シミ治療

2013年6月25日

カテゴリ:

投稿者:

こんにちは。ソララクリニックスタッフの佐藤です(^O^)梅雨に入りましたが本日はカラッと晴れて
太陽がとてもまぶしいです。

ジリジリとした日差しで外に出た瞬間に『焼けそうだな~(>_<)』と思うくらい!!

これから更に紫外線が強くなりそうですね…

これから10年後の肌を守るため、私は中からと外からの両方から紫外線予防をしてます!(^^)!

中からはヘリオケアウルトラDカプセルを服用し、紫外線に対する細胞の防御力をアップ!

肌への紫外線のダメージはもちろん、それだけでなく紫外線が目にあたると目の細胞にダメージが生じ、
そのダメージ信号に脳が反応して、メラニンを作れという指令を送ります。
そして、その指令を受けた肌は、メラニンを作り出すので、肌に直接紫外線があたらなくても、黒くなるというわけです。

肌は外用剤の日焼け止めでダメージを軽減できますが、目には塗れないですよね?

ヘリオケアカプセルは服用することで全身投与になり、目から入る紫外線からのダメージも抑えてくれるんです。

なので、両側から徹底的に紫外線予防を行うことが大切なんです☆

それでもできてしまった”シミ”には…

〇 メラノキュアHQクリーム
(ハイドロキノンクリーム)…
ハイドロキノンとは『肌の漂白剤』とも呼ばれるお肌のシミやシワの原因になるメラニン色素を抑制してくれる成分です。 ビタミンCやアルブチンの約100倍の美白効果や、できてしまった色素沈着を漂白する効果があります。
〇 シミ取りレーザー … レーザー治療とは、レーザー光線によりシミになった皮膚組織を焼いて削り取ってしまいます。レーザー光線は皮膚の深くまで入り込むので皮膚奥にできたシミにも効果があります。
照射時は皮膚に軽い痛みを感じますが、麻酔が必要なほどではありません。
レーザー照射後、7~10日ほど患部を被覆材で覆います。被覆材が剥がれる頃シミはかさぶたとなって剥がれ落ちます。
レーザー光線によって剥がされた皮膚は次第に再生し、シミのない肌となります。
〇 IPL(光治療)… IPL(Intense Plused Light)という光を顔全体に照射し、メラニンに反応させ、しみやそばかすを浮き上がらせます。
数日後には皮膚の代謝で、しみ・そばかすがポロポロと剥がれ落ち、しみやニキビ痕(にきび跡)の色素沈着が徐々に薄まっていきます。
また、熱エネルギーが加わることで、コラーゲンが生成され皮膚の保水力が高まり、ハリが蘇り、しわ・小じわを改善します。
〇 混合シミ改善治療 … しみだけでなく、毛穴やくすみ、肌のハリ感など様々な悩みに対応できるよう医師が症状に合わせて、各種レーザー・IPLを組み合わせ治療法、機器を選択し複合照射を行う事ができます。
肝斑・日光性色素斑・ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)・ソバカス・老人性色素斑などしみの種類を選ばずに行うことのできる治療です。

 
上に挙げた治療以外にも、治療法のご用意をさせていただいてますが、どの治療にもメリット・デメリットがあるので診察をして、納得されたうえで治療をしていただければなーと思います★

しみの予防・治療でいつまでも透明感のある肌を維持させましょう(^O^)

詳しくは当院スタッフにお尋ねください