たるみ治療へのこだわり

顔のたるみ治療・しわの改善顔のたるみ治療・しわの改善

たるみ治療へのこだわり

切らないたるみ治療へのこだわり。

年齢を重ねると共に、老化を特に感じさせてしまう 顔のたるみ。
特に 切らずにたるみを改善させる 方法は、この10年大きく進化して来ました。
しかし、同じ機種であったとしても 照射を行う術者の技術によって 治療効果に大きな差が 出てしまいます。
当院では、個々の機種,治療法に対して、照射方法の研究を重ね、日本人にあった独自のプロトコルを開発して来ました。

切らないたるみ治療
当院が 特にこだわりを持って行なっている分野です。

たるみの原因

たるみを改善させるためには、たるみの原因を理解する必要があります。

皮膚は、それほど伸びていくことはないものです。皮製品は、その耐久性によって長い期間使用されるものですが、人間の皮膚であっても 大きく変わるものではありません。

重力の影響もあるのでしょうが、むしろ 皮膚が覆っている中身の容積が 減少してくることが 大きなたるみの原因です。
「中身がいっぱい詰まった袋」 を想像してみてください。その袋は、そんなに伸びたりしません。中身が少なくなってくると、当然シワが入ってきます。これが 皮膚のたるみとなって出てきます。

そこで、たるみ治療の方針ができてきます。

  1. 余分な皮膚を引き締める(各種たるみ治療機は、これに当てはまります)
  2. 減少した 皮下組織等を 補う (ヒアルロン酸注入等)

もちろん 余分な皮膚を切り取る(フェイスリフト等の手術)方法もありますが、切らずに改善させる方法として、上記の方法が挙げられます。

1 肌のたるみを引き締める

肌のたるみを引き締める治療器は、現在様々な機種が登場しています。殆どの機種は、高周波(ラジオ波RF)を使用して 皮膚~皮下を加熱し、コラーゲンを引き締め リモデリングを促すことを目的としています。

当院で採用している 最新たるみ治療器 エンディメッドPROは、近年改善が進まなかった たるみ治療器の中で 久々に新技術を搭載した機種として登場しました。即時的効果の高さと、長期に渡る持続性は、従来にない効果であり、この治療効果は、我々にも十分大きなインパクトを与えるものでした。

さらに、照射方法を検討していくことで、さらなる効果が望めることもわかり、基本プロトコルから、日本人の骨格,体型に合わせた照射方法を検討し、効果を高めてきました。また、他クリニック等と技術交流を推し進めることで、治療効果の他覚的な評価を頂ける体制をとっています。

更に 口腔内からレーザーを照射し タルミの一番深い部位からのリフトアップを促す 「スマイルリフト」によって 顔のたるみ改善は 大幅に進歩しました。従来にないアプローチによって ほうれい線やゴルゴラインの改善が特に進みました。

スマイルリフトとエンディメッドのデュアル照射や、レーザーフェイスリフトと呼ばれる「フォトナ4D」など 従来以上の効果を実感していただければと思います。

独自プロトコルによる 効果的な治療

最新たるみ治療 エンディメッドPRO

たるみを感じさせる部位を解析し、技術の蓄積をしていくことで、日本人にあった独自のプロトコル(照射方法)を開発。照射直後の改善の実感度を高めつつ、長期的な持続力を高めていきます。

エンディメッドPROで、顔のたるみの治療を行うことは、従来の治療以上の効果と、その持続力を実感していただくことができることでしょう。

スタンダード照射1回の治療でも、治療直後のリフトアップ効果から、その後に続く引き締め効果によって、たるみの改善が進んでいくことが実感できると思います。

新たなアプローチが生み出す リフトアップ効果

スマイルリフト顔~頬のタルミをリフトアップさせるには 如何にタルミの深部(筋層・皮下組織)を引き締められるか にかかってきます。スマイルリフトは 口腔内からレーザーを照射し タルミの深部に一番近いところから(裏側から) 強力にリフトアップ効果を発揮します。

殆ど痛み無く ほうれい線やゴルゴラインが改善される様は 今まで様々な治療を受けられた方ほど その効果に驚かれることでしょう。

医師が直接照射します。

どんなに優秀な治療器でも、それを操作する人の技術によって その効果は左右されてしまいます。
当院では、医師が照射することで、技術力を集約し蓄積を行って来ました。
医師が 独自プロトコルによる強力な照射を行うことで、機器の性能を最大限に生かし、安全に行えるようにしています。

顔には表情筋や筋があり、部位によって複雑な構造になっています。この表情筋と脂肪層の厚みは人それぞれ異なりますので、状態に合わせてその流れに沿った照射を立体的に行い、どのようなたるみでも最適なポイントに照射します。解剖学的に合理的な計画を立てて行く事は、医師による直接的な治療が必要です。

たるみ治療を始め,様々なアンチエイジング治療を行う際、美容クリニックの多くで、スタッフが照射を行なっています。十分な解剖学的知識と、機器に対する理解は 当然医師以上にあることはないでしょう(そうであって欲しいです)。
安全面からも、大きな問題があると思いますし、同じ治療法だからといって、同じ効果が期待できるというものではありません。

医師が、肌状態,たるみの状態を確認し、部位ごとの照射量を計画した上で、直接照射を行うことが最も効果が出る方法だと考えています。

エンディメッド プロ Endymed Pro

サーマクールを超える最新たるみ治療 エンディメッドPRO

痛み無く 心地良く タルミを改善し即効リフトアップ

エンディメッドPROは、この理想に最も近づきました。シワ、たるみの原因「真皮層」へ3次元RF照射で 肌を傷つけず 肌を引き締め、たるみを改善します。若返り効果はもちろん、肌の引き締めによる「小顔効果」,皮膚再生促進による「美肌効果」も期待できる 最新たるみ治療です。

エンディメッド プロ

顔全体の引き締めを エンディメッドPROを始めとした治療器で行います。そのうえで、減少した皮下組織を補う目的で、ヒアルロン酸注入を使用することを推奨します。

スマイルリフトSMILE LIFT

口腔内からタルミを引き締めるレーザースマイルリフト<タルミの深部を引き締める>
エンディメッドPROの効果をさらに高めるために最適な方法が 「スマイルリフト」。口腔内からレーザーを照射することで タルミの最深部(表情筋~皮下組織~)を最も効率的に治療することが出来ます。今までのどの治療器よりも最も深部を 痛みが殆ど無く治療できてしまいます。
エンディメッドとのデュアル照射は 理想的なたるみ治療と言えるでしょう。

スマイルリフト Dynamis_photo_square

Fotona4D 革新的なレーザーフェイスリフト

より高い効果を求める方へ
内側と外側の両方から4種のレーザーで肌の若返りとタルミのを
強力に引き締めるレーザーフェイスリフト。
フォトナ4Dです。

Fotona4D

フォトナ4Dは 4種のレーザーを顔の内側と外側の両方から照射し 顔の皮膚のたるみ、ほうれい線,しわ,ボリュームの損失、および不均一なトーン&質感を改善させる 革新的な非外科的治療法です。

顔の両面からレーザー照射することでシナジー効果を発揮

2種類のレーザー(Er-YAG,Nd-YAG)によって発生させられる 4つの異なるモードを使用されます。

  • スマイルリフト
  • FRAC3
  • PIANO
  • SupErficial

世界初の口腔内照射を可能にした スマイルリフト
コラーゲン増生,肌の不均一を改善させ,肌質を改善させる FRAC3
皮膚表面から深層にかけて加熱し肌を引き締める 今までにない超ロングパルスレーザー PIANO.
肌を薄くピールして新しい皮膚へ入れ替える SupErficial.

これらを総合的に使用することで、今までを超える レーザーリフティングを可能としました。

フォトナ4D

2 減少した皮下組織を補う。ヒアルロン酸で全体のバランスを取る

減少した皮下組織を 注入材 ヒアルロン酸を使用して補います。
通常 ヒアルロン酸は、希望部位を中心に注入するものだとされています。決して間違った話ではありませんが、顔全体のバランスを整えながら、注入していくほうが、一部のみの注入よりも その部位へ使用するヒアルロン酸の使用料も少なくなり、全体への波及効果も高くなります。

影ができるところを、埋めていく

ヒアルロン酸注入は、当院では、座位で行なっています。起きている状態と、寝ている状態では 顔の形は異なるからです。
寝た状態で注入をすると、目的の部位に入っていいるかどうか、起きてもらわなければ分かりませんし、不確実です。
起きた状態で注入することで、より正確な作業をすることが可能となります。

皮下組織が減少することが、 たるみの原因の一つだと 実感できる

皮下組織を補う注入をすることで、ほほ全体のリフトアップ効果につながります。これは、注入直後に大きく実感していただけるものだと思います。
治療していて 楽しい施術の一つです。

ヒアルロン酸注入 Hyaluronic Acid

ヒアルロン酸注入法令線や、ゴルゴ線などのしわを改善するだけでなく、頬を引き上げリフトアップさせることも可能です。さらに、気になる目の下のしわの改善にヒアルロン酸注入が行えます。

ヒアルロン酸注入

【まとめ】たるみ治療は、足し算・引き算

たるみの治療は、余分になった皮膚を引き締め(引き算)、足りなくなった皮下組織を補う(足し算) この2方向から行うことが最終的に必要です。

余分な皮膚を引き締め(引き算) には、エンディメッドPROを始めとしたたるみ治療器足りなくなった皮下組織を補う(足し算) には、当院では安全性の観点から ヒアルロン酸注入をおすすめしています。

たるみ治療は、全体のバランスを取りながら行ったほうが満足度が高くなります。