プラセンタ療法とアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の原因として、遺伝的素因の皮膚の最外層の角質層の異常がよく知られています。体外からのアレルギー物質(アレルゲン)が体内に入り込みやすくなってしまい、体内に侵入してきたアレルゲンに対して免疫システムが過剰反応を起してしまいます。この免疫システムは肥満細胞と呼ばれる細胞と結合していて、アレルゲンと反応すると肥満細胞がヒスタミンを分泌する仕組みになっています。そしてこのヒスタミンが皮膚に皮膚炎を起こさせ、「かゆみ」を感じさせるのです。かゆみにより掻いてしまうとさらに皮膚表面の角質層を破壊し、さらにアレルゲンが入り込むという悪循環を起こしてしまいます。

かゆみを止めるのに使用される薬にステロイド剤や、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー剤が有名です。
花粉症でも『抗ヒスタミン剤』が使われていることがテレビCMでも放映されていますが、アトピー性皮膚炎の場合ステロイド剤を使用していることが一般によく知られています。アレルギーに対してステロイド剤は強力な効果を発揮する一方で、副作用もあるのです。長期間使用をしていると、皮膚の繊維芽細胞を破壊してしまうこととなり、皮膚が薄くなってしまうのです。

このステロイド剤の短所を、プラセンタ(胎盤)エキスを使用することで補うことが可能です。プラセンタの有効成分中には、上皮細胞増殖因子、線維芽細胞増殖因子と言われる有効成分が入っていて、ステロイド剤で破壊されてしまった線維芽細胞の増殖を促進させ、皮膚表面である表皮中の角質層の元となる上皮細胞をも増やすことになるのです。上皮細胞増殖因子・線維芽細胞増殖因子により繊維芽細胞や上皮細胞の増殖を促進させることで、健康な皮膚の生まれ変わり(ターンオーバー)を助け、お肌のトラブルに効果が期待できるということになるのです。

さらに、プラセンタは神経の過剰反応を抑制し、異常な「かゆみ」を抑えてくれます。プラセンタには悪い副作用もなく安心な治療法です。

プラセンタ注射・療法 へ戻る