ダーマローラー療法を受けられる方が増えています。

ダーマローラー療法を受けられる方が増えています。

ダーマローラーCIT療法の詳細ページはこちらです。

にきび跡の治療はもとより、ストレッチマーク(妊娠線,肥満線,肉割れ)の治療を受けに来られる方が特に増えてきているような印象があります。

ストレッチマーク(妊娠線,肥満線,肉割れ)とは、何らかの理由で体が膨満してきたために皮膚の進展性が間に合わず内側から裂けてしまった傷跡と思っていただければよろしいかと思います。皮膚の浅い層(表皮)ではひび割れが起こり、深い層(真皮)ではコラーゲン繊維が裂けて赤黒い状態になり、やがて白くなり、表皮が凹んだ状態になります。

ストレッチマーク(妊娠線,肥満線,肉割れ)は、お腹・お尻・太もも・ひざ裏などの部位に多く起こります。これらの部位では、皮下脂肪がつきやすく急速な膨張に肌の伸縮性が追いつかない場合、ストレッチマーク(妊娠線,肥満線,肉割れ)ができやすくなります。また、妊娠中は血管やリンパ管の流れが鈍くなりるため、妊娠線が身体に残って しまいます。さらに、加齢とともに皮膚の柔軟性がなくなり、皮脂分泌量も減るため、高齢の方ほど妊娠線や肉割れのできるリスクは高くなります。一度できて しまうと、自然に消えることはまず無く、治療も難しいとされていました。

ストレッチマーク(妊娠線,肥満線,肉割れ)の治療

ストレッチマークの治療は、皮膚真皮層で断裂してしまったコラーゲン線維を増やしてやることです。この治療にはダーマローラー療法が最適でしょう。ダーマローラ療法を続けていくことで、ストレッチマーク(妊娠線,肥満線,肉割れ)を徐々に細く、目立ちづらくしていきます。

広範囲の治療となることがほとんどですから、にきび跡治療で効果的といわれるフラクショナルレーザーを使用して治療もよいですが、金額的に難しくなって続けることができなくなってしまいます。その点ダーマローラー療法では、広範囲の治療を比較的リーズナブルな料金で行うことが可能です。

さらに、ストレッチマーク(妊娠線,肥満線,肉割れ)の治療としてダーマローラー療法を行っていくと、少しずつ肌のハリが改善されていきます。これはコラーゲンが急速に生成されていく過程で見ることができます。

ダーマローラー療法の注意点

この治療法は特に大きな副作用があるわけではないのですが、やはり、ほかの治療法と同様、術後治療部位をよくこすったり、日焼けをしたりすれば色素沈着の可能性が高まってしまいます。美白効果のあるハイドロきノン軟膏を使用して予防に努めていただく必要があります。

ダーマローラーCIT療法の詳細ページはこちらです。