ニキビ跡治療 症例写真 20211204

         

公開:2022年2月3日

更新:2022年4月9日

投稿者:

ニキビ跡の治療をご希望される方が 例年より増えてきているように思います。

昨今の社会状況が影響しているのでしょうか。

 

 

ニキビ跡治療のモニター症例写真です。

「ニキビ跡A+」を 8回行なっています。

 

ニキビ跡治療 症例写真 左側

施術名:ニキビ跡A+
内容 :ニキビ跡の凹凸を改善します。
回数 :8回
リスク:発赤 熱感 色素沈着 痛み 乾燥
治療費:1回 55,000~220,000 

ニキビ跡治療 症例写真 右側

施術名:ニキビ跡A+
内容 :ニキビ跡の凹凸を改善します。
回数 :8回
リスク:発赤 熱感 色素沈着 痛み 乾燥
治療費:1回 55,000~220,000 

並行して 新たなニキビの抑制も得られています。

肌質の改善も得られていることがわかると思います。

 

「ニキビ跡 A+」は 大きく分けて2種類の治療を行います。

  • フラクショナルレーザーの 密度 パルス幅 スタッキングを ニキビ跡の部位に合わせて可変させて照射
  • 陥凹部位を各種サブシジョン機器で少しずつ挙上させる

その上で 赤みなどのダウンタイムを おおよそ1週間程度に収まる範囲に調整します。

おおよそ1週間程度のダウンタイムであれば、比較的受けやすいのではないかと考えています。

 

勿論 お仕事などに影響する可能性がある方には、この方法は選択しづらいと思います。

そのような場合には ニキビ跡Bを選択すると良いでしょう。

ニキビ跡B/B+は、1~2日程度のダウンタイムの中で治療ができるように調整をしています。

 

ニキビ跡治療