しばらくサイトが表示できませんでした。

2014年7月2日

投稿者:

数時間にわたり 当サイトが表示できなくなるトラブルがありました。
ご不便をお掛けし大変申し訳ございません。

今回表示ができなくなった背景としては ウェブページを動的に表示するためのプログラム言語PHPの古いバージョンが サーバー側で使用できなくなる変更が行われたことに対して 当方が十分に対応しきれていなかったことに起因します。サーバー側より変更の通達が数ヶ月にわたって行われており これに対して 当方も最新バージョンのプログラムでの稼働も確認し 十分な対応をとったと判断しておりましたが、ボトルネックとなる部位にあるプログラムに問題があり、このようなこととなりました。

当方の勉強不足により 多方面の方に復旧にあたりご協力をいただき 結果としてご迷惑をお掛けすることとなりました。

ご協力誠にありがとうございます。今後とも宜しくお願い申し上げます。

このたびは誠に申し訳ございませんでした。

佐藤

 

[備忘録] 反省と考察

今回当サイトが表示できなくなったことに しばらく気づけなかった背景について

今回当サイトが数時間にわたり 表示ができなくなったことに気づくまでに しばらく時間がかかりました。環境によっては 昨日から閲覧不能になっていた可能性もあります。PHPプログラムの下位バージョンが6月30日をもって終了となっていたのにもかかわらず、7月2日まで表示には問題ありませんでした。そのため、PHPの変更に伴うものとということに気づくまでに時間がかかりました。サイト構成の変更などを少しずつ行っていた関係で プラグインの更新など様々な要素を検討する必要がありました。

実際にPHPの問題でしたが、その際にも PHP5.4で問題なく稼働していたと判断できていたため 問題なく 7月1日も超えていたことで 半ば考えが至りませんでしたが、上流のフォルダに有るhtaccess内の設定が以前のままであったことに起因し サイト表示ができていなかったことがわかりました。

なぜ表示できなくなるまでに1日かかったのか

実際本日12時頃まで問題ないことは確認できていましたが、PHPの変更は6月30日に行われています。この点の時間差が出ています。本来は表示できなくなるはずのサイトが1日近く表示できていたことから、当サイトで使用しているCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)の影響が推測されました。

CDNは世界中にある専用サーバーにWebページのデータを保存しておくことで、近くのサーバーからデーターを引き出して閲覧することを可能とするサービスです。これによって大本のサーバーへ いちいちデータを引き出す必要がなくなり、大本のサーバーへの負担を減少させることでき、表示スピードを速めることができます。

CDNに保存されていることで、大本のサーバーでは表示不可となっていても 暫くの間表示が可能となっていたのではないか??と推測されています。

本当かどうか調べる事もできませんが、このようなトラブルもあるのかと思いました。