ネオジェン PSR Evo

ネオジェン PSR EVO 窒素プラズマであらゆる肌悩みを解消 肌質改善(キメ・くすみ・小じわ)・美白(肝斑)・にきび/にきび跡/毛穴の開き改善 ドラッグデリバリー効果で他の治療と相乗作用もネオジェン PSR EVO 窒素プラズマであらゆる肌悩みを解消 肌質改善(キメ・くすみ・小じわ)・美白(肝斑)・にきび/にきび跡/毛穴の開き改善 ドラッグデリバリー効果で他の治療と相乗作用も

窒素プラズマシステムによる美肌育成マシン
ネオジェン PSR Evo

治療の際に痛みが無く、様々な肌トラブル(肌質改善・シワ・毛穴・テカリ・ニキビ等)全方位的に効果を発揮するプラズマ治療器の最新モデルです。

美容医療機器として唯一FDA認可、CEマーク取得したプラズマシステムです。

nitrogen plasma Neogen PSR Evo

美肌・美白を育てる プラズマ美肌育成マシン

ネオジェンEVOのプラズマ治療によって得られる効果は多岐にわたります。

  • 肌再生・コラーゲン造成
  • 美白
  • 肝斑
  • 肌理・くすみの改善
  • 小じわ・ちりめんジワの改善
  • 毛穴の開き・黒ずみの改善
  • アトピー性皮膚炎後の色素沈着の改善
  • にきび・ニキビ跡の改善
  • テカリ・皮脂腺の抑制

上記のようなお悩みに効果を感じられます。
ネオジェンEVOは、美肌育成マシンと言えるほど幅広い治療適応を持っています。

黒いものに反応するレーザーや光治療器などと異なり、プラズマは色素に反応しません。その為、小じわの改善などを目的に、目の周りへの照射も安全に行うことが出来ます

プラズマは肌質改善に最適

肌のキメ・シワ・毛穴の開きの改善や美白には、プラズマは最適な治療法といえます。
肌の色に依存せず、肌の再生を促進させてくれます。

様々な肌トラブルに効果を発揮するため、ひとつひとつ悩みに合わせた治療をしていく必要はありません。
全方位的に効果を発揮するプラズマならではの簡便性です。

毛穴の引き締め・皮脂の抑制

プラズマの効果は多岐に亘りますが、毛穴の引き締め・皮脂の抑制効果は特筆すべきところでしょう。

このような場合にも、ネオジェンEVO のプラズマ治療は良い選択肢です。

痛みが無い・ダウンタイムが無い

プラズマによる美肌治療は、痛みが無く、ダウンタイムも無いことが特徴にあげられます。

また、レーザーや光治療器とは異なり、色素選択性が無いので、上瞼も安全に治療が可能です。

プラズマ治療のハードルの低さは、多くの方に好意的に受け入れてもらえそうです。

更なる肌質向上を求める方へ

当院のしみ治療の一番手・ルビーフラクショナルでのシミ除去が進んだ方へ、しみのない肌の維持と更なる肌質向上・美肌育成をご提案すべく、ネオジェンEVO治療機を導入しました。
また、レーザー除去するまでには至らないシミでお悩みの方へもお勧めできる治療です。

窒素プラズマの作用は他の治療法との応用性も高いので、合わせて治療することによって大きな相乗効果を目指せることも特徴です。

プラズマについて

固体・液体・気体に続く物質の第4の状態が「プラズマ」。
気体分子が陽イオンと電子に分かれ、非常に反応性の高い状態です。

自然現象や日常生活内でのプラズマ

プラズマは、太陽風、雷やオーロラなどの自然現象から、ネオンサイン・核融合炉・プラズマディスプレイ等、様々な場面で目にすることができます。
JAXAの惑星探査機「はやぶさ」に使われているイオンエンジンもプラズマ状イオンを噴射しています。

プラズマは多種ありますが、太陽や、核融合炉などは 高温プラズマ。
医療や工業用で使用されるプラズマの多くは 大気圧で発生させる低温プラズマです。

ネオジェンEVOは、低温プラズマです。

低温プラズマ

太陽フレアや核融合など数千~万度になる熱プラズマと異なり、医療用に使用されるプラズマは大気圧で発生させる低温プラズマです。
低い温度でプラズマ化するので、医療をはじめ様々な用途に使用されています。

医療分野でのプラズマの応用

  • ガン治療(癌細胞にプラズマを照射することによるアポトーシス(細胞死)の誘起)
  • 創傷治癒の促進
  • 遺伝子導入・プラズマによるエレクトロポレーション
  • アルゴンプラズマ等、止血・血液凝固
  • 滅菌・殺菌 等

近年、プラズマを医療分野へと応用する試みが世界的な広がりを見せています。

窒素プラズマが肌に与える作用

プラズマを肌に照射すると

プラズマは、光(レーザー)と異なり色素に反応せず、純粋にエネルギーとして反応します。
プラズマは非常に反応性が高いので、皮膚表面にプラズマを照射すると、その熱エネルギーは皮膚組織の水分を媒介に深く広がっていきます。

ネオジェンPSR Evo のプラズマ効果は、大きく分類して4つあります。

皮膚の新陳代謝を促進・美白

皮膚の再構築を促進させ新しくしていきます。
皮膚に溜まってしまっているメラニンの排出が促進され、肌のキメを整え美白化が促されていきます。

コラーゲンの増加

皮膚表面から深層までプラズマの熱量が均一に行き届き、細胞が活性化。コラーゲン・エラスチンの産生が促進されます。


殺菌・老廃物の除去

プラズマはアクネ菌を殺菌し、ニキビの改善に寄与してくれます。
更に、プラズマが老廃物を除去・気化し、肌をクリーニングしてくれます。

薬剤浸透性の亢進

プラズマが照射された肌は薬剤浸透性が上がり、治療後、サイトカインなどの肌再生成分を効率よく吸収することができます。
単純に導入するよりも薬剤の効果が高まるため、相乗効果が期待できます。

窒素プラズマだからこそ、薬剤浸透性が高まる

最近の知見として、プラズマによるドラッグデリバリー効果が挙げられています。

プラズマ照射後は、皮膚内への薬剤の浸透性が高まります。
サイトカインなどの美肌成分を効率的に導入させることが可能となるのです。

国内ではプラズマを使用した美容医療機器が増加してきました。
その中でも、ネオジェンPSR Evoは、唯一窒素プラズマを使用した機器です。

※右側がプラズマ照射 左は未照射。照射されている部位の浸透が早くなっていることがわかります。

プラズマの種類で異なる効果

現在、様々なプラズマ美容器がでてきています。

エステや医療施設に導入されているプラズマ美容機器の多くは、大気をそのまま使用した空気プラズマ。
大気中に放電させてプラズマを発生させています。
空気プラズマのドラッグデリバリー効果は、実はあまり高くありません。

プラズマを発生させるための気体の種類によって効果が異なるのです。

窒素プラズマが圧倒的に薬剤浸透性を高める

薬剤透過グラフ
出典元:東京工業大学

薬剤透過性は

窒素(N2) >> 酸素(O2) > ヘリウム(He) > アルゴン(Ar) > 空気(air)

の順で減少します。

窒素を使用したタイプ(本機)のプラズマが、他のガス種と比較し圧倒的に効果が高いことが、研究によって示されています。

プラズマと他の治療の相乗効果

プラズマ治療は、肌再生+薬剤浸透性が促進されます。
この作用を利用して、様々な治療法との相乗効果が期待できます。

ヒアルロン酸導入

ヒアルロン酸導入皮膚に足りなくなった保湿成分「ヒアルロン酸」をクライオエレクトロポレーションで効果的に導入します。

肌の張り、透明感をさらに回復させることが可能です。さらには、毛穴の引き締め、リフトアップ効果など、肌の鎮静と相乗効果が得られます。

「プラズマ」コースに付属します。
※「プラズマ・ライト」はイオン導入にて対応

ヒアルロン酸導入

幹細胞サイトカイン療法(プレミア)

ヒアルロン酸導入ネオジェン EVO のプラズマ治療は、このためにあると言っても過言ではないかもしれません。

肌再生を促進させる幹細胞培養上清を、より効率的に肌へ浸透させます。

プラズマが促す創傷治癒過程を強力に助けるなど、一段上のエイジングケアとして欠かせない治療法と言えます。

「プラズマ・プレミア」コースに付属します。

臍帯幹細胞培養上清療法

ハイドラフェイシャル

ハイドラフェイシャルハイドラフェイシャルは、皮膚表面を徹底的に洗浄し、同時に肌再生成分・保湿成分を肌に浸透させる美肌マシン。

プラズマとの相性が非常に良く、毛穴の開き・黒ずみ ニキビの治療に効果的です。

毛穴の奥まで洗浄をかけることで、プラズマの効果が高まるだけでなく、各種導入剤の効果が底上げされる相乗効果が期待できます。

ハイドラフェイシャル

施術料

施術料 +ハイドラフェイシャル
プラズマ・ライト 33,000 56,000
プラズマ 40,000 63,000
プラズマ・プレミア 110,000 133,000

プラズマ・アイ

ネオジェン PSR Evo は、上瞼や目元のキワまでの照射も安全にできます。
色素に反応してしまうレーザー(光)ではなくプラズマを使用しての治療という特性が、ここで生かされています。

目の周りの小じわ・質感の改善のために、上記全顔治療にプラスして「プラズマ・アイ」コースも同時に治療いただけます。

プラズマ・アイ +20,000

※ 上記と同時の場合のみ

ネオジェン PSR Evo について

英 Energist社が、それまでの NEOGEN SPA /PSR の成功を受け、次世代のプラズマテクノロジーを搭載し開発した、最新プラズマ機器が NEOGEN EVO (ネオジェン PSR Evo)です。

全世界で50,000症例を超えるプラズマ治療がすでに行われ、30のIRB臨床対象治験を実施、7種の適応症が FDA にて承認されています。

NEOGEN シリーズは、世界70か国以上で使用されています。

この治療法で用いられる医薬品・医療機器は国内においては薬機法上の承認を受けていません。
*承認を受けていない医薬品・医療機器について「個人輸入において注意すべき医薬品等について」のページをご確認ください。
国内には同様の機器は存在しないため 医師のライセンス下で個人輸入し使用しています。

潜在的副作用
熱傷・色素沈着・一時的なブラウンチェンジ・皮剥け・発赤・掻痒感
海外における承認取得情報
FDA 2013年12月12日(K132754) , CE or CE medical marking, Health Canada, KFDA, SFDA その他
製造元
Energist(英)