プロペシア・フィナステリド ・ザガーロ AGA治療薬

毛髪再生治療 薄毛・抜け毛毛髪再生治療 薄毛・抜け毛

プロペシア・フィナステリド ・ザガーロ AGA治療薬

プロペシアジェネリックの取り扱いを開始しました。

AGA治療薬 フィナステリドのジェネリックが 現在多くの製薬会社から出されてきています。
出来るだけ継続しやすい形での AGA治療が提供できそうです。

クラシエ社製フィナステリド製剤[クラシエ] を取り扱いしています。
より効果の高いザガーロ取り扱い中です。

プロペシアジェネリック 「フィナステリド錠」

クラシエ社より正式にプロペシアのジェネリックであるフィナステリド製剤[クラシエ]が発売されました。

成分が同一で安価に治療を継続できるようになりました。

今後のフィナステリド製剤はフィナステリド製剤[クラシエ]を処方しますが、プロペシアをご希望される方にはお取り寄せできますので、お問い合わせください。

フィナステリド製剤[クラシエ] 1ヶ月分 4,500

プロペシア(フィナステリド)は 98%の方のAGA進行を抑制しています。

プロペシアを内服されたAGA(男性型脱毛症)の方の実に98%にAGAの進行がなかったことが、3年間に及ぶプロペシアの国内長期投与調査で認められました。

飲む育毛剤「プロペシア(一般名:フィナステリド)」 男性型脱毛症の治療薬として有効性と安全性が認められたはじめての医療用医薬品です。米国医薬品メーカー、メルク社が開発した世界初の飲む育毛剤です。

FDA(米食品医薬品局)認可の処方箋薬で1998年1月21日より処方が開始されました。AGAの治療方法として世界で唯一、医学的な効果が証明されている成分が「フィナステリド」です。その「フィナステリド」を錠剤にしたのが万有製薬 の「プロペ シア」というAGA治療薬です。

「プロペシア」のおかげでAGA治療が手軽にできるようになりました。

当院では、プロペシア処方から再生医療である HARG療法、女性の薄毛についてまで総合的な毛髪医療をおこなっています。

プロペシア 1ヶ月分 9,800

フィナステリドでAGAを治療しましょう。

フィナステリドは 抗アンドロゲン薬の一種です。元々は 前立腺肥大や,前立腺がんに対しての治療薬として使われてきました。その際に 毛髪が濃くなってきたという「副作用」が知られることとなり、現在のように 男性型脱毛症の治療薬として 使われるようになってきたのです。

FDA(米食品医薬品局)認可の処方箋薬で 1998年1月21日より処方が開始されました。AGAの治療方法として世界で唯一、医学的な効果が証明されている成分が「フィナステリド」です。現在では世界60カ国以上で使用されるようになりました。日本では万有製薬が 2005年より「「プロペシア」を発売しています。

AGAとは?

AGAとは AndroGenetic Alopecia:男性型脱毛症の事です。

男性に特有の形で 薄毛/抜け毛が進行してしまう状態を呼びます。AGA(男性型脱毛症)では ヘアサイクル(毛周期)が速くなるため、十分に成長できずに抜けてしまう状態になります。

ヘアサイクルが早くなる

通常 2~5年ほどかけて 毛髪は成長していきますが、数カ月~1年ほどの期間で生え変わりが起きてしまいます。

十分に成長できないわけですから、始めは太かった毛髪も 抜けていく毎に 成長期間が短くなるため 細くしか成長できません。最終的には産毛ぐらいになってしまいます。

原因はDHT(ジヒドロテストステロン)

毛周期が加速する原因の多くは 男性ホルモン。

男性ホルモンが変化して DHT/ジヒドロテストステロン になると ヘアサイクルを早め AGAを進行させます。

男性ホルモンは 5-αリダクターゼ という還元酵素でDHTに変化されます。

フィナステリドは 5-αリダクターゼを抑制し 男性ホルモンが DHTへ変化することにブレーキをかけます。

5-αリダクターゼは2種類ある。

5-αリダクターゼは 2種類あります。

  • 皮脂腺に分布する Ⅰ型5-αリダクターゼ
  • 毛乳頭に分布する Ⅱ型5-αリダクターゼ

抜け毛薄毛の原因となるのは Ⅱ型が強いと言われています。

フィナステリドは Ⅱ型5-αリダクターゼを抑制します。

どのくらいで効果が見られる?

プロペシアを内服されたAGA(男性型脱毛症)の方の実に98%にAGAの進行がなかったことが、3年間に及ぶプロペシアの国内長期投与調査で認められました。

フィナステリドの内服は 薄毛の進行を抑制することが主目的です。

効果が実感されるようになるまでの期間は 最低でも 半年は必要です。

実際の統計から見られるように 想定している期間は 1年以上は様子を見たほうが良いようです。

3年間の内服治療によって 実に98%の方に AGAの進行を抑制したデータが有ります。

AGA治療にとって 半年での判断は 実に短い期間なのです。

更に効果の高い「デュタステリド」AGA治療薬 ザガーロ

zagallo_top

Ⅰ型・Ⅱ型5-αリダクターゼの両方を抑制することができる薬剤があります。

フィナステリドよりも 強力にAGA進行を抑制することができる デュタステリド「ザガーロ」。

Ⅱ型が特に毛乳頭でのDHTを増加させるわけですが、Ⅰ型も(少ないながらも)作用しているようです。

そのため、Ⅰ・Ⅱ型双方を抑制するデュタステリドでは フィナステリドで効果が不十分/無かった方でも 効果が見られる可能性がある事や

約1.6倍の効果が得られたとの報告があるなど、 今まで以上の効果が期待できます。

問題点は 薬剤の値段です。フィナステリドのジェネリックが増えてきましたので、ザガーロとの価格差は大変大きくなっていきます。

この辺が 障壁となるでしょうか。

より効果を求める場合に デュタステリド「ザガーロ」を選択し 予防的に内服する場合にフィナステリド(ジェネリック) というように使い分けることもできるでしょう。

ザガーロ/デュタステリド 1ヶ月分 10,000