ニキビ跡治療 症例写真201404

2014年4月14日

カテゴリ:

投稿者:

201404 CompareR

ニキビ跡治療の症例写真を 追加しています。

頬からこめかみにかけての にきび跡の凹凸が改善され、且つ 肌質の改善も見られています。
最近特に思うことですが、従来よりも改善スピードが上がってきたと思います。
第2世代フラクショナルレーザーが出現して以来 より強力な治療法として 出力競争になっていた感もあると思いますが、良い塩梅で 肌が回復できる範囲内で 進めていくことが 結果として良い方向へ向いてくれると考えています。

「フラクショナルレーザーで肌が硬くなる」 と言われたと心配されていらっしゃる方がいましたが、何事もやり過ぎると 悪い面が出てきてしまいます。(たぶん強すぎたのでしょう。)

フラクショナルレーザーでの治療による効果は、本来 肌にハリを戻し 若々しい肌へと促すことです。肌の入れ替えが進む過程を利用して にきび跡や傷跡の治療をおこないます。

基本的にフラクショナルレーザーを用いた治療を 良い塩梅で 行うと 基本的ににきび跡や傷跡などで固くなっている肌も 柔らかくなってきます。

良い塩梅が重要なのです。