光治療を受けた後、どのようにシミは反応するのですか?

2012年9月17日

投稿者:

フォトフェイシャル(光治療 IPL)を受けた後、お化粧ができるそうですが、
シミはどのようになっていくのですか?

フォトフェイシャル・光治療は、照射後、被覆材を使用することなく、直ぐにメイクをすることができるため
大変人気の高い治療法の一つです。しみ治療が身近になった大きな要因は、フォトフェイシャル,光治療が出現したためです。

光治療(フォトフェイシャル)を受けた経過を追った写真です。
治療毎に この変化を繰り返して、シミを薄くしていきます。

しみ治療 目尻のシミ 術前 しみ治療 照射後早期 しみ治療 照射後

日光性色素斑の症例写真

目尻のシミが特に気になります。

照射後早期

シミが浮き出てかさぶたのように反応します。この際特にガーゼ保護などは必要としません。そのままお化粧が可能です。

照射後

シミはかさぶたとなってはがれおち肌質が改善され、くすみや毛穴も改善されていることがわかります。
しみ治療 照射前 拡大写真 しみ治療 照射後早期 拡大写真 光治療 照射後 拡大写真
目尻のシミの拡大写真 シミに反応しています。 照射後早期の写真新しい肌に置き換わっていきます。

ADM(真皮メラノサイトーシス)のように、光治療だけでは取れづらいシミ(痣)の場合には、
Qスイッチレーザーの使用を検討する必要が出ていきます。
ご相談しながら、治療方針を決めていきます。 混合しみ改善プランは、各種レーザーを併用することで、
より積極的にシミの治療を行う複合プログラムです。