ケミカルピーリング剤にはどのような種類がありますか?

2011年8月29日

投稿者:

ケミカルピーリング使用薬剤例として次のような薬剤が挙げられます。
AHA(グリコール酸、乳酸)、トリクロロ酢酸(TCA)、サリチル酸、ジェスナー液、レチノイン酸、ベーカーゴードン液、フェノール など。
これらの薬品を疾患や状態に合わせて使用する際、薬品の濃度を変えたり、数種類の薬剤を組み合わせたりします。
日本人の肌にはグリコール酸が比較的安全のため、当院では主にグリコール酸・乳酸を使用しています。しかし、患者様の皮膚の状態でピーリングの深さは変わってきますので、担当者は常に注意を払いながら行っています。