背中やデコルテのニキビ

2014年6月2日

カテゴリ:

投稿者:

こんにちは。ソララクリニックの佐藤です。

6月に入り、暑い日が続いてますね(*_*)

今後はこのような気候が続き夏になってくるんだと実感しました☆

さて、暑くなるとともにニキビが悪化しやすくなります。わたしもできやすいタイプの一人です。

お顔だけでなく、デコルテや背中にもポツポツと出てくる方も多いと思います。

皮膚科に通ってもなかなか良くならなかった方、5月位からニキビのできる場所が変わってきた方、
様々だと思いますが、ニキビ以外の可能性が考えられます!!

真菌が原因として考えられる『マラセチア毛包炎』です。

真菌とは、いわゆるカビのこと。
カビと聞くと(え!)と驚かれる方も多いと思いますが、真菌は常在菌です。

暑くなり、汗ばむ季節になると増えてくることが多いのがマラセチア毛包炎の特徴ですが、アクネ菌と一緒に
皮脂をエサとし繁殖しています。

この場合、抗生物質などの最近に対するお薬では対応が難しくなるので肌の状態に合わせて、抗真菌剤など
カビに対するお薬を使う場合があります。

マラセチア毛包炎の可能性がある場合、背中やデコルテのターンオーバーを正常化しつつ、お薬を使ってアクネ菌や
マラセチア菌の繁殖を抑える必要があります。

なかなか、自分たちで見分けることが難しい症状なので、体幹部にできたニキビがなかなか治りづらい方や最近になって
ニキビが増えたかたは早めの受診をオススメします。

悪化してニキビ跡になる前にご相談ください。