スモーカーズフェイス(たばこ顔)

公開:2016年11月4日

投稿者:

タバコを吸っている人は、タバコ特有の顔貌になっていきます。
気が付かないかもしれませんが、タバコを吸っている人の顔貌は、
特にヘビースモーカーの人は、だいたい似通ってくるようです。
これを タバコ顔 「スモーカーズフェイス」といいます。

タバコ顔(スモーカーズフェイス)の特徴

スモーカーズフェイスの特徴を列挙していきますが、
タバコが、肌トラブルの大きな要素を占めているとも言えます。

更に 女性でもガラガラ声の「スモーカーズヴォイス」
特有のツンと来る「口臭」 などなど。
 
スモーカーズフェイス(たばこ顔)は、イコール 老化現象そのものです。
吸わない人よりも5年以上早く老化が進んでいくとも考えられています。
 

スモーカーズフェイスの代表的写真

BBCがシミュレーションした有名な写真。40歳の双子、左側は22歳から喫煙した場合。
NHKタバコ写真双子の写真 NHK番組で放送された、実際に30年間喫煙して生じた差

どちらも非常に有名な写真です。
双子でも、生活習慣の違いで、これだけの老化の差が出てしまうと、辛いものを感じます。

スモーカーズフェイスで よく取り上げられる人物の代表は、オードリー・ヘップバーン。
「ティファニーで朝食を」の役作りのために 喫煙を始めてしまったそうです。

何故喫煙で、老化が進んでしまう??

ニコチンの影響で、血管が収縮します。血流が減るとか、十分な栄養が届けられなくなるとか、
いろいろ言われるのですが、まとめると、

血行障害、体温低下、代謝低下、抜け毛増大

これだけの悪影響がでます。
抜け毛が気になる人に意外と喫煙者が多いことも 気になるところです。

大量のビタミンCを消費している

さらに、大量のビタミンCが消費されてしまうことが よく知られています。
喫煙者の血中のビタミンCは非喫煙者の半分以下だといわれています。
ビタミンC は、肌のコラーゲンを生成する際に消費されますが、喫煙者は、その大事なビタミンCをタバコで発生する大量の活性酸素除去のために、消費してしまうため、肌の衰えが早く進んでしまいます。ビタミンCは、風邪や、ストレスから身を守る際にも使用される重要なビタミンですが、タバコで消費されることで、抵抗力が削がれていきます。

禁煙で治るかもしれない症状。

喫煙している状態で、問題となることが、禁煙で改善される可能性が高いものをあげてみました。

何故良くならないのだろうと、悩んでいる愛煙家の方も多いと思います。
辞めてみると解決するかもしれません。

スモーカーズ・フェイスを治す方法

スモーカーズ・フェイスを治す一番の方法は、誰しも理解していることです。早めの対策で 老化の加速を抑えこむことが可能かもしれません。

1 禁煙をすること。

コレに付きます。身も蓋もありません。これができれば何も言うことがないでしょう。禁煙をすると太るから とか 色々と言われるかもしれませんが、喫煙者のほうが肥満率が高いデータが出ています。

2 【ビタミンCを大量摂取】 喫煙しながらでも肌を改善したい方へ。

肌状態があまりよろしくない場合 禁煙をするだけでも 大きく改善してくれることが多いです。肌の改善を当院のようなクリニックに来られる方は、喫煙をしながらでも肌をきれいにしていきたいと 考えていらっしゃる方が圧倒的多数だと思います。肌質改善の治療一つとっても その効果の出方は 喫煙されている方と非喫煙者では 大きく落差があります。できることであれば 禁煙していただきながら、治療を進めたほうが良いと思いますが、そうも行きません。

喫煙しつつ 肌質改善を進めていきたい方に おすすめしたい治療法としては、通常の美肌治療とともに ビタミンCを大量に取ることです。非喫煙者と比較してビタミンCを大量に消費ししています。最近では 経口では摂取不可能なほどの大量のビタミンCを点滴で摂取することも可能になりました。高濃度ビタミンC点滴療法」これで不足するビタミンCを補うことで スモーカーズ・フェイスに対抗することも可能でしょう。

高濃度ビタミンC点滴療法

3 水素点滴で悪玉活性酸素を除去

喫煙をすると 様々な有害物質を吸収します。同時に 大量の活性酸素が発生するので、体を急速に酸化=錆びさせていきます。これが 非喫煙者と比べて圧倒的に早く老化が進む大きな要素といえます。水素は 有害な悪玉活性酸素「ヒドロキシラジカル」を選択的に中和する作用を持つ 最も優秀な抗酸化物質です。過飽和水素水を点滴で体内に取り込むことで 活性酸素を中和し 喫煙の悪影響を緩和します。

水素点滴

かなり非経済的ですが、タバコを吸いながら 健康的な肌を手に入れるには この方法を避けて通るわけには行きません。
水素とビタミンCを同時に取り入れることで 相乗効果が得られる事が知られています。

まとめ

喫煙をすることで、血中ビタミンC濃度が減少し 肌への影響だけでなく 様々な悪影響を及ぼすことが知られています。スモーカーズ・フェイス=タバコ顔は 私共のように 顔の分析を毎回行っているようなところでは特に知られている現象です。喫煙されている方の顔貌は徐々に似通った形へ変化していきます。興味深いところです。

そこで、喫煙をしながら肌状態を改善させていくとすれば、上記のように 通常の肌治療だけでなく ビタミンCの大量補給もできればやっていただきたいところです。高濃度ビタミンC点滴療法と併用することで、体調からの回復を目指すことが可能かもしれません。コストエフェクティブな方法では勿論ありませんが、肌状態の悪化を促す喫煙をしながら、肌状態をできるだけ良くする 方法の一つとして 検討されると良いと思います。

禁煙することがもっとも良い方法であることは 言うまでもありません。

*2016/11/04

2012年4月21日の記事を更新しました。