医療レーザー脱毛のリスク・副作用・合併症について

2013年3月12日

投稿者:

医療レーザー脱毛で頻度が高い副作用としては、照射後の赤み,ほてりがあります。
照射後早期に 赤みが引いてきますが、すべての人に出るわけではありませんが、肌質等によって赤みが引くまでに時間がかかる場合があります。当院では、照射後十分な冷却を行うことで、回復を早められるようにしています。

稀なリスクとして火傷の可能性はあります。日焼けなどをしているような場合には、肌のメラニンにレーザーが反応しやするなったり、日焼けによって皮膚が軽いやけどをしているような状態ですから、それだけ火傷のリスクが高くなります。照射前に肌状態を確認し 日焼けをしているようであれば、治療を延期させていただいております。しかし判別できない場合がありますから、日焼けをするような状況があったのであれば、照射を延期されることをおねがいします。更に、照射後のリスクを低減するため、全例照射後冷却を行なっております。