ハミルトンノーウッド分類で薄毛の進行度合いを見ましょう

毛髪再生治療 薄毛・抜け毛毛髪再生治療 薄毛・抜け毛

ハミルトンノーウッド分類で薄毛の進行度合いを見ましょう

ハミルトンノーウッド分類

薄毛の進行度合いを計測する際に有名な図式が ハミルトン・ノーウッド分類です。医師のジョージ・ハミルトンは、「ハミルトンの実験」をおこなったことでも有名です。

norwood_scale

ハミルトンノーウッド分類の説明

薄毛の進行度合いと、治療に対する反応・効果は、必ずしも相関しません。
この点は、薄毛の治療を難しくしている一因となっています。しかしながら、出来る限り早い段階で 薄毛の治療を始めたほうが、回復にかかる労力・費用は軽減できるということはできます。

分類 説明
1型 ヘアラインの後退が軽度の状態
2型 M字状に後退が見られてくる (ヘアラインから2cm)
前頭部から後退が見られてくると2a型
3型 ヘアラインの後退が2cmを超えた状態
3veltex型 頭頂部が薄くなってくるタイプ
4型 前頭部・頭頂部で薄毛が進行(密度の低下)が見られるが、左右側頭部とつながる毛髪は残存している状態。前頭部・頭頂部で、薄毛の進行は、独立している
5型 前頭部・頭頂部で薄毛が進行しているが、境界は残存している。しかし境界(ブリッジ)の密度も低下してきている
6型 前頭部と頭頂部を分ける境界がなくなり 一体化している
7型 側頭部・後頭部のみに毛髪が残っている状態