毛穴対策 ①毛穴の黒ずみ

2013年4月5日

投稿者:

どの年代になっても、気になる毛穴の開きや・黒ずみ。

様々なスキンケアを試されていても、上手くいかないことも多く見受けられます。
毛穴のトラブルで、一番多い2大要因が 言うまでもなく

  • 毛穴の黒ずみ(ブラックヘッド)
  • 毛穴の開き

毛穴トラブルの原因を掘り下げていくと、その解決策が見えてきます。

① 毛穴の黒ずみの原因

毛穴の黒ずみの原因は、毛穴に角栓が詰まっているからということで、
洗浄力の高い洗顔料や、毛穴の角栓を取るパック ピーリングで、頑張っている方も多いと思います。

かなり努力しているのに、むしろ毛穴が目立つようになってしまう不条理。
毛穴の黒ずみの原因を今一度考えます。

毛穴の黒ずみは、大きく分けて3つの原因があります。

  1. 角栓が酸化して黒くなっている。
  2. 産毛が黒く見える
  3. 色素沈着

毛穴の黒ずみは、角栓が詰まっているからと努力していると、ちょっと大変かもしれません。
毛穴の黒ずみ 角栓・ブラックヘッド

1 毛穴の黒ずみ 角栓

角栓が酸化して黒くなっている状態

毛穴の黒ずみの原因で一番多いものが、角栓が酸化して黒くなってしまった状態。
毛穴から皮脂がちゃんと排出されずに、角質(角片)などと混ざった状態でそのままでいると、酸化して硬くなっていきます。
これが角栓です。そのうち黒くなってきてブラックヘッドと言われる状態になります。

なぜ角栓ができるのでしょう。

皮脂の分泌量が多いと、毛穴が詰まりそうな感じがしますが、分泌量が多いだけでは、角栓はできて来ません。
毛穴は、皮脂腺から分泌された皮脂を排出させるポンプ機能を担っていますが、これが、十分に働いていれば、詰まることもないはずです。更に、良質な角質が出来ずに、幼若な角質しかできないような荒れた角質の肌の場合,乾燥が進みやすく 角片(アカ)、角栓ができてしまう要因となります。

  • 毛穴が持つポンプ機能以上の皮脂量
  • 角質が荒れて乾燥しやすく 角片(アカ)ができやすい

角質が荒れていると、保水能力が減少しているので、皮脂の量が増える。
角片(垢)と皮脂が混ざって 酸化し 硬くなることで、角栓が形成されます。
角栓が大きくなっていくことで、毛穴は押し広げられ開いていきます。 毛穴が広がる原因の一つです。

毛穴の黒ずみ 角栓対策

毛穴の黒ずみ 角栓対策としては、正攻法で行くのみです。

  1. 角栓をやさしく除去
  2. 毛穴の機能回復
  3. 正常な角質 の獲得 乾燥対策

1 角栓をやさしく除去

角栓が毛穴に詰まってしまったからといって、ぎゅうぎゅう押し出そうものなら、
肌を痛めてしまうことはもちろん、毛穴自身にもよくありません。
あくまで やさしく除去が原則です。

ホームケアで大事なことは、十分毛穴を開かせてから、洗顔すること。
お薦めは、入浴時に、十分お風呂に浸かって心身ともにリラックスしてから、洗顔すること。

体全体 の新陳代謝もアップし、肌の汚れ(垢)も除去されやすい状態になっているはずです。
いつもシャワーのみで済ませている方は、切り替える良い機会かもしれません。

クリニックでは、「毛穴プレトリートメント」で、角栓をやさしく除去していくことができます。

2 毛穴のポンプ機能回復

毛穴の機能を回復させるために、皮膚のターンをーバーを正常に導き、新しくしていきます。
新しくしていくことで、毛穴の開きも改善されて行くことにつながります。

スキンピールバーなどを使用することも良いでしょう。ただし やり過ぎは禁物。
漫然と続けることは逆効果になります。
皮膚のターンオーバーを正常にしていくことが目標です。

クリニックで ケミカルピーリングや、カーボンピーリングなどを行うことは、
皮膚のターンオーバーを正常化させていくことだけでなく、適度な治療ペースにもつながります。

3 毛穴の黒ずみは、肌の乾燥が大きな原因

毛穴に角栓が詰まりやすくなる原因の一つは、乾燥から角片(垢)ができやすくなって、皮脂と一緒になること。
乾燥しやすくなっていると、肌を守ろうとして、皮脂を多く作っていくため、更に悪化していきます。

この負のスパイラルから、脱却するためには、何より保湿が重要です。
毛穴が目立って見える原因は、肌のキメ(肌理)が整っておらず、むしろキメがなくツルツルしてしまっているため。

毛穴ばかりにとらわれがちですが、肌のキメを整えていく必要もあるのです。

APPS + フラーレン配合の美容液 APPF毛穴の黒ずみ対策で重要なファクターとなるのが、ビタミンC誘導体。(APPS)
ビタミンCは、皮脂の分泌量を減少させたり、肌の構造を成すコラーゲンの元となる重要な要素。

誘導体の形で肌に塗布することで、肌の奥で活性型ビタミンCに変化し、高い効果が期待できます。
更に、水溶性ビタミンCと比較して刺激が少ないことも重要な要素です。

  • 活性酸素から肌を守り 肌の酸化から防御
  • 皮脂の分泌量を減らす
  • コラーゲン生成によって弾力性が回復して,毛穴の修復が進む
  • 色素沈着の改善

などなど、ビタミンCは、毛穴の黒ずみ対策だけでなく、全体的に効果的です。

ビタミンCの125倍もの強力な抗酸化物質 フラーレン+ APPS 配合の美容液 APPF などもありますので、ぜひお試しください。

② 毛穴の黒ずみは、産毛?

毛穴の黒ずみの多くは、角栓と書きましたが、あまり毛穴が広がっているわけでもなく、
黒く見える場合には、それは、産毛であることが多いです。

毛穴なのですから、毛が生えていて当然ですが

毛穴の黒ずみ=角栓 と言われていることが多いため、
毛であることがクローズアップされづらいかもしれません。

治療としては、通常の医療レーザー脱毛も対象となりますが、
実際には、毛穴の治療で使用する カーボンピーリングや、 光治療(IPL)でも、脱毛・脱色が期待できます。

③ 毛穴の黒ずみが色素沈着?

皮脂の量が多くなると、毛穴が赤く炎症をおこす場合があります。

皮脂が酸化すると、過酸化脂質というものに変化します。
この過酸化脂質が皮膚に炎症を起こしてしまいます。
これは、化粧品に含まれる油分が、酸化した際にもできてきます。
過酸化脂質は、肌を刺激活性酸素を発生させ 肌にダメージを与えていきます。
その際の炎症によって、メラノサイトが過剰反応し、色素沈着を起こしています。

日々の洗顔をちゃんと行うことが重要となってくるわけですが、
皮脂そのものの量をコントロールしていくことも、重要となります。

皮脂の量をコントロール

皮脂の量を減らすためには、皮脂の量を減少させる、ビタミンB群の内服を始めとして、
カーボンピーリングや、フラクショナルレーザー,高周波機器で皮脂腺を加熱し、
皮脂の量を減少させます。

色素沈着の改善

毛穴の色素沈着の改善には、光治療器も検討されるのですが、
毛穴の引き締め等をふまえて選択すると、

  • カーボンピーリング
  • フラクショナルレーザー(アファームマルチプレックス)
この辺りを選択することになると思います。

毛穴の黒ずみの原因が、角栓だけではないということを理解していただけたでしょうか?
毛穴の黒ずみも 重要なファクターですが、毛穴の開きも気になるところです。

なぜ 毛穴が目立つ人と 目立たない人がいるのでしょう。

この大きな要因は、皮膚の肌理(キメ)にあります。
キメがない肌は、ある意味ツルツルですので、そこにある穴は、よく目立ちますが、
キメが整っている肌では、その間にある穴は目立ちません。

毛穴を引き締める治療も重要ですが、キメを復活させる治療法が重要な理由は、ここにあります。