糖化が怖い

2017年10月5日

カテゴリ:

投稿者:

こんにちは!スタッフ小野です。

先日東京ビックサイトで行われていた美と健康の専門展示会「アンチエイジングジャパン」に行ってきました。

今流行っている美容・健康についてや実際に商品なども見て買うことも出来るのでとっても楽しみにしていました!

色々な化粧品や健康食品などを見ることができましたので少しずつレポートしていきたいと思います♪

特に今回は私自身も気になっている「糖化」にスポットが当てられていましたのでそのお話をします。

 

〇「糖化」

今まではどちらかというと、「酸化」(紫外線や過度のストレスから身体をサビさせる)の方にスポットが当てられていたような気がしますが、

今は酸化よりも「糖化」が怖い!!と「糖化」にスポットを当てたサプリメントや美容飲料・検査機器が多く見受けられました。

「糖化」とは、簡単に言うと食パンが焦げたような状態、つまり身体のこげのこと。

食事などによって取り込まれた糖のうち、エネルギー源となって代謝されなかった糖が体内にあるたんぱく質と結びつき

≪糖化生成物・・・AEGs≫という物質を作り出します。

AEGsは「こげ」なので身体の糖化が進むと、髪はハリ・コシがなくなる、肌が黄色くくすんだ色になり、老けた印象を与えてしまいます。

またこのAEGsは一度できてしまうと分解されずにどんどん蓄積されてしまうのだそう・・。

文章にすると少し難しく聞こえますが、とにかく「糖化」はお肌や美容面にとってとてもNGです×××!!

そこで気になるのが自分の身体が今、どれだけ糖化してしまっているのか。

気になりますよね!!

それがなんと・・!自分の身体のAEGs(どれだけ糖化しているのか)が測れちゃうんです。

さっそくわたしもドキドキしながら体験してみました。

結果は・・年齢+20歳・・泣

この結果を目の当たりにして落ち込んでいましたが、落ち込んではいられませんね!

このままでは肌もくすみ、シミも増え、たるみ・・大変なことになります。

 

〇糖化を防止するには

このままの食生活を続けていては糖化が進む一方。

糖化を少しでも改善させていくためには食事を変えていくことが大事です。

ある程度、糖質を制限した食事に切り替えるのがおすすめです。

菓子パンや砂糖入りのジュース。。どれも多くの皆さんが大好きなものばかり。

焼いたり、揚げたりする調理をするとこんがり焦げ目がつきますよね。

これがまさに糖化反応を起こしている食事です。

抗糖化作用のある食品には

・ショウガ

・シナモン

・食物繊維の多い物

・大豆

・ヨーグルト・・などいくつかあるそうですが

食事の食べる順番でも糖化を防ぐことができます。

すぐにお米から食べるのではなく、まずはサラダから食べ進めていくこと!

急激に血糖値が上がらないような食事の仕方をすると良いそうですよ。

 

〇酸化と糖化の関係

今までは「酸化」を怖がっていましたが、今は老化のスピードを速めるのは「糖化」の方というデータが出ているようです!

ただし、酸化と糖化は同時に起こっており、

・糖化した肌はより酸化が進みやすく

・酸化した肌はより糖化しやすい

つまり、酸化防止することが糖化防止にもつながるということですね。(その逆も)

 

みなさん!これからは「抗糖化」がアンチエイジングに重要なポイントです♪

(引き続き抗酸化対策も)

肌老化を少しでもゆっくりに・・

つやつやハリのあるお肌でずっといられるように♪

ご自身の食生活などもこの機会にぜひ見直してみて下さい(^^)