多汗症治療 ボトックス注射+レーザー脱毛

2009年4月15日

投稿者:

わきの下の汗を止めて気になる匂いを抑えましょう。 ボトックス注射+レーザー脱毛

やっと春らしくなってきました。

4月に入った頃はまだコートが必要な感じでしたが、いつの間にか暑くなってきました。

気温の変化が激しかったせいか、脇の汗を止めるボトックス注射を受けられる方が少なかったのですが、

最近顕著に増えてきました。

これから脇の汗を止めるボトックス注射を受けてみようと考えている方にお勧めなのが、

ボトックス注射出わきの下の汗を抑えながら、においの原因となる無駄毛も一緒に処理してしまうレーザー脱毛を始めることです。

多汗症とは

多汗症とは体温が上昇してもいないのに、たくさん汗が出てしまうことです。
多汗症は何らかの原因(ストレスや緊張を極度に強いられる)で交感神経が狂ってしまうわけです。
人前に出たり、大切な場面では汗が出ますよね。
多汗症の特徴にはま ず第一に、右と左では、同じように汗が出てくるということがあり、また一日中年がら年中汗をかくわけではなく、汗がたくさん出る状態と、そうではな い状態が交互にやってきます。さらには、多汗症が発症する時期は、子供の頃で、局所性の多汗症の場合は、それが一生つづきます。

ボトックス注射は交感神経に働いて汗が出てくるのを止める働きがあります。

脇のボトックス注射が効いている期間は?

個人差がありますが、おおよそ半年程度です。2シーズンほどと考えていただければよいかと思います。

一緒に脱毛することで、わきの下の汗とムダ毛の処理から解放されてみませんか?

脇の汗を止めるボトックス注射 ワキ脱毛 医療レーザー脱毛