ルビーフラクショナルで肝斑治療

2016年4月23日

カテゴリ:

投稿者:

ルビーフラクショナルは、今までの光治療(フォトフェイシャル)並の気楽さながらも 所謂シミとりレーザー並の治療効果を得ることが可能な シミ治療です。

更に 光治療のように シミが反応して起きるカサブタも殆ど起きませんので、日常生活への影響も最小限度です。

治療直後からメイクをすることが可能です。

シビアな肝斑の場合には 肝斑改善集中プランを事前に行ってから 他のシミを取るためにルビーフラクショナルで治療を進めていくことが多いのですが、ルビーフラクショナル自身でも 肝斑の改善は期待できるところではあります。

ルビーフラクショナルによる肝斑治療

PRE 肝斑治療の症例写真です。

右頬の肝斑の写真です。

肝斑の形は 人によってその範囲も異なってくることが多いのですが、 「筆でシュッと書いたような」 と形容されるタイプです。

明らかな肝斑が診られるような場合には 前述の通り 肝斑改善集中プランを まず行なって肝斑をある程度軽減してから 他のシミ改善を進めていくケースが主です。

それでも ルビーフラクショナルでも ある程度改善が期待できます。

POST肝斑治療ルビーフラクショナル3回目

肝斑には、ルビーフラクショナルによる治療のみで行なうことはせず、ヒアルロン酸導入/トラネキサム酸などの内服・外用との併用 ホームケアの見直しを並行して行なうことが重要になります。総合力が鍵になります。

ルビーフラクショナルは シミの治療として 多くの方に受けていただいている治療法となっています。シミの除去だけでなく肌質も改善していきますので、その点でも光治療と同様の気楽さとともに 受けていただける治療法となっています。

上記の症例写真を見ていただければわかりますが、 肝斑の改善とともに 目元周囲のシミも 改善していることがわかると思います。

シミと肝斑を 並行して治療していきたい場合の選択肢の一つとなります。

治療後当日は 赤みが出ますが、翌日には殆ど落ち着いてしまいます。
カサブタなどの変化もほぼありませんので むしろ効果があるのか心配 と言われることがある程です。

人知れず薄くなっていく

ある意味理想的な治療法です。

ルビーフラクショナル

※重度の肝斑や, 必要と判断した場合には 肝斑改善集中プランで先に治療を進めてから ルビーフラクショナルを使用していきます。