手の甲は、年齢が出る部位です。

2012年5月25日

投稿者:

手の甲は、年齢が出やすい部位です。
手は、よく見られると同時に、自分でもよく見ている場所。

手は、顔以上に老化を実感してしまう部位と言えます。

手の甲の老化

手の甲は、皮膚が薄く 皮下組織もそれなりにしかありません。
老化が進んでくることで、皮膚がより菲薄化が進み、皮下組織も痩せてきますので、血管が浮き出て、筋張ってきます。肌のハリが減少しますから、シワが増えてきたように見えます。

手は、基本的にメイクなどで保護されている顔と違い、絶えず外部刺激にさらされていますので、紫外線などの刺激に伴う、シミ・シワが、そのままでは、増加していきます。

そこで、もしあまりケアをして来なかったようであれば、日常的に保湿・UVケアを今からでも始めましょう。シミが増えてきたとしても諦めることはありません。
まずは、これ以上増やさないように、日焼け止めの使用・保湿を始めることです。

手の甲が老けて見える3大要因。

手の甲を見て、年齢を感じさせる時に、どの部分がそのように感じさせるのでしょう。

  • 手の甲のシワ、(親指側、小指側)
  • しみ
  • 血管の隆起
手の甲のシワは、親指側小指側によって、気にする点が違うことも、興味深いところではあります。
親指側は、主に自分のほうを向いていますので、ご自身が気にされているという様子であり、
小指側のシワを気にされる方は、接客される方に多く見受けられます。相手の方に与える印象を気にされて来られます。

クリニックで行う 手の甲の若返り治療。

通常のスキンケアだけでは難しい手の甲の若返り対策。
そこで クリニックでは、幾つかの治療法を提案しています。

一番おすすめしている方法が、グロスファクター皮膚再生療法
肌の再生を促進させる成長因子を大量に、皮膚に導入することで、荒くなった肌理、薄くなった肌の回復を促していきます。
グロスファクター皮膚再生療法をおすすめする、最大の理由としては、自身が持つ再生力を高めて、コラーゲンや新生血管を作っていくことで、効果を得てきますので、改善された状態が一番長持ちしてくれるという点です。

そのうえで、エンディメッドPROで、たるんだ皮膚をひきしめ、コラーゲン造成を促進するとさらに効果的です。
気になる手の甲のシミには、当院の最新レーザー・光治療器群で。

手の甲のアンチエイジングは、
顔以上に若さの印象を与える点かもしれません。