ボディピールでなめらかな肌を

2011年10月31日

投稿者:

ニキビ専門外来に来られる方には、顔だけではなく、背中やデコルテ、生えぎわなどにも、ニキビ・にきび様湿疹が出ている場合が、意外と多く見受けられます。通常のニキビとして考えるだけではなく、癜風など、他の疾患も考えなくてはいけません。

今回は、背中のニキビ・にきび跡の治療についてです。
背中のニキビ・にきび跡の色素沈着等に対しては、内服・外用剤の他に、クリニックでの治療も行なっていきます。

背中のブツブツ が気になって、色素沈着ばかりになっていたりすると、背中を出すことを躊躇することになりますね。そのような方にお勧めしているのが、カーボンピーリングによる ボディピールです。

背中や、デコルテなど、皮膚の新陳代謝は、顔などと比べると遅いため、一度色素沈着になってしまうと、しばらく残ってしまいます。そこで、ボディピールを行うことで、角質を薄く一層取り除き、熱量を加えることで、皮膚の代謝が高まり、溜まったメラニンの排出が促進され、新しいスベスベした肌へと促していきます。

当院では、背中のニキビなどで悩まれている方に、カーボンピーリングや、ケミカルピーリングをお勧めしていますが、ざらついていた背中が、なめらかになってくると評判です。熱量が加わることで、毛穴が引き締まり、ニキビの発生も減少していきます。

二の腕や、太もものブツブツは、毛孔性苔癬の可能性があります。その際には、カーボンピーリングよりも、ダーマローラーCIT療法が効果的な場合が多く見られますので、ご相談ください。

 

カーボンピーリングの詳細はこちらです。