Qスイッチレーザー(ルビー,YAG)

タトゥースター エフェクト コンボ
TattooStar Effect combo

日光性色素斑、ADM、入れ墨(タトゥー)除去に効果的なQスイッチレーザー・マルチプラットフォーム

代表的な2種類のQスイッチレーザーを搭載

現在のシミ治療は、光(IPL)治療を中心に行われています。 しかしながら、光治療は、マイルドに効く半面、すべてのシミに対応しきれるわけではありません。

光治療で取れないシミを効果的に治療することができるのが、Qスイッチレーザーです。

  • QスイッチYAGレーザー(532,1064)
  • Dyeハンドピース(585)
  • QスイッチRubyレーザー(694)
  • ロングパルスYAGレーザー(1064)
  • フラクショナルQスイッチRubyレーザー(694)

様々なシミに効果的な,レーザー治療を提供することができます。また、入れ墨除去には、これ以上の機器はないでしょう。

光治療とQスイッチレーザーの比較

現在のシミ治療は、光(IPL,フォトフェイシャルなど)を中心に行われています。
Qスイッチレーザーは、強力にシミ治療ができる機種ですが、主力とはなっていません。
その理由は、

  • 照射後カバーが必要であること。
  • アジア人は欧米人と比較し、一過性の炎症後色素沈着を起こす可能性が高い。

そこで、光治療で大まかにシミを改善させたのち、必要に応じてQスイッチレーザーで、残ったシミを治療しています。

indication 694nm  ruby 532nm KTP  585nm Dye  1064nm Nd-YAG 
シミ シミ 表層のシミ 暗め、深めのシミ
刺青(Tattoos) 黒 緑 暗めの色 黒 暗めの色
アートメイク 黒 暗めの色 黒 暗めの色
外傷性刺青 yes no no yes

上記のように、レーザーの種類によって治療可能な範囲が異なります。
そこで、複数のレーザーを使用する事で、より細やかな治療を行うことができます。

 アジア人の肌に合わせて開発された フラクショナルQスイッチルビーレーザー

フラクショナルQスイッチルビーレーザーハンドピース手軽にシミ治療が受けられる光治療と、強力な効果のQスイッチレーザーの双方の利点を合わせた機器が開発されました。

肌の若返りと、シミの改善の治療を目的に、 アジア人の肌質に合わせて開発された最新機器が、 フラクショナルQスイッチルビーレーザーです。

シミ治療効果の高いQスイッチレーザーをフラクショナル化することで、色素沈着の発生をできる限り低減させ、シミ治療の幅をより広げることが出来ました。治療状況にもよりますが、

  • カバー(被覆)の必要もなくなり、
  • 早期にメイクも可能。
  • 痛みが少ない。

光治療の弱点をカバーする点で、大変期待できる機器です。

詳細ページへ

治療費

QスイッチYAGレーザー
Qスイッチルビーレーザー
直径10mm迄 1ヶ所 10,000
10mm以上
1mm毎
+1,000
フラクショナルQスイッチルビーレーザーは詳細ページへ
==タトゥー(入れ墨)除去レーザー治療==
治療費の算定方法の詳細は、こちらを参照ください。
タトゥー・入れ墨除去レーザー治療費の計算方法

#保険適応外の治療です。