睡眠

2014年4月20日

カテゴリ:

投稿者:

こんにちは、スタッフの平です。

4月に入り皆様もお仕事や飲み会だったりと、お忙しい事と思います。
少し寝不足気味…という方もいらっしゃるのではないでしょうか^^?

私も最近夜更かしをしてしまうことが増えてしまったので、何もない日は多く睡眠をとるように心掛けています。

何故かというと、私たちが寝ている間に肌を含め体の修復が行われています。
修復は血液を通して行われるのですが、睡眠中は副交感神経が優位に働き、血液のめぐりがよくなり肌にも栄養が行き渡るようになります。
そして、血行がよくなったことにより新陳代謝が活発になり、体に溜まった老廃物を流してくれます。
さらに、眠り始めの約3時間のうちに成長ホルモンの分泌が盛んになると言われています。
この成長ホルモンによって新しい肌細胞の生産や免疫細胞が作られ、肌のダメージを回復させようと働きます。
ただ、肌や内臓の修復・回復にはトータルで6時間程かかると言われているため、睡眠が6時間を切ってしまうと肌荒れの危険が出てきてしまいます。
このような形で毎晩肌の修復をしてくれているので、睡眠はとても大事ということですね(*^^*)

私はあまり寝付きが良くないのですが、そういう時はかかとの中央にある『失眠』というツボを刺激します。
字のままの『失う眠り』という意味で『失眠』なのですが、眠りを失った状態、不眠症に効果のあるツボです。
かかとは皮膚が厚いので少し強めに押すか、マッサージ用の木の棒などで刺激するのもいいかもしれません^^
もちろんお灸で暖めるのもオススメです。暖かくて心地よいので、快眠に導いてくれると思います。

皆さんも試してみて下さい^^