イージスヤグ導入でシワ治療が変わってきました。

2013年12月15日

カテゴリ:

投稿者:

シワをピンポイントで治療ができる 最新レーザー「イージスヤグ」が 本格的に稼働し始めてから数ヶ月がたちました。少しずつですが、イージスヤグを受けられる方も増えてきたことで、新たな流れができてきたように思います。

イージスヤグは、現在のところピンポイント治療に特化しておこなっています。このことから 同じようにピンポイント治療となる注入系の治療法(ヒアルロン酸注入,ボトックス注射)を受けられている方々から 移行されてくる方が増えるのかなと思いましたが、どうやらそういうわけではないようです。

イージスヤグでシワ治療

イージスヤグはレーザー機器です。皮膚深層で集光させることで、皮膚表層にダメージを与えずに 従来のレーザー,高周波以上の熱量を 発生させることができます。レーザーを使用することで周囲へ熱量を伝搬させることができますから、この点が 今まである他の治療器と大きく異なる点と言えます。

シワをピンポイントで治療できる治療法といえば、注入系の治療(ヒアルロン酸注入、ボトックス注射等)が代表的です。即効性が高いため非常にリピート率の高い治療法です。しかしながら、注射には変わりありませんので、少々躊躇される方も多いと思います。ヒアルロン酸注入まではしたくない もう少し受けやすい治療法がないかと探されていた方には、イージスヤグは良い選択肢です。

この機器は、目元のシワやほうれい線 眉間,額のシワ等 様々な部位を治療できます。この点から、逆に注入系の治療を受けられていらっしゃる方が イージスヤグに乗り換えることもあるかな? とすこしばかり思っていましたが、現実的には殆どいません。むしろヒアルロン酸注入の効果を補完する目的で選択されることが多いように思います。

根本的なシワ治療法の一つ

イージスヤグは ヒアルロン酸注入と対比されて考えられることも 場合によってあります。シワの改善をピンポイントで行える点からヒアルロン酸のような充填剤のようなイメージを持たれることもあるかもしれません。実際には、シワの直下でコラーゲン増生,リモデリングを強力に引き起すことで シワ自身を改善させていきますから、より根本的な治療法と言えます。

ヒアルロン酸注入には大きな利点があります。何よりその場でシワを埋めてしまうことができるということです。一定期間持続してくれますので、定期的にメンテナンスをすればその状態を維持していくことができます。

イージスヤグは、レーザーを照射するだけで、針を刺さずに シワの治療をしていくことができますが、その場で結果が出るわけではないですが、少しずつダウンタイム無しに改善させていくことができます。

注射以外の方法を探していた方には、良い選択肢です。

イージスヤグは 注射をしないでシワを改善させることができます。ここまで効果を発揮できるレーザー機器は今までありませんでしたから、この治療法は、大きな選択肢となっています。少しずつシワの改善が進んでいく点は、治療したことを内緒にしておきたい方には、特に受け入れられているようです。

ヒアルロン酸注入やボトックスと組み合わせて

ヒアルロン酸注入でシワを埋めたり ボトックスで表情じわを治療することは、即効性があるものの、定期的にメンテナンスをする必要があります。良い状態を維持していくためには仕方が無いことではありますが、何とかしたいところです。そこで、イージスヤグを組み合わせます。コラーゲン増生を促して、シワを改善させるこの機器を定期的に行い、足りない所をヒアルロン酸や,ボトックスで治療することで相互の補完となりますし、最終的に使用するヒアルロン酸の量も減少していきます。

ヒアルロン酸注入とは違います。

今受けられている方の多くは、ピンポイントでシワの治療を気軽に受けることができるところから、イージスヤグを選択されています。数回の治療で ある程度の改善が見られてきますから、定期的に行うことで更に改善を進めていくことができます。

ヒアルロン酸注入を選択できない場合に イージスヤグは良い選択肢になるのですが、ヒアルロン酸注入と全く同じことができるというものではありません。

  1. 少しずつ改善されていきます。ヒアルロン酸注入は、注入直後から結果がほぼわかります。
  2. ボリュームを加える事ができません。ゴルゴラインの改善等 ボリュームを付ける必要があるところは、ヒアルロン酸注入の出番です。
  3. 一時的ではありません(持続性)。ヒアルロン酸は徐々に吸収されていきます。
  4. 注射の跡,内出血の心配はありません。イージスヤグはレーザーを照射するだけです。

それぞれに利点と欠点があります。ご希望の内容に合わせて、治療法を選択することができます。

まとめ

イージスヤグを本格的に使用し始めるまえから どのように受け入れられていくのだろうかと考えていました。注入系の治療法に変わる選択肢として提案できたことが、この治療を受ける方が増えた要因だと思います。その上、定期的にヒアルロン酸注入を受けられている方の中でも その効果を補完する目的で受けられるかたも増えてきました。

ヒアルロン酸注入とイージスヤグは、目的は同様でも その効果の発現の仕方は異なります。相互に効果を高められる方法だと思います。