ヒアルロン酸は、すべて吸収されてしまうのですか?

2011年8月29日

投稿者:

人間の顔は年齢とともに変化しています。その年齢ごとに顔つきは変わっていくものです。
ですから、完全に吸収されてしまうことはデメリットともいえますが、ヒアルロン酸最大のメリットともいえます。

当院では、ヒアルロン酸以外の注入材(充填剤=filler)は、現在のところ使用する予定はありません。

ヒアルロン酸以外の注入材や、非吸収性の注入材に関しては、

  • 一部の注入材は皮下に入れなければいけないが、皮内に注入したことで壊死を起こした症例がある。
  • 過去に副作用が報告されている材料を使用しているものがある。
  • リカバリーが困難 (ヒアルロン酸のように溶かすことができない)

ヒアルロン酸を使用する理由としては、以下の点が挙げられます。

  • ヒアルロン酸は、 美容目的だけでなく様々な用途で、使用されている実績のある医療材料であること。
  • 万が一でも、リカバリーが可能であること。(ヒアルロニダーゼを使用。)

更に、現在のところ、安全性と、持続性から評価の高い エセリス(スイス Anteis社)のみを使用しています。
通算7年ほど使用していますが、現在までのところ、副作用は報告されていません。

安全性が高いと言われるレディエッセや、非吸収性であるため問題視され,最近はあまり使われなくなってきましたが,アクアミドのように,モデリングしやすい注入材もあります。実際使用する機会もありましたので、正直良いものだと思っていますが、美容目的だとすれば、万が一の不安があることは、行わないほうが良いと考えていますので、いずれ使用するようになるかもしれませんが、現在のところは、上記のように考えています。