ボトックスでにきび治療

2010年3月8日

投稿者:

ボトックスでにきび治療

ボトックスというものをご存知でしょうか?

ボトックスは、ボツリヌス菌という食中毒などで有名な細菌から抽出した毒素を製剤化したものです。毒素と聞いても怖がらないでください。さまざまな現場で使用されている、医療現場ではもう長い期間使用されているものです。そのため大変安全性が高い製剤です。

顔面けいれんなどに対して治療に使用されているもので、美容目的には、目じりや、眉間などのしわができる表情筋の動きを制限することで、しわ取りを目的に使用されています。

注射のみでしわ取りができてしまうものですし、その高い効果で、且つ、可逆性であることから、高い人気を誇ります。

さらにこのボトックス、汗の抑制もできてしまいます。おもにわきの下の治療に使用されますが、その高い制汗作用と、簡便さによって定期的に受けられている方が多くいらっしゃいます。

このボトックスをにきびの治療にも応用されていきそうです。

通常のボトックスの注入方法は、表情筋などの筋肉を標的にして注射するわけですが、皮内に注射することで、皮脂腺の抑制、毛穴の縮小などがみられてきます。メソボトックスの際に見られている効果ですが、最近では、マイクロボトックスともいわれるようになってきたようです。

本格的に施術メニューに載せていくのは、これからですが、治療に抵抗性のあるニキビの治療の新たな一手として加えることができるようになると思います。