肝斑(かんぱん)の治療

肝斑には レーザートーニングとトラネキサム酸の内服が効果的です。
今まで治療困難であった肝斑を改善しましょう。

肝斑を集中治療(肝斑改善集中プラン)肝斑改善集中プラン Melasma Special care
<気になる肝斑を徹底治療>

治療困難と言われる「肝斑」には集中的に治療を行う事が重要です。ソララクリニックでは肝斑に最適な治療プランを用意しました。この機会に今まで難関だった肝斑を改善させましょう。

肝斑改善集中プラン

肝斑(かんぱん)とは

肝斑は、治療が困難な”シミ”の一つとして知られています。30代以降の女性に多く見られる左右対称性の色素斑です。頬部、頬上部に多く見られますが、上口唇や、下顎、額にも見られることがあります。肝斑は、日本人女性の実に3割が肝斑であるともいわれているシミです。

肝斑はどんなもの?

女性に多く見られるシミの一種で、加齢や日焼け・炎症などによる他のシミとは原因や治療法が異なります。

肝斑の特徴

左右対称にほぼ同じ大きさ、同じ形で現れます。頬骨のあたりに現れることが多く、輪郭がはっきりせず、もやっと広がります。額や口の周辺にできることもあります。

下記のような症状があれば肝斑かもしれません。

  • 30~40代で突然シミができた
  • シミが頬骨や目尻の下にある
  • シミが左右対称にある
  • シミの形がはっきりしない
  • 季節によってシミの濃さが変わる
  • 妊娠したことがある、または経口避妊薬を服用している
  • 紫外線対策やビタミン補給では効果が出ない
  • 顔のマッサージをよくやる(こすってしまう)
  • ストレスが多い生活をしている。
肝斑の出やすい部位
肝斑のできやすい部位

発症する時期

30~40代の女性に多く現れます。症状が見られるのは50代後半までで、高齢者ではほとんど発症しません。

肝斑(かんぱん)はなぜできる?

肝斑ができる要因はいまだ分かっていません。

女性に多く、妊娠や経口避妊薬(ピル)によって発症することがあるので、女性ホルモンとの関連が指摘されています。紫外線、過度の刺激、ストレスなども関係していると考えられていますが、原因ははっきりしてません。

  • 女性ホルモンからの影響(実際関与しているとしても、異常がみられることはきわめてまれ)
  • 紫外線の影響
  • 洗顔等による物理的な刺激。(擦れ安いところにできやすい)

など、さまざまな原因があげられます。しかし、いまだはっきりしているわけではありません。

肝斑の治療

肝斑の治療では、内服療法が特に重要です。

  • トラネキサム酸とビタミンC の内服と各種外用剤
  • その上でケミカルピーリング/レーザートーニングでメラニンの排出を促進

肝斑の治療では内服療法をベースとしてレーザー・光治療等が可能となるため、内服を希望されない方にはレーザートーニングなどの治療を行うことはできません。

レーザートーニングとは

レーザートーニングは最近のトピックです。この治療は低出力のQスイッチYAGレーザーを照射することで、メラニンを産生する細胞を刺激せずメラニンの排出を促進させることで、症状軽減を促す治療法です。1~2週間に1度のペースで照射をしていきます。麻酔も必要とせず、終わった後もすぐにお化粧ができます。

肝斑の治療 レーザートーニング

治療法一覧

  • レーザートーニングカーボンピーリングQスイッチレーザーを用いた新しい肝斑治療法
  • トラネキサム酸(内服薬)の抗プラスミン作用で、メラノサイト活性因子の産生抑制を通じてメラニン産生を抑制
  • ハイドロキノン(塗り薬)でメラニン産生を抑制
  • ケミカルピーリング イオン導入
  • プラセンタ療法
  • IPL(光治療器)を用いてメラニンの排せつを促進させる。
  • アファームマルチプレックスで肌を入れ替える

お勧めの治療法

肝斑を集中治療(肝斑改善集中プラン)肝斑改善集中プラン Melasma Special care
<気になる肝斑を徹底治療>

治療困難と言われる「肝斑」には集中的に治療を行う事が重要です。ソララクリニックでは肝斑に最適な治療プランを用意しました。この機会に今まで難関だった肝斑を改善させましょう。

肝斑改善集中プラン