シミ治療(そばかす,しみ,アザ)

しみ・そばかす・あざ・後天性真皮メラノサイトーシス・肝斑しみ・そばかす・あざ・後天性真皮メラノサイトーシス・肝斑

気になるシミそばかすは、日常生活への影響を最小限度に留めながら行なうことが 現在の主流となってきました。。のシミ取りレーザー治療のように テープでカバー するようなわずらわしさも必要ありません。

照射後にすぐお化粧が出来ることも魅力です。

医師が照射する数少ないクリニックです。

当院では、IPL光治療器/各種レーザーを個々の状態にあわせたカスタマイズ治療を行っています。 最新レーザー・ルビーフラクショナルも登場し、シミの改善に更なる効果を実感していただけるようにありました。

肌専門ならではの効果を実感下さい。

当院の特徴

最新IPL機器を使用し,効果を最大限に高める照射法

シミ治療に使用する光治療器光治療器(IPL,フォトフェイシャル)は、シミ、そばかすの治療のスタンダードとなりました。従来から行われているレーザー治療では 照射後の何割かに炎症後色素沈着がおきてしまい、(最終的に改善するのですが、)治療期間はあまり変わらないものとなってしまいます。
それに対し 光治療は、色素沈着などのダウンタイムを気にせずに、顔全体のシミ治療を行っていくことが最大のメリット。
当院では 光治療器の効果を最大限に得ることを目的に 安全を確保しながら照射出力を高めること独自の技術を蓄積して来ました。
最大限に性能を引き出しつつ 副作用を最小限度に抑えることを可能としています。

ルビーフラクショナルで今まで以上のシミ・アザの改善が可能

ルビーフラクショナル顔のシミ,真皮メラノサイトーシスのようなアザ(痣)では、光治療器では、難しいこともあります。

当院では、最新のフラクショナルQスイッチルビーレーザーを 日本初導入し、通常のシミだけでなくADMなどのアザにも高い効果を発揮しながらも 日常生活への影響は最小限度になりました。。通常のレーザー治療では必要であった照射後の被覆材も、このレーザーでは必要ありません。照射後の色素沈着などのリスクを軽減することに成功した 新しいタイプのQスイッチレーザーです。

当院のシミ治療の特徴

  1. 医師が照射します。
  2. 安全に適切な出力で照射を可能とすることで、機器の性能を最大限に引き出します。
  3. 豊富な治療法で、様々な症状に対応します。

肌画像診断装置VISIAで肌を詳細に分析

canfield visiavisia2-img顔のシミ、アザ,肝斑など 肌の状態を詳細に分析することが重要です.当院では 肌画像診断装置VISIAを用いて、肌状態の評価を定期的に行います。

カラー写真とUV写真を撮影、「シミ」「シワ」「毛穴」「肌の色の均質性」「ポルフィリン」「かくれジミ」の解析ができます。写真から、経過を見ていくことができますので、効果の変化を追っていくことができる非常に重要な機器です。

シミ治療に使用する機器の紹介

医師が あなたの肌状態に合わせて機器,施術法を選択。適切な複合照射を行います。

ルビーフラクショナル シミ・ADMを強力に除去する最新レーザー

フラクショナルQスイッチルビーレーザー

後天性真皮メラノサイトーシス等の「痣」に、フラクショナル化することで 照射後の被覆材を基本必要とせず、色素沈着のリスクも格段に軽減され、ADM治療が受けやすくなりました。

BBL 複数フィルター搭載の最新IPL

光治療・フォトフェイシャルも進化してきました。

7種類のカットオフフィルターを使用できる最新光治療機です。様々な肌状態に柔軟に対応できます。更に光の波長の偏りを均一にするスクエアパルス照射を可能にし、安全性と確実性をより高めています。

Tattoo Star COMBO マルチQスイッチレーザー

Qスイッチレーザーでしみ治療

シミ治療代表2種のQスイッチレーザー YAG・RUBY を搭載するマルチレーザーシステム。非常に短い時間に高出力で照射し、シミの細胞のみを破壊し、周囲へのダメージを最小限度に

レーザートーニング 肝斑を含めた肌質改善治療を行う

レーザートーニングは、肝斑や炎症後色素沈着の治療に最適です。

通常,肝斑の治療には、レーザーは禁忌といわれています。その概念を打ち破り、肝斑をはじめとしたシミの治療,肌質改善を可能とした治療法がレーザートーニングです。光治療との併用で相乗効果が得られます。

カーボンピーリング くすみを取り除き 毛穴を引き締める

カーボンピーリングは毛穴を引き締めくすみを取り除きます。

くすみを取り除き,毛穴を引き締めることができる治療法がカーボンピーリングです。 光触媒効果で肌の活性化,シミそばかすの還元,毛穴の殺菌を促します。

ケミカルピーリング 美肌治療は,ここから始まる

ケミカルピーリング

美肌治療のスタンダードといえば「ケミカルピーリング」です。肌のターンオーバーを正常化し、メラニン排出を促進。キメが整った透き通る肌へと導きます。
 
 

ヒアルロン酸導入 乾燥肌の再生に最適

ヒアルロン酸導入

注射器を使用しないで、ヒアルロン酸などの美容成分を肌深層まで大量に導入できる最新技術です。肌再生に必要な成分を効率良く導入することができます。
(オプション)

イオン超音波導入 肌を鎮静させ回復を促進

イオン超音波導入

ビタミンC,トラネキサム酸,アミノ酸など肌再生に必要な様々な成分を効果的に導入することで、保湿力を高めつつ、肌再生を促進させます。
(オプション)

お勧めの治療法

ルビーフラクショナル

痣の改善にルビーフラクショナル

強力なシミ取り効果とIPL並みの気軽さを併せ持つ理想的な形

Qルビーフラクショナルレーザーは、照射後からメイクが出来るだけでなく 被覆材を必要とせず、色素沈着などのリスクも大幅に軽減。
Qスイッチレーザーならではのシミ治療のキレの良さと、光治療の簡便さを兼ね備えた治療を提供することができ、且つ ADM治療のハードルを大幅に引き下げることに成功しています。

Qルビーフラクショナル

シミの種類

いわゆる「シミ」(日光性色素斑,老人性色素斑)

加齢とともに最も出来やすいシミです。通常言われるシミのほとんどがコレに当たります。日光性色素斑、老人性色素斑、日光性黒子等と言われます。大小様々の丸状の境界明瞭な形で、そばかすのように小さなシミとして多数出てきたり、大きなシミとして出現する場合もあり、様々です。主に30代頃から増えていきます。顔だけでなく 手の甲や腕など紫外線の影響をうけやすい部位に出やすいことが特徴です。紫外線による表皮の老化現象と言われています。加齢とともに濃くなってきたり,膨らみが出てきたり(脂漏性角化症)することがあります。

治療法

日光性色素斑は数が多い場合が多いため 光治療器BBLを主力とした治療を行います。その上で必要に応じてQスイッチレーザーを併用することで、日常生活への影響を最小限度にとどめながら、シミ取りを進めていくことができます。

雀卵斑(そばかす)

直径3~5mmほどの茶色い小さいシミが、両頬から鼻にかけて多数出るシミです。幼少期からみられ、思春期の頃に最も濃くなります。遺伝(常染色体優性遺伝)によるものと考えられています。紫外線からの影響で濃くなりますので、日焼け防止が重要です。

治療法

光治療の良い適応です。また、フラクショナルQスイッチルビーレーザー等を使用することで、テープ保護などをすること無く、そばかす除去を進めていくことができます。

肝斑

肝斑は、治療が困難な”シミ”の一つとして知られています。30代以降の女性に多く見られる左右対称性の色素斑です。頬部、頬上部に多く見られますが、上口唇や、下顎、額にも見られることがあります。肝斑は、日本人女性の実に3割が肝斑であるともいわれているシミです。

治療法

昔は肝斑のレーザーは悪化させるために禁忌と言われていましたが、現在はレーザー治療が積極的に使われるようになっています。レーザートーニング,カーボンピーリングや,肝斑用の照射法による光治療を主体とした方法と、トラネキサム酸,各種ビタミン剤の内服を併用して治療を進めます。日々のスキンケアによって悪化させている場合がありますので、それらの見直しも行なっていきます。

くすみ

加齢に伴い皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)が滞り 不要となった角質が剥がれ落ちづらくなっていきます。それに伴いメラニンの排出が滞ることで、くすみの原因となります。肌のターンオーバーが遅くなることは、正常な角質の生成が不十分となるため、乾燥の原因ともなります。

治療法

カーボンピーリング,光治療の良い適応です。肌の透明感,ハリ感の回復を促していきます。タルミの改善には、スキンタイトの併用もお勧めです。

後天性真皮メラノサイトーシス (ADM,遅発性太田母斑,あざ)

額の両端、頬骨部、鼻翼部などに、直径1-3 mmのおよそ灰褐色の色素斑が、幾つかまとまって出現する アザの一種です。皮膚の深いところ(真皮層)でメラニンが存在しているため、やや暗めの黒~茶色に見えます。

治療法

フラクショナルQスイッチルビーレーザーを使用します。被覆材を基本必要とせずに照射を行うことができ、治療直後からメイクをすることができます。赤みも翌日には、ほぼ引いてしまうため、従来のQスイッチレーザーを受けられたことがある方には、あっけなく感じてしまうかもしれません。比較的短いスパンで治療を進めていくことができるため、結果としての治療期間が短縮されていきます。この改善によって、ADM治療を躊躇されていた方には、より受けやすい環境となってきたといえるのではと思います。

シミ取りなら光治療。その最新機器をお試しください。

光治療でのシミの反応

しみ治療 目尻のシミ 術前 しみ治療 照射後早期 しみ治療 照射後
日光性色素斑の症例写真

 

 

 

目尻のシミが特に気になります。

照射後早期

 

 

 

シミが浮き出てかさぶたのように反応します。この際特にガーゼ保護などは必要としません。そのままお化粧が可能です。

照射後

 

 

 

シミはかさぶたとなってはがれおち肌質が改善され、くすみや毛穴も改善されていることがわかります。

しみ治療 照射前 拡大写真 しみ治療 照射後早期 拡大写真 光治療 照射後 拡大写真
目尻のシミの拡大写真 シミに反応しています。 照射後早期の写真新しい肌に置き換わっていきます。

シミ治療 症例写真

クリックすると拡大します。

光治療前後1
光治療前後2
光治療前後3
光治療前後4
光治療前後5
光治療前後6
光治療前後7
光治療前後8
光治療前後9
光治療前後10
光治療前後11
光治療前後12
光治療前後13
光治療前後14
光治療前後15
光治療前後16
光治療前後17

治療費

  回数 施術料
ルビーフラクショナル 両頬 30,000
全顔 50,000
ヒアルロン酸導入 他の施術と
同時の場合
10,000~