フォトナ4D 年末に向けて

2016年11月22日

カテゴリ:

投稿者:

年末に向けて フォトナ4Dを受けられる方がかなり増えてきました。

タルミの引き上げと 肌の若返りを同時に行うことで 従来以上の満足度を得ることができると 評判も高いことが特徴といえます。

内側からのリフトアップを促すスマイルリフトの効果を実感されてから フォトナ4Dへ移行されて来られる方も多く見られます。

最近のトピックとも言える エイジングケアの進化形 フォトナ4Dです。

レーザーフェイスリフト フォトナ4D

フォトナ4D/スマイルリフト4D たるみを強力に引き上げ、更に肌の若返りを同時に

フォトナ4Dは、4種類のレーザーを 粘膜側/皮膚側 裏面と表面 両面から照射し 深層からたるみをリフトアップさせ 肌を新しく若々しくさせていく治療法です。

  • 口周りの細かいシワからほうれい線マリオネットライン
  • 紫外線に伴うシミなど光老化
  • 加齢によって落ちてくる肌の弾力
  • スキントーン・肌の質感の劣化・不均一感
  • 加齢に伴う皮下組織の萎縮

このような様々な老化に伴う変化に、より広範囲に対応することができるのは、4種類の独特なレーザー技術を使用する「フォトナ4D」ならではです。

4種類のレーザーを 裏表から照射

フォトナ4Dは、4種類の異なる特徴を持つレーザーを 多層的に照射することで 深層からのたるみを引き上げ 肌の再構築を促し 新しくしていきます。

Fotona 4D は、4種の最先端のレーザーを使用し、肌を再生させ、たるみを引き締めます。
4種のレーザーがそれぞれどのようなものか簡単にご説明いたします。

スマイルリフトSmooth Liftin

Smooth Liften
粘膜側からのアプローチで、タルミの最深部から強力にリフトアップさせます。表情筋を引き締め 皮下組織~皮膚深層へ熱影響を与えることで 今までにない効果を発揮します。

スマイルリフト

FRAC3若返り

FRAC3
FRAC3(フラック3)は 海外では「若返りレーザー」とも呼ばれています。3次元フラクショナル状にホットアイランドスポットを発生させ、ダウンタイム無く肌の再構築を促し肌の若返りを促します。

FRAC3

PIANOタルミを引き締める

PIANO
皮膚の深層まで到達し加熱することで肌を引き締める。今までにない超ロングパルスレーザーです。サーマクールやウルセラ以上の加熱スピードを誇りながら 安全にたるみを引き上げます。

SupErficial肌をスムーズに

SupErficial
スーパーフィッシャル:肌を薄くピールして新しい皮膚へ入れ替えます。ライトな設定から しっかり入れ替えまで 極めて柔軟に設定できる点もこの特徴です。最近では「ミラーピール」とも呼ばれているようです。

*肌状態に合わせて 各レーザーの設定を調整し照射を行います。

フォトナ4Dの特徴

フォトナ4Dは、現在急速に世界中で行われるようになってきた 最新レーザーフェイスリフトです。

その効果は

  • たるみを深部から引き締め
  • リフトアップさせつつ
  • 肌を新しくしていく

高い総合力を持つプログラムです。

更に

  • 麻酔を必要としません。
  • 皮膚の色に影響を受けません。
  • 季節にかかわらず治療可能

タルミ治療を強化すると 場合によって 静脈麻酔まで必要なこともありますが、そのような時代は もう過ぎました。
麻酔は必要ありません。

さらに幅広い発展性

4Dの最後に スーパーフィシャルで 肌を薄くピールして肌のきめを整え くすみを取り除き 新しく入れ替えていきます。このレーザーの性能が非常に高く 肌を一旦リセットすること 小じわやくすみを取り除くことに 大変良く、 更にミニマムダウンタイムで治療ができてしまう特徴があります。

SuperFicialは、かなり幅広い調整範囲を持っているため、ご希望に合わせた形で照射することができます。

強さの幅は、早期に落ち着く「ライト照射」から 数日皮向けがありますが、文字通り卵肌を目指す 「しっかり入れ替え」 までと ご要望に合わせて調整します。

といっても 1日程度のダウンタイムになる、中間ぐらいをご希望される方が意外と多く その次に しっかり照射を希望される方が続きます。
翌日からは メイクも可能ですから、その点も より強い照射をご希望されることが多くなっている傾向なのかな と思います。

最後に

フォトナ4Dは、非常に強力な たるみ改善効果 肌改善効果が得られるだけでなく 長期の効果持続も期待できるため、 遠方の方など あまり頻繁に当院へ来ることができない場合には 特にお勧めしたい方法の一つといえます。定期的な治療によって コラーゲン密度を高め 高い次元で維持していくことが エイジングケアには重要になってきます。

image2