レーザーの整備と安全性

2015年12月13日

カテゴリ:

投稿者:

DSC_0014 1 modi

先日 スマイルリフトのレーザー SP Dynamis の整備をして頂きました。
整備中の写真です。

当院で使用しているレーザー機器は 常に正確に稼働できるように 定期的なメンテナンスを行なっています。

正確に稼働できなければ 狙った効果も十分に得られないどころか 危険になってしまいます。

医療機器は 事故を未然に防ぐために 何重もの安全機能がついています。

飛行機等の安全を確保するための概念「フェイルセーフ」と同様の考えで設計されているものです。

フェイルセーフ wikipediaより

フェイルセーフ(フェールセーフ、フェイルセイフ、fail safe)はなんらかの装置・システムにおいて、誤操作・誤動作による障害が発生した場合、常に安全側に制御すること。またはそうなるような設計手法で信頼性設計のひとつ。これは装置やシステムは必ず故障するということを前提にしたものである。

参照 フェイルセーフ

機械である以上 故障が全く起きないということはありません。

その確率をできるだけ低減し 適切な施術を提供できるよう 定期的なメンテナンスは欠かせません。