新しいたるみ治療器を色々と試しています。

2014年9月16日

投稿者:

aegisyag ultrasound最近 数種類の新しいタルミ治療器をトライアル中です。

どのような機器を検討しているかというと 超音波を収束させ、筋膜に凝固点を作り 筋層からタルミを引き上げる という機器です。筋層からタルミを引き上げることで、より強力なリフトアップ効果が期待できます。この技術は、

高密度焦点式超音波(HIFU)と呼ばれ ガンの治療などに使用されています。この特徴として 超音波が収束した点のみを加熱することが出来 その周囲には影響を及ぼさないという特徴があります。体の奥の癌を周囲を傷つけず超音波で焼いてしまう事ができます。この技術がエイジングケアに応用されてきました。

最近は HIFUの技術を使用した美容機器も 新しく数種類出てきましたので、そろそろ導入を検討するに至りました。

筋膜に凝固点を作りリフトアップさせる

HIFUによるタルミ治療器は、超音波を収束させることで 頂点のみに凝固点が作られます。周囲に熱量が伝搬しないため、ドット状に凝固点を並べて引き締めていくことが出来ます。逆に言えば、その点だけに作用するため、その他の部位には 影響を与えません。この点が レーザーや赤外線・高周波を使用したタルミ治療器と大きく異なる点です。より深い筋膜を治療することで、リフトアップにつなげます。

エンディメッドPROの効果を更に高めてくれます。

これらの機器を導入検討する最大の理由は、当院のたるみ治療の主力 エンディメッドPROの効果を更に高めることができ 相乗効果が十分に期待できる。という点です。

エンディメッドPROとの相乗効果

エンディメッドPROは、皮膚深層を多層的に加熱することで、コラーゲン造成を促進させ 強力なリフトアップ効果と引き締め効果が期待でき、且つ 持続力の長さが大きな特徴です。筋膜の治療を加えてくることで、その効果はより盤石となります。超音波を収束させて凝固点を作る場合には、収束点以外に影響を与えないため、エンディメッドPROの効果を更に高めてくれます。

それなりに課題があります。

当院のエンディメッドPROによるたるみ治療を受けていらっしゃる方々であれば 理解していただける点だと思いますが、エンディメッドは 強力なリフトアップ・引き締め効果が顕著でありつつも、痛くない・持続力も高い と言うことが大きな魅力となっています。

しかしながら、HIFUによるタルミ治療は、それなりの痛みを伴うものです。エンディメッドPROのように多くの方に支持されるものとするためには、痛みの軽減と、効果の高さとのバランスが重要です。

効果を高め 痛みを軽減

照射の出力をある程度軽減しつつ ショット数を出来るだけ多くすることで、バランスが取れそうです。しかしながら、このような照射をすれば、治療コストに大きく跳ね返ってきます。

しかし、最近の機器は治療コストが軽減されてきています。これは大きな改善です。単純に言えば 同程度の効果が出せるとして 「5倍以上のコスト差は、単純に5倍の照射を可能とします。」(そんなに照射することはないでしょうが・・・・)。HIFUの技術は従来からあるものですので、技術的な差はあまり無い点も良い所です。

まとめ

新たなタルミ治療器を導入するかどうかについて、院内で(私的に)大きな議論となっています。それだけエンディメッドPROの効果は大変大きく、満足度が高いためです。リピート率の高さがそれを物語っています。

エンディメッドPROで全体の引き締めを強力に行い、HIFUで筋層からリフトアップさせる。 更に痛み等の不快な点を出来る限り抑えこむ。十分な検証を行いつつ 更に満足度の高いものとできれば 今まで以上の効果を提供できることでしょう。

当院では どのような治療法でも様々な手法を用いて 痛み・ダウンタイムの軽減に努めてきました。今回もより満足度の高い施術となるよう 準備していきたいと思います。