることができます。汗が多くて困っている方に特にお勧めの方法です。
また、当院では、BOTOX(ボトックス)の治療とともに脇の下のレーザー脱毛を併用されることをお勧めしております。
BOTOX(ボトックス)でまず汗を抑えてしまい レーザー脱毛にて、毛根にダメージを与えることで、さらに相乗効果を期待することができます。

脇汗ボトックス

小顔効果もボトックスで (小顔ボトックス)

ボトックス注射の良い所は、筋肉の動きを安全に制限することができる点です。この点を利用して 筋肉のボリュームを減らすこともできます。
一番端的に効果が実感できるところは、顔のエラのように見える噛むための筋肉(咬筋)のボリュームを減らすことができることです。

咬筋は強力な筋肉ですので、ボトックスで外側の筋肉のみを減少させても 食事などに影響は出ませんが、輪郭が整い,小顔効果は大変高いと言えます。

小顔ボトックスの際には、筋肉の動きを制限させて、ボリュームが減少してくるまでに 1~2ヶ月かかります。更に効果をより高めたい場合には、数回行うとより効果的ですので、担当医とよくご相談の上 治療計画を立てていくことよいでしょう。

小顔ボトックス

ふくらはぎを細く 美脚ボトックス

小顔ボトックスと同様に 筋肉量で太くなっている ふくらはぎを細くしていくことができます。ふくらはぎを手軽に細くできる治療法として、脂肪吸引よりも、ボトックスによる美脚治療を望まれる方が増えてきています。
ふくらはぎに数箇所ボトックスを注射すると、気になるふくらはぎが細くなりって、女性らしいラインになっていきます。

美脚ボトックス

ボトックス注射 料金表

ボトックス注射 回数 施術料金
表情ジワ
治療部位、状態によって使用する単位数(量)は異なります
1か所 30,000
小顔治療 1回 80,000
ふくらはぎボトックス 1回 80,000
2回目以降3ヶ月以内 60,000
多汗症/ワキガ 1回 80,000
メドジェット併用 +10,000
手掌・足底多汗症 1回/メドジェット使用 100,000
肩こりボトックス 1回 60,000