アファームマルチプレックスで肌を入れ替え、たるみを改善

2009年2月5日

投稿者:

2015年8月12日更新

アファームマルチプレックスは、肌のトータルアンチエイジングとして、最も注目されているレーザーです。

このレーザーの特徴は2種類のレーザーを連続照射することにあります。

1、肌の入れ替えを行うレーザー

フラクショナルレーザーとは、肌をドット上に入れ替えを行っていきます。アファームマルチプレックスは 2種類のレーザーで肌を入れ替えていきますが、1cm2辺り1000~1200程のドットを形成し 高密度の入れ替えを行いつつ ミニマムダウンタイムを達成した機器です。

具体的にどうなっていくかというと

アファーム照射前のシミ

 

アファームマルチプレックスを照射する前の、シミ、傷跡を単純化した図です。
アファーム照射直後

 

アファームマルチプレックスを照射します。
アファーム照射後マイクロクラスト 目に見えない古くなった肌が取れてきます。

 

照射された部位の身が新しい肌に置き換わる際に古くなった皮膚がぽろぽろ取れてきます。(マイクロクラストと言います。)
アファーム照射後 新しい肌に置き換わって、シミが薄くなってきます。

 

単純化してますので、それぞれの症状によって必ずしもこのようになるわけではありませんが、シミが薄くなったり、傷跡が小さくなってくる理由は新しい肌と入れ替わることにあります。

2、肌の深層を加熱してコラーゲン産生を促進させる

1種類のレーザーだけで肌の奥まで加熱して肌を入れ替えることも当然可能(フラクセル、アファーム)なのですが、表面の入れ替えを密にしてしまうと深く行おうとすれば、肌表面もダメージが強く出てしまいます。これを起きないようにするために、別のレーザーを使用して表面にダメージを起こさずに真皮層を加熱することができます。

肌の入れ替え密度をクラス最高に維持しつつ、肌の奥まで加熱するかなり凝った作りのレーザーなのです。

詳細ページはこちらです。アファームマルチプレックス