波長 iPL(フォトフェイシャル等)を超えるiPulseフォトセラピー

波長

図解説:サイデン社のキセノンランプIPL (iPulse, Cyden Ltd) の標準的スペクトル分布(総エネルギーのパーセンテージとして20nm帯域幅で測定)。酸素ヘモグロビン (赤)、メラニン(黒)、水分(青:870-)の吸収カーブを重ね合わせてみると、サイデン社のIPLは最適な光の吸収特性を示している。

IPL機器は大部分目に見える広帯域波長の光を作り出す。潜在的に有害な短波長紫外線(<400nm)は、ランプ自体によってフィルター除去され、長波長赤外線はキセノンランプによってほとんど生成されることがない。残りの530~1000nmの波長はすべてメラニンによってよく吸収されるため、皮膚再生術に適している。

光は皮膚に入ると散乱するため、この広帯域光の長い波長はより深く皮膚に透過し、より深部に到達する。短い波長の光は散乱しやすく、表皮のメラニンと浅い血管でよく吸収される。