口周りのたるみ改善の症例写真

         

公開:2016年3月3日

更新:2019年3月31日

投稿者:

smilelift 20160222 Compare

ほうれい線が気になる方に スマイルリフトをお薦めするようになって 暫く経ちます。
わかりやすい効果と相まって 大変好評です。

スマイルリフトは、今後 フォトナ4Dという タルミだけでなく肌質改善まで一期に行える上位プログラムが始まる予定です。現在準備中ですが、更なる発展が期待できます。

※フォトナ4D始まりました!!。

口周りのタルミをより強力に引き締め リフトアップを促したい場合には 口腔内から行なうスマイルリフトと表面からの「両面照射」を行なうことをお薦めしています。

両面から照射することで 相乗効果が発揮されます。

症例写真の説明
施術名:たるみ治療
内容 :タルミを引き締めます。
リスク:発赤 熱感 痛み 乾燥
治療費:1回 120,000~210,000

フォトナ4D

スマイルリフトで口周りのたるみを改善

スマイルリフトの効果が 最も発揮されやすい部位は 何と言っても 口周り。

ほうれい線やマリオネットラインが浅くなってきますし、ゴルゴラインが軽減し 頬全体が引き上がるところは 今までには無い変化です。

更に 細かいシワが減少し 肌のハリも改善されて来ます。 裏側からの照射であるにもかかわらず このような変化が見られる点は 興味深いところです。

ほうれい線が浅くなる

顔全体のタルミ 頬のたるみを気にされて来院される方の多くは 「頬のたるみ」を主訴に来られるのではなく 「ほうれい線が気になる」というように 一つの部位を気にされて来られます。

しかし ほうれい線が深くなっている場合には 頬全体のたるみも同時に改善させる必要があります。その場合にも スマイルリフトは ほうれい線改善の良い選択肢になってくれます。

スマイルリフト等 皮膚/組織内のコラーゲン造成を促進させ 密度を上げるような機器で タルミを引き締めることを 治療のベースとすることが 今後のエイジングケアを考える上で もっとも良い選択といえるのではと考えています。

マリオネットラインの改善

ブルドッグのように垂れ下がって見えることで強調される マリオネットライン。スマイルリフトでも照射の仕方によって改善させていくことが出来ます。口腔内からの照射では、皮膚表面からよりも強い出力で照射できる利点と バルクヒーティングによる熱影響によって マリオネットラインの変化も 比較的実感しやすいようです。

口元のしわ 鼻下の立てジワ

裏側からの照射で 口元の縦じわの治療ができてしまいます。これは思った以上に良いようです。皮膚の裏側からの熱影響が良い形で効果が出ているのだと思います。

スマイルリフト

表面からの照射でフェイスラインからリフトアップ。

裏側からの照射に 更に表面からのレーザーで 表面から引き締めていきます。

表面からのレーザー「ピアノモード」は、痛み無く・心地良く・強力なリフトアップ効果を発揮することが可能。当院のエンディメッドPRO以上に深部まで加熱が可能です。

裏側と表面からサンドイッチすることで たるみ改善効果を高める。

スマイルリフトは裏側から照射していますので、皮膚表面への負荷は最小限度にとどまります。この利点を利用して 皮膚表面から更に引き締めることが出来ます。数ある複数の機器を使用したコンビネーション治療は、皮膚表面から照射するため、皮膚への負荷は それだけ高まります。

その点 両側からの照射は、皮膚への過負荷とならず 余裕を持って治療を行うことができます。

更に皮膚の再構築を促す。

更にコラーゲン造成を促進させる3Dフラクショナルレーザーを照射。皮膚の中のコラーゲン密度が薄い部位に 選択的に熱量が集中し、コラーゲン造成が促されます。

コラーゲン密度が高まった肌は 弾力が増し タルミ感が改善されていきます。肌のキメが整い 厚みが改善されていくなど 様々な効果を発揮してくれます。

肌を新しく

フォトナ4Dでは最後に 皮膚表面を薄くピールし 新陳代謝を高め 肌の再構築をより促進させていきます。

これらの相乗効果は 従来の治療を受けられた方には 特にお勧めしたい利点と言えます。

まとめ

「フォトナ4D」は、タルミ治療として合目的であり、安全性を十分に確保した形での照射となっています。

4種のレーザーを同時照射することで 治療直後からの変化も実感していただくことも出来ます。コラーゲン造成も より強力に長期にわたって引き起こされていきますので 長期に渡る変化も十分期待できることでしょう。

組織内のコラーゲンは 加齢によって 不均一になり 密度が低下していきます。

皮膚内/組織内のコラーゲン量を増加させ 密度を高い状態に維持させることが、たるみ治療の根幹です。

「フォトナ4D」は、エイジングケアのために その一助となってくれるものになるのではと思います。