レーザートーニング 肝斑治療

肝斑治療に有効な,今注目されている治療法です。

低出力レーザー照射によって,メラニンの排出を促進させ、シミ、肝斑を改善させていきます。
治療を重ねるごとに、皮膚内にあるメラニンの量が少なくなっていきますので、透明感のある肌へと改善されていきます。
メラニンを作るメラノサイトをあまり刺激せずに、少しずつメラニンの排出を促していきます。

かさぶたを作らず、すぐにお化粧をすることができますので、日常のメンテナンスとしても最適な治療法の一つです。

肝斑の治療 レーザートーニング

通常1週間に1度のペースで5~10回ほど(個人差があります。)を1クールとします。
その後は、1か月に1~2回の治療でメンテナンスをしていきます。4~5回程から薄くなってきたことは、実感できることが多いです。

肝斑の治療では、内服治療が大変重要です

レーザートーニングに限らず、肝斑治療では、ビタミンC, トラネキサム酸の内服が必須となります。
(内服されない方は治療を行いません。すいません)

トラネキサム酸が持つ抗プラスミン効果は、炎症を抑える効果があります。
何らかの刺激(物理的,紫外線など)・ホルモン等によってケラチノサイトから分泌されるプラスミンが、メラニンを作るメラノサイトを活性化し、メラニンを作るので、そこを抑える作用があると言われています。

肝斑のできる部位は、良くこすられる部位でもあります。単純にこすられたことによる慢性炎症の色素沈着と考える事も出来ます。慢性炎症を鎮めることで治療効果が得られると考えた方がわかりやすいかもしれません。

使用機器

タトゥースターエフェクト コンボ

qスイッチYAGレーザー,Qスイッチルビーレーザーを搭載した機器です。日光性色素斑,そばかす,ADM,肝斑など様々なシミに高い治療効果を発揮する最新レーザー機器です。

日本初導入のマルチレーザープラットフォーム。数種類のQスイッチレーザー,照射モードを搭載することで、様々な症状に柔軟な治療を行うことができます。

  • QスイッチYAGレーザー (532,1064nm)
  • ロングパルスYAGレーザー
  • Qスイッチルビーレーザー(694nm)
  • フラクショナルQスイッチルビーレーザー

Micro lens arrayマイクロレンズアレイによる均一な照射面(トップハット型照射)

この機器の特徴として、さらにスポット径が変わっても照射面積当たりの出力が変化しないという点が挙げられます。

より進化した最新のQスイッチレーザープラットフォームは、安定した治療を提供できます。

肝斑には レーザートーニングとトラネキサム酸の内服が効果的です。
今まで治療困難であった肝斑を改善しましょう。

肝斑に最適な【肝斑改善集中プラン】

肝斑を集中治療(肝斑改善集中プラン)肝斑改善集中プラン
Melasma Special care
<気になる肝斑を徹底治療>

治療困難と言われる「肝斑」には集中的に治療を行う事が重要です。ソララクリニックでは肝斑に最適な治療プランを用意しました。この機会に今まで難関だった肝斑を改善させましょう。

肝斑改善集中プラン

治療費

レーザートーニング 1回 12,000円