「切らない瞼のたるみ取り」アイファインが凄い

2014年10月7日

投稿者:

アイファイリフトは目元のたるみ・シワを集中治療
切らない瞼のたるみ取り として アイファインリフト(iFine)は もはや当院の定番となってきました。現在 その効果を実感され、リピートしていただけている方が大変多く (私的に)反響の大きさに正直戸惑っていたりします。

現在まで その潜在的ニーズを認識してはいましたが、サーマクールアイズのように「痛みを伴いながら効果もそれなり」 もしくは「ダウンタイムが出る」 ものぐらいしかありませんでした。

これだけ直接的に治療ができ 且つ痛みを伴わない 更に即効性等の利点は アイファインリフトの大きな強みであり、支持される要素になっていると思います。

これは本物と実感。

随分前の話となりますが、iFine導入前の認識は あまり比重として大きくありませんでした。
正直そこまで期待していませんでしたし、むしろ他の機器の導入を考えていました。

目の周りは 現有の機器で十分対応できていると考えてもいました。

たまたまiFineを長期間貸し出ししていただける機会があり、(暫く放置していたのですが・・・)たまたま使用してみたところ 思った以上に効果が出てしまいました。

使用経験を積む毎に その効果も高くなってきました。

これは本物だ。と痛感させられたものです。
せっかく貸していただきながら「放置していてすいません。」というのが正直な気持ちでした。

その後 色々とありましたが、導入の運びとなりました。

準備期間を十分に取ります。

医療機器にかぎらず 機器・道具は (当たり前ですが)慣れと経験が必要です。
初めて使用した時よりも 現在のほうが 引き締め効果は当然高くなります。

私の方針ですが、使い慣れて,効果が安定してきてから提供するようにしています。使い慣れてからでないと、十分な効果を得ることも出来ません。期待よりも効果が乏しい施術,機器は いくら旬のものでも 第一線から離脱してしまいます。

約半年間のトライアル 試行錯誤の際には 多くの方にご協力を頂きました。初期の段階と現在とでは、照射の形も大きく異なっています。その間 顔のたるみ全体を治療する「エンディメッドPRO」も同時に照射方法をリニューアルし、更に効果を高めています。

紆余曲折はありましたが、上まぶた・下瞼のたるみ・しわを痛み無く治療することができる「アイファインリフト」として提供できるようになりました。

アイファインリフトを受けられる方が急増中。

目の下のタルミ,シワには、ヒアルロン酸注入を受けられる方が依然として多いですが、目元を引き締め タルミを引き上げるアイファインリフトを受けられる方が多くなってきました。何より 上まぶた,下瞼のタルミを 痛み無く引き締められる点は、大きな魅力となっているのだと思います。直後からの効果も高く 継続していくことで その効果を高めていくことが出来ます。

目元という安全性に特に配慮しなければいけない部位を 安全性を確保しつつ施行できる アイファインリフトは、気軽に受けることができるタルミ取り治療の一つです。